ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載

【第二章「アンリ・ベルティーニ」5(最終回)~内なる熱狂】
掲載日:2013年1月29日

今日はマルモンテル『著名なピアニストたち』の第二章、「アンリ・ベルティーニ」の最終回。湧き上がる情熱と霊感を持ちながらも、神経過敏な性格から華々しいヴィルトゥオーゾの世界から距離をおいたベルティーニ。それゆえか、国家から勲章を受けることなく生涯を終えます。マルモンテルが賞賛するベルティーニへの正当な評価は、これから検証していく必要があります。

晩年、ベルティーニは好んでグルノーブルのグランド=シャルトルーズ修道院1を訪れた。彼はそこで宗教的感情から霊感を得た調べを即興し、神の慈悲を信じる心の祈りをささげた。この長い瞑想は78歳になるまで続いたが、その平穏と平静が打ち消されることはなかった。

私は人生の盛りにあるベルティーニに会ったことがある。美しく高貴な顔立ちで、思索家らしいエネルギッシュな横顔、大きくて禿げあがった額、深く瞑想的な眼差し。濃い口髭、房のようになった顎鬚は、彼の気概に似つかわしい決然たる性格をあの男性的な人相に与えていた。ベルティーニは慎ましく端正な外見を纏いながらも、その下に実際、芸術や政治が話題に上ると心の内奥に湧き出ずる熱狂的本質を隠しているのだった。実直だが神経質な体質のベルティーニは、著名な芸術家、ヴィトゥオーゾ、作曲家たちの才能に敬意を表してはいが、拍手喝采の喧騒が彼にはどうにも耐え難かった。そんなとき、彼は演奏会場から出て行ってしまうのだった。こうした奇妙な行動は神経過敏からくるのであって、狭量な嫉妬が原因ではなかったということを、私は何度も確認した。ほぼ同じころ、我々は目の当たりにしなかっただろうか?成功を収めていたライバルのタールベルクに対してリストが殆ど寛容ならざる評価を下していたのを。これは惜しむべき弱点であるが、しかし偉大な芸術家には共通の想像しうる現象だ。過度に高ぶった自尊心は、彼らの感性を病的で苛立ちやすいものにしてしまう。

ベルティーニは、芸術の歴史に栄誉ある名を残している。彼の重要な作品は筆者以前の世代2 の独特な記念碑として残り続けるだろう。現代の作曲家たちは別の仕方で作曲しているが、彼ほどは優れていない。先生にせよ生徒にせよ、我々はこの偉大な音楽家の優越性には頭を垂れなければなるまい。

ベルティーニは78歳でこの世を去ったが、何も勲章を受けることがなかった3 。それは理解し難い神秘であり、おそらくこの謎に答えを求めるべきではないのだろう。たが、この種の好意が惜しげもなく振りまかれる時代を我々が生きていることを考えれば、それは悲しい事実といえる4 。更に述べ添えておこう。才能に対する正当な報いによってこの著名なピアニストの心が励まされることはなかったにせよ、ベルティーニはあの世で美しく勤勉な生涯を有意義に全うしたという確信を得ることになるだろう。ゆえにこの芸術家に祝福を捧げ、墓石のほとりで善き意志を持つこの人物に最後の別れを告げよう。



注釈
1 グランド=シャルトルーズ修道院:フランス南東部イゼール県、人里離れた山奥にある修道院。縁起は11世紀に遡る。19、20世紀に閉鎖と保護が繰り返されたが、1941年以降、政府の正式な承認を得てカルトジオ会の修道僧たちが修行を営んでいる。Youtubeに紹介動画あり。
Youtubeで検索:Grande Chartreuse Monastery

2マルモンテルは1816年生まれなので、それ以前の世代の音楽家を指す。ベルティーニは1798年生まれ。

3フランス政府が政治、軍隊、文化功労者等に対して与える栄誉勲章レジオン・ドヌール勲章のことを指す。マルモンテル自身は教育的功績が認められ62年に受賞していた。

4 勲章授与の基準が甘くなった傾向への皮肉とベルティーニがその音楽的・教育的業績にもかかわらず受勲しなかったことへの疑問を呈している。

次回は原書の順番に沿って、「第三章 ステファン・ヘラー
」の翻訳を始めます。ドイツ音楽とフランス音楽を融合したロマン主義の才士の物語を、どうぞお楽しみに。


グランド=シャルトルーズ修道院の入口(Wikipediaより転載)

(文・訳・注釈:上田)
 次の記事へ
【第三章「ステファン・ヘラー」1~プロローグ、ヘラーの誕生】
掲載日:
 前の記事へ
【クイズの答え】2013/01/28
掲載日: