ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載

W. A. モーツァルト《4手のピアノ・ソナタ》
掲載日:2013年1月18日

W. A. モーツァルト《4手のピアノ・ソナタ》ニ長調 K.381

 最近の研究では1773〜74年の作曲とされているモーツァルト2作目の連弾ソナタ。ヨハン・クリスティア・バッハクレメンティが1台4手のための作品を書くのは数年後のことであり、前作のK.19dや、同時期に作られたK.358と共にこのジャンルの先駆的作品といえる。
 全体として平明な楽想を持ち、技術的に容易ではあるが、トゥッティとソロを思わせるコントラストや、声部の重ね方に多様性が見られたりするなど、管弦楽的な色彩も出るように書かれている。(林川)

YouTubeで検索:K 381 Mozart
 次の記事へ
【楽曲解説】 No.2
掲載日:
 前の記事へ
【第二章「アンリ・ベルティーニ」2〜伝統と前衛の狭間で】
掲載日: