ホーム コンクール ステップ セミナー コンサート 指導力アップ ピアノ教室紹介 ピアノ曲事典 読み物・連載

【「ショパン」最終回:風に舞う霊感】
掲載日:2013年1月10日

今日ご紹介するのはマルモンテル『著名なピアニストたち』の第一章、「F. ショパン」を締めくくる最後の2段落です。後半の段落は少しわかりにくいので解説を加えます。

マルモンテルにとって、霊感は着想の発見をもたらす一種の天賦の才能です。マルモンテルは他の著書で、これが個々の音楽家に先験的に備わっている属性だと考えます。一方で、未だ形のない、ぼんやりとした着想に現実的な「かたち」を与えるのが音符を書き留め、形式を整える作曲という段階です。「着想、霊感に[・・・]外観を与えて磨き上げる」とは、まさにこの作曲という行為をさしています。これは訓練によって鍛えられる後天的な属性です。これを踏まえると、つまりはこういうことです。「ショパンの着想は高揚したり沈滞したり不安定だが、それでも最良の着想と卓抜な作曲の才能が相まって、ショパンの天才は発揮される」。

芸術家の仲間内で、筆者はしばしば室内楽作曲家としてのショパンの作品分類についてのデリケートな問題を討議した。彼の様式の重要性と現実的な影響については全く異論の余地はない。だが、このヴィルトゥオーゾに対する賞賛という点で一致している我々も、彼の作品の音楽的な価値となると立場がものの見事に分かれる。多くの芸術家には表現豊かで独創的な作曲家。幾人もの芸術家の間では優雅で優美、「魅惑の」作曲家、貧しい精神の持ち主にはエキセントリックで不可解な作曲家。ショパンは真面目な意味で、我らの時代が生んだもっとも議論を呼ぶ作曲家であり続けるだろう。

私はショパンを、最初のひと羽ばたきで無上の高みへと自らを運んでしまうように力強く飛翔する鷲と比較したくはない。彼にはそのような勇猛果敢なところもなければ無鉄砲なところもなかった。ショパンの霊感は時に舞い上がるが、結局は再び地に墜ちて砕け散る。彼の霊感はむらなく、自由で何者にも囚われることなく飛翔することはない。この飛翔だけが、醇乎たる境地での飛翔を支えるのだが。しかし天才とは、芸術の領域で未知の諸形式を発見することにのみその本質があるのではない。天才の本質は、この貴金属、凡人には見つけることのできない鉱物、すなわち着想・霊感に、ごつごつした、あるいは澄み切った外観を与えて磨き上げることにもあるのだ。

まさにこの意味で、ショパンは天才的な作曲家であり、短い詩節で語る詩人であり、小さな幅で絵を描く偉大な画家なのである。


訳・文:上田泰史
 次の記事へ
【神童、学習時代:「第二章 アンリ・ベルティーニ」1】
掲載日:
 前の記事へ
【ウィーンの街角より】1. ワルツで迎えるニューイヤー
掲載日: