ピティナ・ピアノ教室紹介 利用者の声


掲載日分類お名前年齢ピアノ歴お住まい
2014/09/26教室の変更C.Mさん8歳4年愛知県

ピティナ・ピアノ教室紹介サービスをご利用頂いたのは、大手音楽教室のグループレッスンから個人レッスンへのご変更がきっかけでしたね。

(お母様)
そうです。娘の人見知りをなおすため、3歳くらいからリトミック教室に入れていました。でも年中さんくらいになって、段々慣れてくると、進度がゆっくりな内容に対して私も娘も少し物足りなさを感じるようになってきて、個人レッスンの教室へ変更しようと考えました。

個人レッスンに変更して良かったことは何かありましたか?

(お母様)
やはり進度を個人に合わせてもらえるのが良いと思います。当時、電子ピアノからアップライトピアノに替えまして、娘も楽しそうにピアノに接するようになっていたので、これからますます楽しく弾いてくれたら良いな、と思っていました。先生は本当に素晴らしくて、できないことに対してはもちろんご指導くださいますが、怒らずにできたことをすごく褒めてくれます。また、雑談を交えて学校の様子もお話しする場面があったり、すごく楽しい雰囲気でレッスンを進めてくださっています。

ピティナ・ピアノ教室紹介は何でお知りになりましたか?

(お母様)
当時はピティナのことは全く知らなくて、インターネットで「岡崎市 ピアノ教室」で検索して一番上に出てきたのが、ピティナのWEBサイトでした。他の紹介WEBサイトさんも拝見してみたのですが、登録されている先生の数が少なく、住んでいるところから近い先生が見当たりませんでした。一方、ピティナのサイトで検索しましたら、登録されている先生の数も多く、近い先生が見つかりそうでしたので、リストで気になった先生にそのまま申込みしてみました。

ありがとうございます。その際、どのような基準で先生を選ばれたのでしょう?

(お母様)
リストの上の方にあった先生が車で10分くらいの距離だったので、まずは、と申し込んでみました。今もその先生にお世話になっており、ピティナのコンペティションにも参加しています。でも当時は、コンクールに参加したいという希望は特に持っていなかったんです。

そうでしたか。その後、A2級から毎年コンペティションにご参加くださっていますのは、先生からのお声がけだったということですか?

(お母様)
そうなんです。舞台には出たことがなかったので、最初にお話を頂いた時は、私も娘も嬉しかったですね。1年目のA2級のコンペでは、もう、全てが新鮮で、とても楽しかったと記憶しています。

それは良かったです。2年目のA1級からはいかがですか?

(お母様)
コンペがどういうものかが分かってきて、級も1つ上がって曲が難しくなって、少し練習が大変になりました。曲を仕上げる、という、ひとつの曲を繰り返し弾き続けるようなことは今まで経験がなかったので、正直なところ、娘は途中で飽きてしまったりもしていました。でもA2級では本選に出ることができていたので、「頑張れば賞が貰える!」という目標を持って、乗り越えていくことができました。

強い心を持っていらっしゃいますね。そして念願叶って、2014年度はA1級で全国決勝大会まで進まれましたね。

(お母様)
そうなんですけれど、でも、大変だったんです。実は、娘が初めて練習がいやだと言いました。全国決勝大会に向けては、夏休み中でもしっかり練習しなければいけなかったからです。ですので、遊びたい気持ちと、しなくてはならない練習とで、バランスを考える必要がありました。

■そうですよね、練習と遊びのバランスは、皆さんが共通して抱える悩みです。そんな時に、どのようにメリハリをつけられましたか?

(お母様)
家の中で練習ばかりしていると段々暗くなってきてしまいますから、家族で遠くへ出かけたりしました。出かけた時は、もう完全に気持ちを切り替えて、ピアノのことは忘れて楽しむようにしました。すると、帰ってきてからは、出かける前よりも伸び伸びとした良い演奏になっているように聴こえました。

■緩急をつける方が、身が入ることを体験されたのですね。それでは最後に、「ピアノを習ったことで得られたこと」がありましたら教えてください。

(お母様)
もともと大人しくて人見知りする娘に、「負けん気」と言えるものが生まれたのが、とても良かったと思っています。それが、勉強や他のことにも活かされてゆくと良いな、と思っています。今年のコンペティションに対しても、決勝大会まで進みはしたのですが、それでも娘の中で満足いく結果を出すことができなかったことに対してとても悔しがっていて、そんな姿に、とても成長を感じました。最近、アップライトからグランドピアノに替えたこともありますし、今後しばらくはコンクールなどに取り組んでいくことが続きそうです。