2.指導者賞とは

優秀な指導者がいるからこそ優れた生徒が育ちます。ピティナでは、コンペティションまたはピアノステップで優秀な成績をおさめられた指導者、また指導者として自己研鑽に励んでいる指導者を表彰しています。

ピティナ指導者賞の授与規定は、年度ごとに見直しされます。下記は2017年度の規定になります。毎年の授与規定は、その年度7月以降に発表されます。
<指導者賞受賞既定>

以下の(1)および(2)の条件を満たす指導者に対し、その年の業績を称え、指導者賞を授与するものとする。上記基準を同年度内において重複して該当している場合でも、指導者賞は1回とする。

(1) 
第41回ピティナ・ピアノコンペティションにおいて、次の条件にて、優秀な成績を収めた参加者の指導者
(ア)
地区本選(第二次予選)に8名以上の生徒が参加していること
(イ)
地区本選(第二次予選)に6名以上の生徒が参加し、かつ、そのうち2名以上が本選優秀賞以上を受賞していること
(ウ)
3名以上の生徒が本選優秀賞以上を受賞していること
(エ)
ソロ部門G級、Jr.G級、特級で2名以上の生徒が全国決勝大会または特級セミファイナルに参加していること

※「本選優秀賞以上」とは「決勝進出(本選第〇位)」および「本選優秀賞」を指す。

G級・特級については、第一次予選奨励賞を地区本選参加、第ニ次予選奨励賞を全国決勝大会参加扱いとする。
A2級入賞者記念コンサートは全国決勝大会参加扱いとする。
デュオ部門2台ピアノ各級、コンチェルト部門の全国決勝大会は地区本選参加扱いとする。
デュオ部門およびグランミューズ部門Dカテゴリーは1ペアで1名分とする。ただし、同一ペアで異なる部門に参加した場合はそれぞれ1名分とする。
同一人物が同一級・カテゴリーで複数の地区本選に参加した場合は1名分とみなす。
以下の部門間の併願はいずれも1名分とみなす。
ソロ部門、グランミューズ部門(A・B・Y・Jカテゴリー)、コンチェルト部門
指導者賞の対象は個人のみで、音楽教室など団体は受賞の対象にはならない。
参加申込時に指定された期間内に所定の登録手続きが完了している指導者のみが授与対象となる。
※お知らせ※

2017年度より、この、(1)の授与規定が大きく改訂されました。
▸ 改訂についてのお知らせ記事

(2) 
当該年度の指導者ポイントが170ポイントに達した指導者。

指導者ポイントは、年度ごとに算出されます。ポイントは毎年4月1日に0ポイントからスタートします。
指導者ポイントは、生徒がピティナのステージ(ステップ、コンペティション予選、演奏検定、指導者検定実技など)に参加した場合のほか、指導者自身が当該年度のピティナのステージに参加された場合、また論文・研究レポートの提出、セミナーのレポート提出によっても指導者ポイントが加算されます。

◆指導者ポイントの計算基準(当該年度に指導者ポイントが170ポイントに達した指導者)
加算ポイントの上限 対象 ポイント数
生徒のステージポイント
(20ポイント/生徒1人を上限)
ピティナ・ピアノコンペティション予選参加 ※1 1ポイントの累計
ピティナ・ピアノステップ参加 ※1 1ポイントの累計
提携コンクール参加 ※4 1ポイントの累計
指導者自身の活動
(40ポイントを上限)
ピティナ・ピアノコンペティション予選参加 1ポイント/回
ピティナ・ピアノステップ参加 1ポイント/回
ピティナ・提携コンクール参加 1ポイント/回
指導者ライセンス指導実技参加 1ポイント/回
指導者ライセンス筆記試験参加 1ポイント/回
ingプログラム Teaching参加 1ポイント/回
ingプログラム Writing参加 1ポイント/回
セミナーレポート提出 ※2 1ポイント/1セミナー
eラーニングでのレポート提出 ※3 1ポイント/1動画
レッスン見学 1ポイント/回
新曲課題曲 実演審査で採用 3ポイント
※1
自身が出演する際は、自身を指導者登録できないものとする。
但し、ご生徒様とのペアでデュオ出演される場合を除く。
※2
指導セミナー、徹底研究、本部主催の課題曲説明会などは1ポイント/部とする。
但し、セミナーレポートの提出がない場合は、カウントしない。
(例:課題曲説明会ソロ部門:4部制 4部すべてに参加し、レポートも提出すれば4ポイント)
※3
同一の動画に対して、複数のレポートを提出しても1ポイントのみのカウントとする。かつ、同一年度内のポイント上限は5ポイントまでとする。ただし、当該年度の音楽総合力UPワークショップについては5ポイント上限の別枠としてカウントする。
※4
登録できる指導者が2名いた場合でも、ポイントの付与は1人目のみとする。
当該年度中にピティナ・ピアノコンペティション地区予選(地区本選は該当しない)、ピティナ・ピアノステップ、ピティナ・ピアノ演奏検定、日本モーツァルト音楽コンクール予選およびピティナ指導者検定実技のいずれに参加した生徒の指導者のポイントとして加算される。
デュオを参加させた場合は、1組を1人とみなし、1ポイントが指導者に加算される。
同じ参加者が同じ地区で2回以上参加した場合、指導者に加算されるポイントは1とする。
ソロ参加者が同じ地区でデュオで参加した場合、ソロ参加者とデュオのペアは別参加者とみなし、その指導者には2ポイントが加算される。
異なるペアは異なる参加者とみなされ、それぞれがポイントの加算対象となる。
当日、欠席した場合はポイント対象外とする。
申込書に指導者の記入がある場合のみ対象となる。
いずれも、当該年度中への参加、提出が対象となる。
▲ページTOP
ホーム > ピアノ教室紹介 > 指導者賞 > 2.指導者賞とは