こんなステージ発見しました!Vol.30

文字サイズ: |
2018/02/14
こんなステージ発見しました! ~ピティナ会報 ステップ参加者インタビューから Vol.30

2018年に入ってから早くも1ヶ月が過ぎ去りました。今年は北陸を中心に大雪に見舞われる地域が多いですね。まだまだ寒い日が続きそうですので、雪かきで風邪をひかないよう、充分ご注意ください!
今回は、お姉さんとそのお友達が発表会で弾いたぐるぐる連弾に憧れて、ステップでぐるぐる連弾チームを結成した女の子のステージをご紹介します。


上田 楽々さん&上田 仁美先生(指導会員)
◆2017年4月23日(日) 東広島(2)地区
仲良しのお姉さんたちと、ぐるぐる連弾で「剣の舞」

昨秋、教室の発表会で姉の伽音さんとそのお友達5人による「剣の舞」ぐるぐる連弾を見た上田楽々さん。練習も本番も楽しそうな様子を見て「自分もやりたい!」と思い、今回のステップでぐるぐる連弾チームを再結成しました。

もともと連弾の楽譜だったものを編曲したのはお母さんの上田仁美先生(指導会員)。生徒6人それぞれの個性を活かしたパート分けになるよう、工夫をこらした編曲です。

当日は楽々さんも中学生の伽音さんたちと制服で衣装をあわせて、気合充分。楽々さんが加わったことで、2回目の発表となる先輩たちもフレッシュな気持ちで本番に臨むことができました。見せ場は、全員で半音階を一斉に下降するフレーズです。頼れるお姉さんたちに囲まれて、楽々さんも自信を持って自分のパートを弾き切りました。

「生徒たち皆、それぞれが良い演奏をしたい、という気持ちが強かったです。本当に良いステージを経験できたと思います」と上田先生もステージを振り返りました。楽々さんは、「ぐるぐる連弾は本当に面白かったので、また会場の皆さんに『わっ』っと言ってもらえるような曲を弾いてみたいです」と、次の参加に意欲を燃やしています。


ピティナ会報は会員の皆様に季節ごとにお届けしております。
正会員、指導会員はもちろんのこと、支持会員、学生会員としてご入会いただいた場合でも、ご本人またはご家族(二親等以内)が参加する場合には会員割引(一般料金の2000円引き)が適用されます。

【GoogleAdsense】