1.ピティナ・ピアノステップとは

ピティナ・ピアノステップとは
いつでも参加でき、アドバイスがもらえる、公開のステージです。

あなたのピアノライフを充実させ、応援するために、より多くの舞台をご用意したい―。ピティナ・ピアノステップは全国で年間を通して550地区で開催されています(2015実績)。課題曲をじっくりこなして無理なくステップアップしたいあなた、フリーステップで個性をいかんなく発揮したいあなたに、2名~3名のアドバイザーが、手書きの講評(ステップメッセージ)でアドバイス。人前でステージに立つ、という何物にも代えがたい経験が、待っています。

⇒郵送希望の方はこちら

ステップに申し込む
フリーステップ 3分、5分、7分、10分、12分、15分の6コースが設定されています。曲の難易度による区分や指定の課題曲はなく、時間内ならばソロでもアンサンブルでも自作曲でも参加可能。(ただし、出入り、コメント読み上げの時間を含む1分弱の余裕を持ってお申込ください)自分なりのステージ演出をお楽しみください。
23ステップ 「教則本・練習曲」とクラシック、ポピュラーの「レパートリー」からなる3000曲以上もの課題曲が、その難易度により<導入1>から<展開3>まで全23段階にレベル設定されています。課題曲から1曲と、自由曲を1曲選んで演奏します。ソナタ・ソナチネの楽章抜粋、組曲からの抜粋は1曲とカウントします。
曲を選ぶ
楽しくピアノが続く
23ステップの評価

1曲ごとにS・A・B・C・Dの5段階の評価がいただけます。全アドバイザーからC以上の評価を受けると、合格です。Dの評価が付いた場合は、もう一度「チャレンジ」しましょう。2曲とも合格であれば、そのステップが合格となり、合格証書が発行されます。

フリーステップの評価

全曲を通して、「Bravo(ブラボー)」「Great(グレート)」、「Fine(ファイン)」「Almost(オールモスト)」の4種類の印象評価がいただけます。正確さや曲の難易度よりも、演奏がどれだけ感動的であったか、印象深かったかを判定していますので、合否判定はありません。

7つの特徴
継続

楽しく続けるきっかけに!
23ステップ、フリーステップを使って、個人個人に適切な目標を設定し、自分のペースで継続することができます。5回、10回...と継続してピティナのステージ(コンペティション・演奏検定・指導者検定第1過程実技を含む)に参加された方に「継続表彰」が贈られます。

向上

ステップアップのステージ!
厳選された約3000曲の課題曲がレベル分けされた23段階のステップを1つ1つたどり、時にはフリーステップをも交えながら、着実にステップアップが図れます。

個性

自由な演出で個性をアピール!
ピアノ学習者の多様化するニーズに対応するために、課題曲や参加形態、評価スタイルの自由度を広げました。

公開

人前で演奏する楽しみを!
たくさんの拍手を浴びながら、人前で演奏する楽しみが膨らんでいきます。同じピアノ仲間の演奏が聴けるのも楽しみのひとつです。

客観性

たくさんの角度から演奏評価!
指導経験豊かなアドバイザーの先生から1人1人に手書きのメッセージをもらえます。普段の先生とは異なる立場からのアドバイスは、ピアノ学習の大きな指針、励みになるでしょう。

交流

ピアノ愛好者の集まる場!
同じレッスン室の仲間だけでなく、地元のピアノ愛好者が集まります。会場の聴衆や出演者から贈られるステップ・コミュニケーション(自由にやり取りできるお手紙)でピアノを通じた交流が広がります。

記録

思い出のステージに!
初めてステップに参加される方全員に、ピティナ・パスポートを発行します。毎回のステージの履歴が、ステージに向けた思い出の数々とともにパスポートに刻まれます。

【GoogleAdsense】
ホーム > ピアノステップ > 概要 > 1.ピティナ・ピアノステップとは