1.概要

ショパン生誕200年の徹底研究は、再び「ショパン」──。
マズルカ、ポロネーズ、ワルツの「舞曲」をテーマに、故郷ポーランドを想うショパンの真髄に迫ります。小林仁先生による徹底解説と、ピティナ・トップ入賞者たちの演奏を、ご期待ください。



日 時:
2010年 5 3 日(月・祝) 10:00開演
会 場:
バリオホール(水道橋/春日駅)
チケット
:全席自由
 通し券:10,000(一般)8,000(ピティナ会員/学生)
 各部券:3,500(一般)3,000(ピティナ会員/学生)

⇒スケジュールはこちら



小林仁先生 講師 : 小林 仁先生
ピアニスト。東京芸術大学卒業後、ミュンヘン国立音楽大学へ留学。ソロ、室内楽の演奏活動をはじめ、作編曲、指揮、講演の分野でも活躍。東京芸術大学名誉教授、日本ショパン協会会長等。作品に「アルブム・ブレッタ」、著書に「ピアノの練習室」その他がある。
⇒詳細プロフィールはこちら



スケジュール

◆ 第1部 10:00~12:00 マズルカ
根津理恵子 【特別出演】(プロフィール)
ヘ長調 (遺作)op.68-3,嬰ハ短調op.30-4,ハ短調 op.56-3
矢野雄太(プロフィール)
マズルカ/イ短調 op.59-1,変イ長調 op.59-2,嬰ヘ短調 op.59-3
◆第2部 13:00~15:00 ポロネーズ
水野貴文 (プロフィール)
ポロネーズ/嬰ハ短調 op.26-1
佐藤嘉春 (プロフィール)
ポロネーズ/嬰ト短調(遺作)
水谷桃子 (プロフィール)
ポロネーズ/変イ長調「英雄」Op.53
◆第3部 15:30~17:00 ワルツ
翁 康介(プロフィール)
ワルツ/ロ短調op.69-2
平間今日志郎(プロフィール)
ワルツ/イ短調op.34-2
小塩 真優 (プロフィール)
ワルツ/変イ長調 Op.42
◆特別企画 17:00~17:30 舞曲デモンストレーション
江崎昌子(ピアノ) (プロフィール)吉本真由美(踊り) (プロフィール)
バレエ『レ・シルフィード』より マズルカOp.33-2、ポロネーズ「軍隊」Op.40-1、ワルツOp.64-2(バレエ&ピアノ)
主催:社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)  企画・協力:演奏研究委員会
後援:日本ショパン協会、ポーランド大使館  
【GoogleAdsense】