田村 響(たむら ひびき)先生
プロフィール

1986年愛知県安城市生まれ。愛知県立明和高校音楽科を卒業後、18歳でザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学に留学、大阪音楽大学大学院音楽研究科修士課程修了。ピティナ・ピアノコンペティション全国大会においてB級銀賞(小2)、C級金賞(小3)、E級金賞(小5)、G級金賞(中2)を受賞。2002年特級グランプリを最年少(15歳)で受賞、エトリンゲン青少年国際ピアノ・コンクールB部門第2位及びハイドン賞、第18回園田高弘賞ピアノ・コンクールにて園田高弘賞第1位を最年少(15歳)で受賞。 2007年10月にパリで開催された世界的なコンクールのひとつであるロン・ティボー国際コンクールにおいて弱冠20歳で第1位に輝き一躍世界に注目されるに至った。合わせて、ショパン、フォーレ、協奏曲、新曲課題の最優秀演奏者に贈られる各賞を受賞。 これまでに国内ではNHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、シティ・フィルハーモニック管弦楽団、山形交響楽団、群馬交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、名古屋フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、大阪交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、関西フィルハーモニー交響楽団、日本センチュリー交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、広島交響楽団、九州交響楽団、札幌交響楽団、国外ではケルン放送交響楽団、カンヌ管弦楽団、トリヤッティ・フィルハーモニー管弦楽団、リベイランプレート交響楽団、カイロ交響楽団、ベトナム国立交響楽団などと共演。その活動は日本全国各地をはじめ、フランス、ドイツ、オーストリア、ポーランド、オランダ、イタリア、ロシア、エジプト、ブラジル、中国、台湾、ベトナムに及んだ。室内楽活動にも力を入れており、これまでにマキシム・ヴェンゲーロフ、アントニオ・メネセス、堀米ゆず子、篠崎史紀、宮田大、三浦文彰などの各氏と共演している。これまでにCDを4枚リリース。 2003年度アリオン賞、2006年第16回出光音楽賞、2008年文化庁長官表彰・国際芸術部門、安城市市民栄誉賞、2009年第10回ホテルオークラ音楽賞、2015年度文化庁芸術祭賞音楽部門新人賞、愛知県芸術文化選奨文化新人賞、2017年度京都市芸術新人賞を受賞。現在京都市立芸術大学専任講師、大阪音楽大学特任講師、名古屋音楽大学客員准教授を務める。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
2019-11-18 広島 理想の音色を奏でるタッチを求めて~音楽のとらえ方とその心構え~ 詳細
受講者の声(セミナーレポートより)
2019年度 コンペ課題曲企画 課題曲公開レッスン 開催:2019-05-12 会場:ピアノサロンDAITO(大阪)

田村先生の響きがとにかく美しく、いつもハーモニーがあってもっとずっと聴いていたかったです。と同時にどうしたらそんなふうに奏でられるのだろうとため息が出ました。アプローチの仕方も、分かりやすくユーモアもあり、娘や生徒、レッスンうけさせて頂きたいと思いましたので、またぜひ企画して頂けたら嬉しいです。ありがとうございました。

2019年度 コンペ課題曲企画 課題曲公開レッスン 開催:2019-05-12 会場:ピアノサロンDAITO(大阪)

・スラー 逆にノンレガートぎみに。耳で聴いてレガートに。フレーズの持っていき方や、切りかえの時の準備や、息のつかい方が先生の動作、言葉、歌でとてもわかりやすかったです。田村先生が弾かれる音がとても美しく音を出す方の意識の高さを感じました。性格な拍感の上でのルバートは音楽の方向性、まとまりを考えて作る。バランス、左右をそろえる。耳の意識。

2019年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2019-04-03 会場:アートサロン 空(奈良)

田村先生の言葉選びがとても素敵で、真似したいなぁと思いました。演奏と伝えて下さる言葉が一致していて、とてもわかりやすく音楽が変わっていくんだなぁと思いました。

2019年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2019-04-03 会場:アートサロン 空(奈良)

先生の感性の豊かさと表現の豊かさに感動しました。特に近現代の曲は、1曲1曲の情景が目に浮かんできました。どのようにしたらそのように表現深く演奏できるのかも具体的な言葉で教えて頂いたり練習方法も教えて下さって大変勉強になりました。

2019年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2019-04-03 会場:アートサロン 空(奈良)

例えてのご説明をして下さったので、素人の私でもとても分かりやすかたです。曲の雰囲気を教えて頂いたので練習している時に雰囲気については聞いて感じて子供に伝える事ができるので子供に伝えて行きたいです。

2019年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2019-04-03 会場:アートサロン 空(奈良)

今回はじめてこのこう座にきたけど、コンペの曲のアドバイスがかんたんにみつからないことだとあらためておもいました。今回アドバイスにでていて自分がひいていた曲を田村先生が教えてくれたようにひいてコンペでくいのないよう練習します。私は拍をとるのが苦手なので拍のとりかたのもゆっていたのでもっかい拍をとる練習します。田村先生のこう座面白く、勉強になったのでまた、こうざやってください。ありがとうございました。

2019年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2019-04-03 会場:アートサロン 空(奈良)

田村先生が教えてくださった「ほねぐみだけ」の練習をしていきたいです。田村先生のピアノの表げんがすごかったです。田村先生のひきかたをまねしようと思います。(リズムとか音ぷの長さ)

2018年度 ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲セミナー 〜より豊かな表現をするために〜 開催:2018-05-21 会場:鎌倉芸術館 集会室(神奈川)

今日はありがとうございました。講座に伺ってよかったです。全曲通しで先生の演奏が聴きたかったです。

2018年度 ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲セミナー 〜より豊かな表現をするために〜 開催:2018-05-21 会場:鎌倉芸術館 集会室(神奈川)

どのフレーズもどんなことでも、まずスラーで弾き、音楽の方向、豊かさを確認してから音の作り方をはじめていくことが印象に残りました。

2018年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2018-03-09 会場:大東楽器 ミューズデュオサロン(大阪)

今回はじめて田村先生の講座を聞かせて頂きましたが、とてもわかりやすい説明と演奏に大ファンになりました。生徒(子ども)たちが陷りやすいミスの仕方をより鮮明に、対処法なども教えて頂けて、本当に今日来させて頂いてよかった!と思える講座でした。最後にChopinのEtudeを数曲演奏・解説して頂けるのもボーナスステージのようでありがたかったです。又、先生の講座にお伺いしたいと思いました。有難うございました。

2018年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2018-03-09 会場:大東楽器 ミューズデュオサロン(大阪)

田村先生の演奏がとても素晴らしく、もっと聴きたかったです。全曲を弾いてほしいと思いました。良い演奏と良くない演奏の対比が良くわかりました。手首や腕、身体の使い方が参考になりました。テクニックの問題や音作りの意識の仕方が勉強になりました。ショパンのエチュードもやって下さってありがとうございました。

2018年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2018-03-09 会場:大東楽器 ミューズデュオサロン(大阪)

リズムのニュアンスンの違い、拍のもっていき方、右手と左手の音が重なり合うときの音の聴き方、特にリズムをまず身体で感じられれば音楽をつくりやすくなることがわかりました。小さい級から音楽のつくり方も学んでいかなければならないこともよくわかりました。

2017年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2017-04-01 会場:あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)5階ホール(徳島)

音楽的に表現するため、聴かせるための「技」を沢山レクチャーしていただきました。音の響きが常に動いていて美しいので、どんな曲でも心から感動して聴くことができました。

2017年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2017-04-01 会場:あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)5階ホール(徳島)

この会場のピアノはよく知っておりますが、このピアノでよくこんなに綺麗な音が出せるものだと講座ではありますが、気持ちよく聴かせて頂きました。憧れの田村先生の講座を受講することが出来、嬉しかったです。

2017年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2017-04-01 会場:あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)5階ホール(徳島)

初心にかえり、感じたり考えたりすることができ、とても参考になりました。短調の感じ方など音楽の表現に大切なことを沢山学びました。和声和音でよく響きを聴いて表現できるように指導していきたいと思いました。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー