田中 貴子(たなか たかこ)先生
プロフィール

桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業、同大学研究科修了。ピアノを上野久子氏に師事。音楽指導法・室内楽を(故)岡部守弘氏に師事。 2000年より京都フランス音楽アカデミー室内楽クラス、ノワイエ講習会(フランス)受講し、現在に至るまで室内楽・4手連弾・ソロをCh.イヴァルディ氏に師事。93年第17回ピティナピアノコンペティション特級全国大会にて銅賞、ソニー賞受賞。95年第19回ピティナピアノコンペティション特級デュオ(2台ピアノ)部門全国大会にて奨励賞、ソニー賞受賞。04年、第4回かやぶき音楽堂デュオコンクール連弾部門において優勝。95年よりソロ・2台ピアノ・連弾・室内楽において演奏活動を展開。 後進の指導及び、コンクール審査、ステップアドバイザー、講座、勉強会を行う。一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)正会員。ピティナ町田支部・副支部長。多摩フォレストステーション代表。Miyoshi Net運営委員。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
2019-07-17 東京 Miyoshi ピアノ・メソード 指導法講座 2019 in 表参道 第2回(全3回)「「導入期からはじめるポリフォニー」「三善晃作品の和声の色彩」 詳細
2019-07-30 千葉 ステップ説明会 詳細
受講者の声(セミナーレポートより)
Miyoshi ピアノ・メソード 指導法講座 2018 in 表参道 第3回(全3回)   開催:2018-09-12 会場:カワイ表参道コンサートサロンパウゼ(東京)

6巻7巻は全く初めての経験でした。レッスンでは5巻以降は難しいので使っていません。そのため曲を知らなかったのですが、今回の講座で本当に美しい曲がたくさん入っていることを知り、感激しました。何かの折に使ってみたいと思いました。そして、含まれているテクニックが効率的に組み立てられていることがわかり、まずは自分が弾いてみようと思いました。やはり、漠然としたメソードを使っているのではなく、今回のような講座で内容を知ることは大事だと感じました。本当にありがとうございました。

Miyoshi ピアノ・メソード 指導法講座 2018 in 表参道 第3回(全3回)   開催:2018-09-12 会場:カワイ表参道コンサートサロンパウゼ(東京)

メソードや三善先生の作品にたくさん触れて、美しい響きを楽しむことができました。指使いへのこだわりはポリフォニーの技術を高めるため、とのお話は、“そうなのか!”とメソードの取り組みに新たな視点をいただいた感じがしました。数年前より、メソードのセミナーを受講していますが、今回7巻の「表現力とテクニックのバランスを考える」は特に良かったです。メソードの使い方、1曲をどのくらい弾かせるか〈仕上げのレベル・内容〉など、レッスンでは悩むことが多いですが、現場のお話を伺えて早速今日からの仕事に活かしたいと思います。ありがとうございました。

Miyoshi ピアノ・メソード 指導法講座 2018 in 表参道 第3回(全3回)   開催:2018-09-12 会場:カワイ表参道コンサートサロンパウゼ(東京)

トーンスポットを消しゴム付き鉛筆を使ってわかるようにさせる方法、早速やってみようと思います。ドアノブを回すようなタッチとか雪だるまを転がすようなイメージを持って、などヒントになる弾き方をいろいろ教えていただきました。ミヨシメソードは素晴らしいので指導に取り入れたいのですが、それにはまず自分が勉強しなければと、日程の都合で今回しか出席できませんでしたが、もっと勉強したいと思います。

ピアノ指導の原点-学び続ける指導者のために- コンペ課題曲で学ぶ指導法 第2回≪譜読み後の指導法≫ 開催:2017-05-09 会場:スガナミミュージックサロン多摩(東京)

「小さい時から楽譜をしっかり観察する習慣をつけることが大切で、指導者は考えさせて手綱を引き、イマジネーションを育てバリエーションを増やしていくことが使命」という言葉が印象に残りました。 普段から生徒をよく見て、何がその時に必要なのか考えて指導をしていきたいと思いました。

ピアノ指導の原点-学び続ける指導者のために- コンペ課題曲で学ぶ指導法 第2回≪譜読み後の指導法≫ 開催:2017-05-09 会場:スガナミミュージックサロン多摩(東京)

何となくしてきたアナリーゼを、もっと意志を持って確実に説明出来るようにしなくてはと感じました。また“表現を支える技術”という言葉がとても印象的で、どう子供たちに教えていくのか、もう一度改めて考えてみたいです‼

ピアノ指導の原点-学び続ける指導者のために- コンペ課題曲で学ぶ指導法 第2回≪譜読み後の指導法≫ 開催:2017-05-09 会場:スガナミミュージックサロン多摩(東京)

楽譜の読み方をもっと生徒にわかりやすく教えていかなくてはいけないと感じました。時代や作曲者の意図を考えて、記号の意味、表現に結び付けていく方法をやさしくわかりやすく指導することの大切さが分かりました。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー