松本 和将(まつもと かずまさ)先生
プロフィール

1979年、岡山県倉敷市に生まれる。幼い頃よりピアノに目覚め、倉敷青陵高校在学中に「ホロヴィッツ国際ピアノコンクール」第3位など、国内外のコンクール高校の部で上位入賞。また、「倉敷ジュニアフィルハーモニーオーケストラ」やバンド活動等で音楽の世界を広げた。1998年、東京藝術大学1年(19歳)で「第67回日本音楽コンクール」優勝。併せて増沢賞はじめ、全賞を受賞。1999年より、国内外での活発な演奏活動を開始。 2001年 「第53回ブゾーニ国際ピアノコンクール(イタリア)」第4位、2003年 世界三大コンクールの一つ「エリーザベト王妃国際音楽コンクール(ベルギー)」第5位入賞。 これまでにプラハ交響楽団、プラハフィル、読売日響、日本フィル、新日本フィル、東京交響楽団、東京フィル、東京シティフィル、群馬交響楽団、ベルギー国立オーケストラ、大阪フィル、岡山フィル、倉敷音楽祭祝祭管弦楽団など、多くのオーケストラと共演。世界的指揮者の小林研一郎、飯森範親、広上淳一他とも共演している。室内楽では、宮本文昭(Ob.)、前橋汀子(Vn.)、趙静(Vc,)、漆原啓子(Vn.)、渡辺玲子(Vn)、中嶋彰子(Sop.)との共演が好評を博す。 近年は、和太鼓、箏、尺八など和楽器とのコラボレーションや、ジャズピアニスト・塩谷哲との共演など、ジャンルを超越した音楽活動にも取り組んでいる。また、東京芸術大学非常勤講師、くらしき作陽大学特任准教授として、後進の指導にもあたっている。 谷口厚子、芦田田鶴子、故中島和彦、角野裕、御木本澄子、パスカル・ドヴァイヨンに師事。 岡山県芸術特別顕賞、倉敷市芸術文化栄誉章、福武文化奨励賞、マルセン文化賞、エネルギア音楽賞受賞。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
2017-11-22 愛媛 徹底解剖講座~ショパンエチュードとベートーヴェンソナタ~ 第2回 ベートーヴェンソナタ 詳細
2018-01-16 宮城 ピアニスト 松本和将のペダリングセミナー (全3回) -第2回 基本編- 詳細
2018-03-15 宮城 ピアニスト 松本和将のペダリングセミナー (全3回) -第3回 応用編- 詳細
受講者の声(セミナーレポートより)
徹底解剖講座~ショパンエチュードとベートーヴェンソナタ~ 第1回 ショパンエチュード 開催:2017-09-27 会場:ファンタジーホール(愛媛)

今まで一曲ずつの難しさにばかり目が向いていましたが、全曲を通す中でその曲のイメージだとか音色をどのように選んでいけばよいかを考えると、とてもおもしろいと思いました。コンクールを追いかけ続けると、本当の音楽を見失うのではないかと長年の指導の中で私も感じています。今日はとても参考になりました。

松本和将のペダリングセミナー 第1回「導入編」(全3回) 開催:2017-05-25 会場:カワイ梅田 コンサートサロン“ジュエ”(大阪)

すごいの一言でした。ペダリングをここまで細かく考えたことはありませんでした。自分で演奏するときも、生徒に演奏させるときも、もっと注意深くひびきについて考えていこうと思います。

松本和将のペダリングセミナー 第1回「導入編」(全3回) 開催:2017-05-25 会場:カワイ梅田 コンサートサロン“ジュエ”(大阪)

演奏がとても素敵で感動しました。子供たちには補助ペダルを使っていることもあり、あまり繊細な使い方を指導できていないのが現状です。これから頑張って指導していきたいと思います。

コンチェルト部門 特別セミナー ピアノ伴奏でコンチェルトに親しもう! 開催:2017-05-05 会場:上野学園大学 オーケストラ・スタジオ(東京)

ピアノの人は小さい頃から一人で練習してやってくるが、ソロのときでも頭の中がオケと合わせている時のようになっていることが大切で、そのために室内楽やスコアの勉強をしたいと思いました。

松本和将先生の時代別 曲別 ペダルの使い方 開催:2016-09-12 会場:アオノホール(愛媛)

セミナー始めの幻想即興曲がとても印象的でした。「悲愴」のペダリングがとても勉強になりました。

松本和将先生の時代別 曲別 ペダルの使い方 開催:2016-09-12 会場:アオノホール(愛媛)

「教える側は習っている子が20歳になった時にどのような演奏をしているか、できるか」将来を見据えて指導していくこと!との先生のお言葉に共感しました。様々なパダーンのペダル練習を提示下さり、うまく踏めない生徒にも取り組ませてみようと思います。演奏の実施にモニターもあり、大変解りやすい内容でした。

ショパン エチュード全曲 徹底解剖(全4回) 開催:2016-05-11 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

音楽を志すなら広い世界を知るべきであると自分の生徒にも言い続けていますが、年月と様々な機会が沢山必要で、さらに努めなければと思いました。ショパンエチュードの物語性は今までいろいろな演奏を聴きながらなんとなくイメージを持っていましたが、今日の先生のお話と演奏には、納得するだけでなく涙がでるくらい心を動かされました。今後もこのような聴き方でショパンの世界を味わいたいと思います。公開レッスンの演奏が磨かれていくのは導く言葉がけ、ピアノの音、先生の思いの熱さ故であると思いました。

ショパン エチュード全曲 徹底解剖 開催:2015-11-18 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

先生のピアノが言われたいことを全て伝えてきます。ノウハウが主な講座より音楽の精神、向き合い方のお話にいつもワクワクするような気持ちでうかがっています。

ショパン エチュード全曲 徹底解剖 開催:2015-11-18 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

日常的に引っかかっていた事、(発表会、グレードなどが続くと、本来のテキストに取り組む余裕がなくなる生徒がいる)を話され、今後生徒がより多くの作曲家の曲に触れ合えるようカリキュラムをしっかり組むよう再考したい。

ショパン エチュード全曲 徹底解剖 開催:2015-11-18 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

間をあける微妙なニュアンスについても実演がありよくわかりました。汚い音は鍵盤だけでなくハンマーと弦の接し方にもよるというのは今まで意識がなかったので参考になりました。

ショパン エチュード全曲 徹底解剖 開催:2015-05-13 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

「演奏をする」という事は、先ず音楽をイメージし、聴く人の心に届く音楽ではならないと一番大切な心構えを教えて頂きました。歌う様に呼吸する事は、体の脱力にも繋がり、基本的な作り方を教えて頂きました。

ショパン エチュード全曲 徹底解剖 開催:2015-05-13 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

演奏をする為にテクニックを磨くことばかりを念頭に置くのではなく、どんな質感のどんな音を出したいのかイメージ力をつける事が大事であること。また今回感じた事ではピアノを歌わせる事がいかに難しいか、一音一音意味を持ち語らなければならないと改めて感じました。

イメージから演奏へ…音楽の組み立て方~ショパン バラードに隠された物語~ 開催:2014-11-19 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

先生の素晴らしいご指導によりモデル生のピアノの音の鳴りが全く違うものになったのに感動を致しました。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー