水野 直子(みずの なおこ)先生
プロフィール

クラヴィコード・チェンバロ・フォルテピアノ・ピアノ奏者。武蔵野音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業、同大学院修了。ピアノを堺康馬、福井直敬、エレーナ・アシュケナージ、エルジェベト・トゥーシャ、イェネ・ヤンドー、カルラ・ジュディチ、ベラ・シキに師事。その後古楽器に興味を持ち渡伊、ミラノ市立音楽院古楽科へ入学、2008年同音楽院大学院修士課程を最高点、栄誉付き首席で修了。チェンバロ・フォルテピアノを故ラウラ・アルヴィーニ、エンリコ・バイアーノ、エミリア・ファディーニ、アンドレア・ディ・レンツォに、17世紀室内楽をマーラ・ガラッシー、通奏低音をアントニオ・フリジェ、ルネサンス理論をディエーゴ・フラテッリに師事。在伊中はトレント州アーラのピッツィーニ宮殿内楽器博物館でオリジナル楽器の演奏法の研鑽を積み、ミラノのサン・ロレンツォ、 サン・マルコ、サン・マウリツィオ教会をはじめ、スフォルツェスコ城、モデナ宮、ヴェネツィア、ウルビーノなどイタリア各地で多くのソロ及び室内楽のコンサートを開く。その活動はイタリア放送局Rai Uno、Skyで放映された。またクレモナ音楽祭に招聘され、チェンバロとフォルテピアノを使ったオールドメニコ・スカルラッティのコンサートはイタリアラジオ局 Rai Treにて収録、放送された。ヴェネツィア、ジョルジョ・チーニ財団奨学生。演奏のほかに、ヴィチェンツァ国立音楽院大学院にてステファノ・トッフォロに音楽図像学、ロベルト・ソルチに音楽修辞学を師事、研究。帰国後は東京大学にて西洋中世史を池上俊一、西洋古典学を筒井賢治、古代ローマ史を田中創、ルネサンス美術史を水野千依の各氏に師事。現在はピアノ講師向けのバロック音楽セミナーをはじめ、演奏活動を通してオリジナル楽器の普及に力を注いでいる。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
情報はございません
受講者の声(セミナーレポートより)
バロック音楽の装飾音に親しもう 開催:2017-06-28 会場:スタジオリリカ(東京)

レジュメが20ページで譜例も多く、大変充実した内容でした。自分の勉強不足で装飾音についてこんなに多くの正しい弾き方を知らなかったことを改めて認識させられました。じっくり読み返し、必要な時にいつでも見れるので心強いです。水野先生の素晴らしい演奏にうっとりし、もっともっと聴かせて頂きたかったです。

バロック音楽の装飾音に親しもう 開催:2017-06-28 会場:スタジオリリカ(東京)

よく分からずにバロック音楽に装飾を付け(記譜の意味もよく分からず)耳で聴いたまま演奏していたので、今日受講してかなり理解できました。

バロック音楽の装飾音に親しもう 開催:2017-06-28 会場:スタジオリリカ(東京)

今までよく分からず目を反らしてきた装飾音についてのセミナー、大変楽しみにしておりました。こんなにも種類が多く、NGもあるとは…。水野先生が研究された貴重なお話とレジュメ、有難いです。このレジュメと照らし合わせて勉強していきたいと思います。基本を教えて頂けたので、一歩踏み出せたと思います。ありがとうございました!チェンバロ、素敵な音色で嬉しかったです。

魅力がいっぱい バロック白楽譜 開催:2017-02-15 会場:初台 スタジオリリカ(東京)

もっと昔のこと、深い由来のこと、興味深いお話が沢山お聞きできとてもためになりました。実際に素敵な楽器に触らせていただきありがとうございました。

魅力がいっぱい バロック白楽譜 開催:2017-02-15 会場:初台 スタジオリリカ(東京)

様々な選択肢がある中で責任を持って選択して指導することが大切であることが分かりました。また、水野先生の場合、白楽譜は書いて与えるということで、生徒さんに聞いてもらって掴んで頂くことの大切さが分かりました。

魅力がいっぱい バロック白楽譜 開催:2017-02-15 会場:初台 スタジオリリカ(東京)

水野先生がピアノとチェンバロを弾いて下さり、音色の違いにハッとしました。音楽史は、先生御自身が大好きでいらっしゃるのが伝わってきて、面白かったです。また、参加の先生方がチェンバロ特有の指使いを学ばれ音階をお弾きになるのを、温かく丁寧にサポートされていらっしゃるお姿が印象的でした。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー