末永 匡(すえなが ただし)先生
プロフィール

桐朋学園大学、ベルリン芸術大学、フライブルグ音楽大学、モーツァルテウム音楽院で研鑽を積む。2006年ドイツ演奏家国家資格を授与される。2009年東京文化会館にて公式デビュー。圧倒的な演奏が認められ、今日まで日本国内はじめアジア、中東、ヨーロッパの各地で実力派ピアニストとして国際的に活躍。ソロのみならず著名な演奏家との室内楽、国内外のオーケストラからソリストとして抜擢されるなど、数々の共演を重ね成功を収めている。末永の柔軟なアイデアや鋭い感覚は、現代アートや各分野とのコラボレーションでも遺憾無く発揮されている。その類を見ない表現力、幅広い活動に各界から多くの賛辞が贈られている。「多様性、自己との対峙、人間存在を問うこと」は末永の音楽哲学の本質である。演奏活動と同時に教育にも従事している。未来の社会を担う子供たちへのアウトリーチ活動や公開レッスン、ゼミ、レクチャー等を全国で精力的に展開。「開かれた教育、学際的」という末永の教育理念に基づいた各活動には熱心な聴講と参加希望者が絶えない。他にも、ちちぶ国際音楽祭講師、数々のコンクール審査員を務め、立教大学、桐朋学園大学、東京工業大学など、講義、講演者として各方面から招かれている。TED×Titechでは「音楽と心」をテーマに登壇。アルバム「Intermezzo」(レコード芸術誌にて準特選盤に選出)、「ベートーヴェン3大ソナタtragico」をリリース。現在、稲垣吾郎主演ベートーヴェンの舞台「No.9-不滅の旋律-」に全公演出演中。今後は国内ほか、海外のオペラハウスなどから招聘されるなど多くのコンサートやイベントが予定されている。所属事務所ミリオンコンサート協会。昭和音楽大学講師。中島和彦、G.ミショリー、H.ライグラフ、D.クラウス、 E.アンドレアスの各氏に師事。「末永匡オフィシャルブログ」http://tdsuenaga.blogspot.jp

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
情報はございません
受講者の声(セミナーレポートより)
色彩豊かな演奏のために -「音色」を学び、深め、操る- 開催:2019-02-11 会場:みずほ楽器4Fスタジオ(島根)

一つ一つの音、音色にイメージを持つ大切さを教えていただきました。イメージの実現のためのテクニック、多様なタッチを身に付け、良く聴く心と耳を持ちたいと思います。

色彩豊かな演奏のために -「音色」を学び、深め、操る- 開催:2019-02-11 会場:みずほ楽器4Fスタジオ(島根)

具体的なイメージを持つことの大切さを教えて頂きました。また、実践の様子を見せて頂いて、いかに自分が考えてないか考えさせられました。生徒に指導する時も沢山イメージすること、沢山の言葉掛け(何を思うか、感じるか)などしていこうと思いました。最後の先生の素敵な演奏を聴いて、リストの魅力的な世界を味わうことができました。

いつも同じピアノで弾くわけじゃない  ~違うピアノを弾く3つの心構え~ 開催:2018-05-19 会場:サンホール(旭堂楽器店内)(京都)

今回の講座では、指導者を目指す上だけではなく、演奏者の目線からも深く考えさせられた内容でした。特に印象的であったのは、「拒否」という言葉です。私の経験でも、いつもと違ったピアノを弾いた際、無意識にも拒否していたことがありました。しかし、そのネガティブなイメージをポジティブに変えることができたのが、今回の講座での収穫です。先生が弾かれたリストのバラードはピアノによって様々な表情があり、多くの表現を持つことの重要性を感じました。

いつも同じピアノで弾くわけじゃない  ~違うピアノを弾く3つの心構え~ 開催:2018-05-19 会場:サンホール(旭堂楽器店内)(京都)

「聴く」「イメージをする」それにつきるという話は納得でした。自分の家と違うピアノでどう表現するか、一音出してしまって自分でしまったと思った際どう表現するか…確かにそれを考えるだけの冷静さを持って演奏できるかどうかは、人前で演奏する経験がたくさんないと難しいことだと感じました。

調律師&ピアニスト徹底対談       音の正体 ~聴くってどういうこと? 開催:2018-04-16 会場:東京芸術劇場セミナールーム(東京)

基音よりも第2、3倍音の方が上回るところが驚きでした。タッチによる倍音の鳴り方を具体的に見ることが出来、貴重な機会でした。

調律師&ピアニスト徹底対談       音の正体 ~聴くってどういうこと? 開催:2018-04-16 会場:東京芸術劇場セミナールーム(東京)

ピアニストと調律師の意思疎通には時間や努力を必要とすることを認識出来て良かったです。お二人のピアノと音楽への想いの強さ、探究心に感動しました。

ベートーヴェンに見る世界三大ピアノの響き ~世界の名器スタインウェイ、ベヒシュタイン、ベーゼンドルファーを使って~ 開催:2017-05-20 会場:サンホール(旭堂楽器店内)(京都)

末永先生の素敵な演奏で弾き比べて頂いて、音の存在感、陰影、繊細さ等、「聴く力」が大切であると教えて頂きました。ベートーベンや作曲家がピアノに合わせて曲を書いていることなど、ピアノが当時進化の途中にあったことがよく分かりました。また、ベートーベンの楽譜からオーケストラを意識していることなど音に想像力をもって作成されていることがわかり、聴いていて楽しくなりました。「音」に対して色々探してみたくなりました。ありがとうございました! P.S.バイオリンを習っていますので、オーケストラに対しての意識もしてみたいです。「熱情1楽章」、やはりラストにスタインウェイをもってこられて、素晴らしい音色、演奏でした!

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー