佐藤 卓史(さとう たかし)先生
プロフィール

1983年秋田市生まれ。4歳よりピアノを始める。2001年第70回日本音楽コンクール第1位。2003年、東京芸大シンフォニア英国公演のソリストに抜擢される。全国各地でデビューリサイタルを開催、その成功により秋田市文化選奨を、翌年には第30回日本ショパン協会賞を受賞した(いずれも史上最年少)。2006年、東京藝術大学を首席で卒業。第55回ミュンヘンARD国際コンクール特別賞受賞。2007年第11回シューベルト国際コンクール第1位。2008年第9回シドニー国際コンクール第4位ならびに最優秀ショパン作品演奏賞受賞。2010年エリザベート王妃国際音楽コンクール入賞。2011年カントゥ国際コンクール第1位、メンデルスゾーン国際コンクール最高位受賞。内外の主要オーケストラにソリストとして多数客演の他、室内楽奏者としても高く評価されており、堀米ゆず子、佐藤俊介、神尾真由子をはじめとする多くの著名な演奏家と共演。佐藤俊介との共演によるCD「グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ集」は平成19年度文化庁芸術祭大賞を受賞した。これまでに、ピアノを目黒久美子、上原興隆、小林仁、植田克己、アリエ・ヴァルディの各氏に、フォルテピアノを小倉貴久子氏に師事。現在ドイツ・ハノーファー音楽演劇メディア大学に在学中。ロームミュージックファンデーション奨学生。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
2019-08-30 高知 ブルグミュラーからロマン派へ!~ロマン派への入り口~ 詳細
受講者の声(セミナーレポートより)
パーフェクトセミナープラス2019 第2回 ロマン派への道しるべ ~ブルグミュラー18の練習曲の魅力~(全8回) 開催:2019-04-12 会場:東音ホール(東京)

25の練習曲の時にはじめてブルグミュラーが練習曲だったということに気づきましたが、あまり実感がありませんでした。今日、ブルグミュラーの生涯を知り、練習曲集の分類を学び、ブルグミュラーを25、18、12と練習していくことで、ロマン派のピアノ作品の準備練習が出来ると理解できました。ロマン派(ドイツ)を勉強する為の準備練習と考えると、25だけの練習にとどまらず、18、12と続けて勉強するのが効果的だと感じました。今まであまりなじみのなかった18、12ですが、ロマン派の大曲を学習する前にきちんと学習したいと思いました。

パーフェクトセミナープラス2019 第2回 ロマン派への道しるべ ~ブルグミュラー18の練習曲の魅力~(全8回) 開催:2019-04-12 会場:東音ホール(東京)

前半のお話をふまえて、後半の楽曲に入り、要点がまとまって整理されて頭に入りました。佐藤先生の愛情のこもった音と共に楽典のポイントが印象に残る講座でした。
NHKクラシック倶楽部で佐藤先生の演奏を聴きました。是非コンサートに行きたいと思いました。今日は先生の生の音が聴けて良かったです。ありがとうございました。

第43回 2019年度 ピティナ・ピアノコンペティション課題曲説明会 ソロ部門(クラシック) 開催:2019-03-01 会場:浜離宮朝日ホール 音楽ホール(東京)

自然な流れの中で、和声を感じながら表現することの大切さと、楽譜にレガート、ノン・レガートが記譜されていない物も多いので、アーティキュレーションの捉え方をよく読みとって指導するように心がけたいと思います。

第43回 2019年度 ピティナ・ピアノコンペティション課題曲説明会 ソロ部門(クラシック) 開催:2019-03-01 会場:浜離宮朝日ホール 音楽ホール(東京)

クラシックの音楽というものを、今後の指導にはっきりと打ち出して説明し、演奏に活かしていきたいと思います。

ブルクミュラーから 学ぶ ~表現とテクニックの指導&演奏のヒント~ 開催:2018-08-22 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

ブルグミュラーがピアノ教師というのはざっくり知ってはいましたが、父親、弟も音楽家であり、フランスの国王の子供達にピアノを教えていて、2月革命後にパリから離れるという人生を送っていたのは初めて知りました。よりブルグミュラーを身近に感じました。ドイツロマン派の特徴について、非常に分かりやすい説明でした。機能和声のそれぞれの説明がとても共感しました。 。Ⅳのたそがれというイメージ、今まで言葉で表現するのが難しかったのが「あっ!それ!」とピタッとはまりました。早速レッスンで使わせていただきます!

ブルクミュラーから 学ぶ ~表現とテクニックの指導&演奏のヒント~ 開催:2018-08-22 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

子供達が楽しく学べる教材の1つとして、ブルグミュラーは人気があるので、必ず弾いてもらっています。今日はそのヒントをたくさん教えて下さり、ありがとうございました。先生の講座は分かりやすく、的確で、説得力があります。

ブルクミュラーから 学ぶ ~表現とテクニックの指導&演奏のヒント~ 開催:2018-08-22 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

理路整然として分かりやすく、お話されるテンポ、声のトーンが私の耳にちょうど心地よく、とても楽しい2時間でした。和声感を大切にした曲の解釈、タイトルから想像力を膨らませることは、たとえ小さな子どものレッスンでも重要なことだと改めて感じました。さすがブルグミュラー、教育者人生の集大成、よくできた教材で、多角的に勉強しないともったいない曲集だなと思いました。レッスンにおいて意識をしっかり持ちたいと思います。それにしても、先生の演奏、音色がキラキラしていて、こんなに素敵な曲だったんだとうっとりしました。

演奏表現へつなげるアナリーゼ~和声分析のコツ~古典派から近現代 開催:2017-08-23 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

難しい、ややこしいと思いがちの和音についての話が、演奏家としての観点からされてとても分かりやすかったです。譜面を音に並べるだけの演奏をしないためにどんなアプローチをするか、最も基本となる見方を確認することが出来ました。

演奏表現へつなげるアナリーゼ~和声分析のコツ~古典派から近現代 開催:2017-08-23 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

先生の講座は内容が深く、濃く、ついていくのが大変でしたがとても勉強になり色々なことを知ることが出来ました。

演奏のための「和声」入門シリーズ 「ロマン派」―転調とハーモニーの魔法― 開催:2016-08-24 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

やはり古典派よりも複雑で、ショパンは何を考えて作曲をしてたのかが気になりました。(弱進行をわざと使っていたのか・・・。)感覚で曲を作ったらたまたまそうなったのか・・・。一言でロマン派といっても、和声進行にも特徴があるのを知りました。

演奏のための「和声」入門シリーズ 「ロマン派」―転調とハーモニーの魔法― 開催:2016-08-24 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

レッスンでは、子どもたちにカデンツを弾かせていて、初期からC:I:V7分析することも取り入れているので、今後も発展させて行きたいと思いました。現在、大学で和声も学んでいて卒業作品では作曲もあるので、楽曲分析をすることの必要さは不可欠と感じました。個人的には、ショパンが好きですが、シューマンが勉強になると思いました。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー