飯田 真樹(いいだ まき)先生
プロフィール

東京藝術大学作曲科並びに同大学院作曲専攻修了。1987年日本現代音楽協会作曲新人賞受賞。大学院修了後、ヤマハ音楽振興会、㈱ヤマハミュージックメディアにて音楽教室テキスト開発、ピアノ教本著作に携わり、年少幼児向けピアノ導入テキスト「ミッフィーのぴあの絵本」、テクニック教本「新WAKUWAKUピアノテクニック」等、数々の著書を発表。2008年 金城学院大学教授に就任。2011-12年東北大震災における人間と自然の相克を描いた『ピアノと管弦楽の為のバラード“3.11”』を名古屋、台北で発表。2014年中根浩晶氏のピアノ演奏による「飯田真樹ピアノ作品集 第1集」CDを㈱フォンテックよりリリース(楽譜:アルソ出版)、教育活動と共に精力的な作曲活動を行っている。全日本ピアノ指導者協会正会員。http://makiiida.net

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
情報はございません
受講者の声(セミナーレポートより)
和声感のある演奏とその具体的練習方法  ~伝わっていますか? 作曲家が選んだその和音~ 開催:2018-10-19 会場:日響楽器岐阜店2Fホール(岐阜)

ブルグミュラーを弾く上で和声がとても大切だと改めて感じました。譜読みの際、リズム、スタッカート、強弱記号ばかり注意深く聴いていましたが、常にメロディーの中に和音が響いていることを意識しなければと思いました。スケール、分散和音の中にも和音があり、進行を感じながら音楽を作っていけたらなと思います。練習方法も取り入れていきたいです。

“作曲家目線”によるピアノレッスンへのアプローチ 開催:2016-07-05 会場:日響楽器岐阜店2Fホール(岐阜)

ピアノ講師はピアノの技術を教えるだけではない、という言葉にハッとしたと共にとても勇気付けられました。これから子どもたちにピアノだけではなく、オーケストラ、声楽曲などにも触れる機会を沢山作ってあげようと思いましたし、音楽だけではない芸術にも沢山触れさせてあげたいと思いました。

“作曲家目線”によるピアノレッスンへのアプローチ 開催:2016-07-05 会場:日響楽器岐阜店2Fホール(岐阜)

ピアノを通じて音楽を通じて子供達とこんなに豊かな交流ができるのだ!という可能性や、ヒントを沢山頂きピアノを教える者として勇気が持てました。先生の温かいお人柄からあふれてくるパワーをすごく感じました。作曲家になりたい夢を持っている子供もいるので、先生のような方に指導して頂けたらと思いました。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー