菊地 裕介(きくち ゆうすけ)先生
プロフィール

東京生まれ。桐朋女子高校音楽科2年在学中に日本音楽コンクール第2位入賞、卒業と同時に渡仏し、ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、パリ国立高等音楽院高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。また文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、ハノーファー音楽大学に学びドイツ国家演奏家資格を取得。皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。東京藝術大学の講師に招かれ、2007年に帰国後「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし アーメンの幻影全曲演奏」「バッハ無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 ピアノ独奏版編曲」など精力的な活動を展開。ベートーヴェンピアノソナタ全32曲、ラヴェルピアノソロ作品全集(オクタヴィア・レコードTRITON)など録音も多数。 欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。 東京藝術大学、桐朋学園大学、洗足学園音楽大学の非常勤講師を経て現在は東京音楽大学専任講師、名古屋音楽大学客員准教授、他秋吉台ミュージックアカデミーなど、各地にてセミナー、マスタークラスの講師、及びコンクール審査等を務める。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
2018-03-19 愛知 二人のピアニストによる バロック・古典大研究 詳細
2018-05-27 群馬 2018年度 ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲公開レッスン 詳細
2018-06-16 兵庫 2018年度 コンペ課題曲企画 課題曲公開レッスン 詳細
受講者の声(セミナーレポートより)
J.S.バッハ 平均律 第1巻シリーズ2 ピアニストからみたバッハ -バッハと現代ピアノ- 開催:2017-09-06 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

自分が弾いてきた曲が菊地先生のアナリーゼ解説と演奏により、とても新鮮に聞こえた事と、改めてバッハ音楽の素晴らしさを感じました。分析した事が音として表れる事が大事であり、分析で終わってはいけない事を実感しました。細かく楽譜を読んでいくと、一見プレリュードとフーガが雰囲気が変わっていて関連性がないように見えましたが(9番)なんと「2度」の音程に共通性があったとは驚きました。

J.S.バッハ 平均律 第1巻シリーズ2 ピアニストからみたバッハ -バッハと現代ピアノ- 開催:2017-09-06 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

前回第1回の際に購入した”菊地Bach”を毎日ずっと車で聴いています。まるで岩にピッケルで「カツン!」と打ち込みそれをグイッと引き寄せる繰り返しに聴こえ「ピッケル弾き」と名付けております(笑)今日は”生ピッケル”を存分に楽しませて頂きました。

J.S.バッハ 平均律 第1巻シリーズ2 ピアニストからみたバッハ -バッハと現代ピアノ- 開催:2017-09-06 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

前回の第1回に引き続き受講させていただきました。今回も非常に奥深く興味深い内容に勉強になり、自分で音を奏でつつさらってみたいと思いました。菊地先生の精力的な活動に、いつもその体力や精神力、モチベーションがどこから来ているのかが非常に気になります。(よかったらまた教えて下さい)次回のセミナーも楽しみにしております。有難うございました!!

音大受験生のための 銀座音大フェスティバル2017 菊地裕介氏による音大受験のためのトーク&コンサート 開催:2017-08-19 会場:銀座山野楽器 本店7F イベントスペース JamSpot(東京)

バッハ、フーガの素晴らしさや魅力を沢山伝えてくださり、バッハの苦手な生徒たちに先生の様に引き込まれる演奏をしなければいけないなと反省したりもしました。ポイントになる部分を大切に扱えることが何よりも重要というコメントは全てに通じる言葉だと思いました。

音大受験生のための 銀座音大フェスティバル2017 菊地裕介氏による音大受験のためのトーク&コンサート 開催:2017-08-19 会場:銀座山野楽器 本店7F イベントスペース JamSpot(東京)

「熱情」素敵でした。こんなに間近で、生演奏が聴けて良かったです。ありがとうございました。

2017年度ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲セミナー 開催:2017-03-21 会場:エルムサロン(エルム楽器釧路支店内)(北海道)

どうしてもコンクール、課題曲となると身構えてしまって時間がないとか譜読みが遅いといったようなことばかり気をとられてしまいがち…今日のセミナーで、今までのことが間違いであったと解き放たれました。もっと曲と向き合っても良い→むしろ、向き合うべきでした。一途一心、精進します。

2017年度ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲セミナー 開催:2017-03-21 会場:エルムサロン(エルム楽器釧路支店内)(北海道)

安らかな音色と、時にわくわくする演奏、言葉一つ一つから作り出される雰囲気が素敵で、勉強になりました。私も生徒を素敵な言葉で引き込む先生になりたいと思いました。

2017年度ピティナ・ピアノコンペティション課題曲セミナー 開催:2017-03-14 会場:ピアノハープ社 ピアノギャラリー(熊本)

今日はすてきな演奏をたくさん聴けて幸せでした。細かく分かりやすい解説で、すぐにレッスンに活かせると思いました。今日のアドバイスを、生徒経ちにたくさん伝えます!ありがとうございました。

ベートーヴェン ピアノ・ソナタシリーズ12 最終回 第29番「ハンマークラヴィーア」op.106 ―演奏法と解釈― 開催:2016-09-07 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

曲のこめられたベートーベンの意志、精神と音楽上でのいろいろな可能性のむすびつき等大変興味深いお話でした。演奏を伴っての解釈や、奏法の説明は菊地先生ならではのもので、納得しつつ伺いました。

ベートーヴェン ピアノ・ソナタシリーズ12 最終回 第29番「ハンマークラヴィーア」op.106 ―演奏法と解釈― 開催:2016-09-07 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

ベートーベンのピアノソナタ、元気をもらえるから大好きです。ハンマークラヴィーアを皆さんと享受させて頂き、本当に深い時間を感謝致します。生命力、をベートーベンは私達にずっと残して下さっていて、菊地先生を通していのち、を感じずにはいられませんでした。

「ベートーヴェンが聴きたかったピアノ」 ―フォルテピアノとべヒシュタインを使って― 開催:2016-07-09 会場:汐留ベヒシュタイン・サロン(東京)

楽器が違うと当時の人達と聴き方や耳も違うのだろうなあと。当時の(その作曲家が生きていた時の)楽器で弾く時の音を知らないと表現の幅が変わってきますね。感覚とかも。ハンマークラヴィーマの3楽章のフォルテピアノでの演奏が本当に素敵でした。

「ベートーヴェンが聴きたかったピアノ」 ―フォルテピアノとべヒシュタインを使って― 開催:2016-07-09 会場:汐留ベヒシュタイン・サロン(東京)

今まで曲に対してのセミナーなどはありましたが、楽器の聴き比べは初めてで、その楽器の特徴までは考えていなかったので楽しかったです。ピアニストとはピアノと向き合うことの大切さ、曲を表現するためにピアノによって弾き分けるテクニックを備えていることも知りました。菊地先生のフォルテピアノを使用しての他では聴くことのできない音の響きを聴けて感動しました。

2016年度ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲セミナー 開催:2016-04-16 会場:長崎ブリックホールリハーサル室(長崎)

オーケストラが演奏する場合に、考えて音価、響き、表現工夫する事を教えて頂き、音楽の構造、そして全ては楽譜の中にありつつ楽譜上以上での表現のテクニックを沢山わかりやすく幅広く教えて頂き、参考になりました。

2016年度ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲セミナー 開催:2016-03-22 会場:岡崎市シビックセンター第2リハーサル室(愛知)

曲の重心、フレーズの重心を考える。トリルは非声和音から。バロック音楽を知る上で聴くことが大切。編成の楽器も知ること。先生の課題曲講座はいつも芸術性にあふれていて豊かな知識と熱心なお考えに感激してしまいます。教室に戻り、自分にも子供たちにも何か1つ実践していきたい。

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ シリーズ11 開催:2016-02-03 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

音に対してこだわりを持つ大切さを改めて知りました。音色はオケ的に捉える、強弱はグラデーションが大切。クレシェンドの幅(テーマの出だしから頂点へ向かって)等。響き、音色、強弱、空間の幅、流れ(フレーズ、速さ含めて)あらゆることに対して、よく聴くことが大切ですね。

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ シリーズ11 開催:2016-02-03 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

スケルツォは3拍子でとらえるのではなく4拍子で。また、バルカローレと似ている。ハーモニーのグラデーションを大切にする。13番のソナタは革新的で新しい形態で、幻想曲の要素が入ってくる、またこれはリストのソナタにも繋がっていく。演奏して頂きながら、わかりやすく解説して頂きました。

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ シリーズ10 開催:2015-09-09 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

これだけの量を一講座で、説明&演奏され、しかも真近で見ることが出来て勉強になりました。ベートーベンの音を作るのは難しいので、受講して良かったです。

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ シリーズ10 開催:2015-09-09 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

イメージを言葉にして、生徒に伝えるのは難しいですが、今回、説明と一緒に色々な言葉を頂き、是非レッスンや、自分に活用したいと思いました。ベートーヴェンについて、もっと学んで、もっと簡易とらなくては、と思いました。生演奏まで聴けてとても贅沢な時間でした。

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ シリーズ10 開催:2015-09-09 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

このシリーズの途中から、参加しています。(前半は知りませんでした)聴けなかった曲がとても残念です。受験曲やコンクールの課題曲によく取り上げられる曲をを特集して、また是非やっていただきたいです。

2015年度 コンペ課題曲企画 課題曲レクチャーコンサート 開催:2015-04-20 会場:カワイ太宰府ショップ(福岡)

大変素敵な演奏と、お話を、どうもありがとうございました。A1級くらいのレヴェルの曲でも細かく楽譜を読むことの大切さが改めて勉強になりました。印象に残るお話をたくさん聞くことが出来て良かったです。また今後ともよろしくお願い致します。ありがとうございました。

2015年度 コンペ課題曲企画 課題曲レクチャーコンサート 開催:2015-04-20 会場:カワイ太宰府ショップ(福岡)

「指がまわることがいけない」というのがとても新鮮でした!指を動かさず、音型(音の形・流れ)等を見て、その動きの中で音楽的なメカニックで弾く事の大切さがよく分かりました。先生の素晴らしい演奏を堪能できた本当に幸せな時間でした。ありがとうございました。

2015年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2015-04-18 会場:長崎ブリックホールリハーサル室(長崎)

「基礎が大切」ということで、A1級、B級に時間をかけて、分かりやすいように丁寧にご指導して下さりありがとうございました。

2015年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー~近現代のピアノ作品を中心に~ 開催:2015-04-12 会場:琴浦町カウベルホール(鳥取)

A1の曲からあまりの曲の深さに驚きました。3拍子、4拍子だけでは語れない間の取り方や、休符の余韻など、短い曲の中にも様々な表現があることにびっくりしています。ありがとうございました。

2015年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー~近現代のピアノ作品を中心に~ 開催:2015-04-12 会場:琴浦町カウベルホール(鳥取)

親子で初めて課題曲セミナーに参加いたしました。短い曲でも深く読み取ると、とても奥の深いことがわかり、日々の練習もノルマ的にこなすのではなく、自分の中で想像しながら練習することが大事だと教えていただきました。先生の豊富な語彙力でお話いただいたので、説明がとても丁寧でしたしわかりやすかったです。まったく知らない初めて聴く曲でも弾き方のコツや音楽的知識などたくさんのことが学べました。ありがとうございました。

2015年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2015-03-27 会場:カワイ音楽教室新潟センター コモドホール(新潟)

今まで全く気にもかけていなかったカデンツの重要さを知ることができて曲の見方が変わりました。音程も意味があることを教えていただきました。アナリーゼの必要性を感じていながらいつも弾くことに重点を置いてしまう、という悪循環を反省いたしました。菊地先生の素敵な演奏を聴けて大変感激いたしました。ありがとうございました。

2015年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2015-03-27 会場:カワイ音楽教室新潟センター コモドホール(新潟)

弾き方・考え方に対する裏付けが非常に明確で、とても理解しやすい講座でした。間を聴くということ、1音から出る低音の向かう先を感じることなど勉強になりました。小さな子供たちを指導するにあたり、その時期の指導の大切さを、先生の演奏から非常に感じることができました。1つでも多くのことを私自身が感じ、気づき、子供達へ卸していけるようになりたいと改めて思いました。

2015年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2015-03-24 会場:盛岡市民文化ホール(マリオス) 第1リハーサル室(B1)(岩手)

すばらしい演奏を身近な空間で聴くことができ、生徒たちは選曲の参考になったり刺激を受けたことと思います。

2015年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2015-03-24 会場:盛岡市民文化ホール(マリオス) 第1リハーサル室(B1)(岩手)

公開レッスンから聴講させていただき、楽譜を正確に見る大切さを改めて意識させられました。演奏はとても感動いたしました。自然の情景が浮かぶ音色はとても素敵でした。

2015年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2015-03-24 会場:盛岡市民文化ホール(マリオス) 第1リハーサル室(B1)(岩手)

コンサート形式ですべての曲が聞けてとてもよかったです。菊地先生の演奏を間近で聴け、fの大迫力も素晴らしかったのですが、pの音色もとても素晴らしかったです。細かいペダリングも勉強になりました。

2015年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2015-03-21 会場:ピアノホールF(愛知)

調性のもつカラーは、その調のルーツをたどっていろいろな音楽の特徴などを知ることの大切さを知りました。どんな雰囲気を出したいのか、作曲家からのメッセージを感じて仕上げていきたいと思います。また、暗譜の方法はいくつもの方向から確実に、という言葉が印象に残りました。わかっていることですが、弾けるようになってくると慣れで弾いてしまうことが多く、練習は質も落ちてきてしまいます。縦・横のラインのみにならず、視覚的ストーリー性などさまざまな方向から刻み込むように練習していった先に本番でのびのび表現できる自信につながる、ということを教えていただきました。ありがとうございました。

2015年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2015-03-21 会場:ピアノホールF(愛知)

僕が自分では想像もしなかったようなことまで先生が言っていたので、「そんなことがあったんだ!」とびっくりしました。特にショパンやテレマンは難しく考えていたら、指使いさえきちんとすればとても弾きやすく、テレマンは骨格の線の周りに装飾すると複雑になることがわかりました。色々と教えていただきありがとうございました。

古典派の演奏ポイント ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンから 開催:2015-03-13 会場:千里ヤマハホール(大阪)

ハイドンソナタの第2楽章、ベートーヴェンソナタの第2楽章、息がつまるほど引きこまれました。日頃どれだけ意味のある音に気づかず私達が演奏しているのか、ただフレーズや和音の美しさだけを感じて弾くのではなく細かいアナリーゼを追求して色々想像することによって演奏はまた違ったものになっていくという事を深く感じ感動しました。

古典派の演奏ポイント ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンから 開催:2015-03-13 会場:千里ヤマハホール(大阪)

楽譜から読み取る事の大切さ、全楽章通した曲の造りなど、演奏と合わせて沢山教えて頂きました。ベートーヴェン7番の終楽章には中学時代この曲の中身の取り方が意味不明でいたのですが、パズルが解けたような気がします。ベートーヴェンの素晴らしさを紐解いて頂いた気がします。本当にスッキリしました。

2015年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2015-03-10 会場:銀座山野楽器 本店7F イベントスペース Jam Spot(東京)

右手の旋律と同時に左手に出てくる旋律のテンポ感を感じ取るだけでどんな短い曲でも美しい旋律が隠れているのだと気付かされました。臨時記号は外して考えるとその音の特徴がより明確にイメージできるという点も面白く、楽譜を読むヒント、異なる可能性を試す事で作品の求める本質に近づけるのだと思い、日々に活かしたいと思いました。

2015年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2015-03-10 会場:銀座山野楽器 本店7F イベントスペース Jam Spot(東京)

左右の動きは別の動きを持っている、旋律のテンポに合わせ適合していく、楽譜の読み込みの細やかさ、バロックとクラシックの違い、ペダルの踏み方など再確認できました。「知識、アナリーゼ力を持つことは説得力があり、感動する音楽を作る事が出来る。」感覚を磨き弾く楽しさを学ばせて頂きました。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー