菊地 裕介(きくち ゆうすけ)先生
プロフィール

東京生まれ。桐朋女子高校音楽科2年在学中に日本音楽コンクール第2位入賞、卒業と同時に渡仏し、ローム・ミュージックファンデーションより助成を受け、パリ国立高等音楽院高等課程を経てピアノ研究科を修了したほか、5つの一等賞を得てピアノの他に歌曲伴奏、作曲書法の高等課程を修了。また文化庁芸術家在外研修制度の助成を受け、ハノーファー音楽大学に学びドイツ国家演奏家資格を取得。皆川紀子、加藤伸佳、ジャック・ルヴィエ、アリエ・ヴァルディの各氏に師事、マリア・カナルス、ポルト、プーランクコンクール優勝、またジュネーブ、ベートーヴェンなど、数多くの国際コンクールに入賞する。東京藝術大学の講師に招かれ、2007年に帰国後「菊地裕介メシアン生誕100年プロジェクト・幼子イエスに注ぐ20のまなざし アーメンの幻影全曲演奏」「バッハ無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番 ピアノ独奏版編曲」など精力的な活動を展開。ベートーヴェンピアノソナタ全32曲、ラヴェルピアノソロ作品全集(オクタヴィア・レコードTRITON)など録音も多数。 欧州の多くの国々でリサイタルを開催、また多くのオーケストラと共演を重ねている。国内では東京交響楽団、東京都交響楽団、東フィル、東京シティフィル、仙台フィル、大阪シンフォニカーなどと共演。室内楽では清水和音、永野英樹とのピアノデュオやオーボエの巨匠モーリス・ブルグ、若手ではフルートの瀬尾和紀との共演など、いずれも好評を博している。 東京藝術大学、桐朋学園大学、洗足学園音楽大学の非常勤講師を経て現在は東京音楽大学専任講師、名古屋音楽大学客員准教授、他秋吉台ミュージックアカデミーなど、各地にてセミナー、マスタークラスの講師、及びコンクール審査等を務める。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
2018-09-05 愛知 J・S・バッハ 平均律第1巻 シリーズ⑤ ピアニストからみたバッハ ~バッハと現代ピアノ~ 最終回 詳細
2018-09-06 熊本 ソナチネの演奏法、指導法 詳細
2018-09-07 福岡 ピアニスト菊地裕介によるショパンエチュード講座 第3回 詳細
受講者の声(セミナーレポートより)
2018年度 コンペ課題曲企画 課題曲公開レッスン 開催:2018-06-16 会場:川本ピアノサロン(西宮教室内)(兵庫)

昨年に引き続き、先生の“音の世界”を間近で拝見させて頂き、改めて先生の素晴らしい音楽に感動いたしました。子どもの曲でも、一つ一つていねいに音を造っていく大切さを改めて感じました。楽譜を正しく読み、音色の変化や距離感、調性、そして音楽の変化を感じ、表現することをもっともっと学び、生徒に伝えていきたいと思います。本日は生徒がお世話になりありがとうございました。

2018年度 コンペ課題曲企画 課題曲公開レッスン 開催:2018-06-16 会場:川本ピアノサロン(西宮教室内)(兵庫)

一音一音の表情、深さ、距離感などの考え方、とらえ方、感じ方がとてもわかり易く、大変イメージがわかりやすいレッスンでした。音色と表現がこれだけわかりやすく指導できるということを学びました。ありがとうございました。

2018年度 ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲公開レッスン 開催:2018-05-27 会場:ヤマハミュージックスクエア高崎サロン(群馬)

A1~D級までの4期に渡り、丁寧で分かりやすい演奏のアドバイスを聞くことができました。カバレフスキーの「道化師」のテンポについて、版によって違うこと、もとは「急ぐ」「慌ただしい」の意味を持つということが印象的でした。

2018年度 ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲公開レッスン 開催:2018-05-27 会場:ヤマハミュージックスクエア高崎サロン(群馬)

音楽の作りには、その並び方、音の重ね方、そのものにすでに意味が宿っているということが分かりました。

2018年度 ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲公開レッスン 開催:2018-05-27 会場:ヤマハミュージックスクエア高崎サロン(群馬)

難しい言葉ではなく分かりやすい言葉で伝えること、小さな子どもの手で響をつくりきれない時のペダルの使い方など、視野の広さと細部への説得力ととても音楽的な音楽作りができるセミナーでした。

J・S・バッハ 平均律第1巻 シリーズ④ ピアニストからみたバッハ ~バッハと現代ピアノ~ 開催:2018-05-23 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“ブーレ”(愛知)

菊地先生の演奏と解説により、とても美しく生きた曲として、今日学べたことを感謝いたします。素敵な演奏をありがとうございます。一人で弾き学んでいて、光がなかなか見えなかったのですが、くこれから練習していく道筋をいただけました。ありがとうございました。

J・S・バッハ 平均律第1巻 シリーズ④ ピアニストからみたバッハ ~バッハと現代ピアノ~ 開催:2018-05-23 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“ブーレ”(愛知)

毎回、美しい響きでの演奏を聴きながら受講させていただいております。アナリーゼを交えての分かりやすい解説です。

ピアニスト菊地裕介によるショパンエチュード講座 開催:2018-04-26 会場:カワイ福岡"ルーチェ"(福岡)

楽譜の向こう側を読むことを、色々な引用を用いて、理論的に実践を交えて大変分かりやすく説明して下さいました。

ピアニスト菊地裕介によるショパンエチュード講座 開催:2018-04-26 会場:カワイ福岡"ルーチェ"(福岡)

もっと早くに先生の講座を受講していたら、私の練習そのものが大きく変わったのでは…と感じております。今後も出来る限り学ばせていただきたいと思います。

ピアニスト菊地裕介によるショパンエチュード講座 開催:2018-04-26 会場:カワイ福岡"ルーチェ"(福岡)

あまりにもハードルの高いものだと思っていただけに、少し取り組みへの道筋が見えた気がします。譜読みの視点の切り口、楽譜を読み解くこと、手の使い方など、たくさんの宝物をありがとうございました。

二人のピアニストによる バロック・古典大研究 開催:2018-03-19 会場:Libra(岡崎市図書館交流プラザ)ホール(愛知)

感じて表現するのは、作曲家が聴衆へ仕組んだことであり、演奏する者、指導する者には作曲家から伝えられる感情への学問的な裏付けが必ず必要なのだと改めて思いました。かくれたミッキーを探すように、細部まで勉強していきたい(希望!)と思います。その裏付けが勘違いでないことを祈りつつ!

二人のピアニストによる バロック・古典大研究 開催:2018-03-19 会場:Libra(岡崎市図書館交流プラザ)ホール(愛知)

インヴェンションは音楽をやる上で必ず勉強するものですが、難しいというのが先行していました。生徒さんに指導する上でも何をどう伝えたらよいのかいつも悩みます。今日の話を聞いて、着目する点がはっきりし、楽しさもたくさん感じることができました。インヴェンションの楽しさを味わい、また弾いてみたいと思いました。ありがとうございました。

二人のピアニストによる バロック・古典大研究 開催:2018-03-19 会場:Libra(岡崎市図書館交流プラザ)ホール(愛知)

「試験課題としてのバッハ」のイメージが、今日やっと楽しいと感じました。以前の講座で菊池先生の弾いてくださったバッハの音がとても素晴らしくて、あれこれ(本を読み、譜読みし直し)やってみましたが、今日のようにもっとストーリーとか会話的に考えようと改めて思いました。トリルの入れ方、とても参考になりました。ありがとうございました。

J.S.バッハ 平均律 第1巻シリーズ3 ピアニストからみたバッハ -バッハと現代ピアノ- 開催:2018-02-14 会場:カワイ名古屋 2F コンサートサロン“ブーレ”(愛知)

ペダルはここでON・OFFではなく、音の進行、響き、指の保ち方などで使う点、曲をよく理解した上で必要であるということ。自分には少し難しいですが取り入れていきたいです。

J.S.バッハ 平均律 第1巻シリーズ3 ピアニストからみたバッハ -バッハと現代ピアノ- 開催:2018-02-14 会場:カワイ名古屋 2F コンサートサロン“ブーレ”(愛知)

細部に渡り、深く掘り下げた内容でした。説明も分かりやすく、調性のお話、例えた楽曲も紹介していただいたのがとても理解しやすかったです。

J.S.バッハ 平均律 第1巻シリーズ2 ピアニストからみたバッハ -バッハと現代ピアノ- 開催:2017-09-06 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

自分が弾いてきた曲が菊地先生のアナリーゼ解説と演奏により、とても新鮮に聞こえた事と、改めてバッハ音楽の素晴らしさを感じました。分析した事が音として表れる事が大事であり、分析で終わってはいけない事を実感しました。細かく楽譜を読んでいくと、一見プレリュードとフーガが雰囲気が変わっていて関連性がないように見えましたが(9番)なんと「2度」の音程に共通性があったとは驚きました。

J.S.バッハ 平均律 第1巻シリーズ2 ピアニストからみたバッハ -バッハと現代ピアノ- 開催:2017-09-06 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

前回第1回の際に購入した”菊地Bach”を毎日ずっと車で聴いています。まるで岩にピッケルで「カツン!」と打ち込みそれをグイッと引き寄せる繰り返しに聴こえ「ピッケル弾き」と名付けております(笑)今日は”生ピッケル”を存分に楽しませて頂きました。

J.S.バッハ 平均律 第1巻シリーズ2 ピアニストからみたバッハ -バッハと現代ピアノ- 開催:2017-09-06 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

前回の第1回に引き続き受講させていただきました。今回も非常に奥深く興味深い内容に勉強になり、自分で音を奏でつつさらってみたいと思いました。菊地先生の精力的な活動に、いつもその体力や精神力、モチベーションがどこから来ているのかが非常に気になります。(よかったらまた教えて下さい)次回のセミナーも楽しみにしております。有難うございました!!

音大受験生のための 銀座音大フェスティバル2017 菊地裕介氏による音大受験のためのトーク&コンサート 開催:2017-08-19 会場:銀座山野楽器 本店7F イベントスペース JamSpot(東京)

バッハ、フーガの素晴らしさや魅力を沢山伝えてくださり、バッハの苦手な生徒たちに先生の様に引き込まれる演奏をしなければいけないなと反省したりもしました。ポイントになる部分を大切に扱えることが何よりも重要というコメントは全てに通じる言葉だと思いました。

音大受験生のための 銀座音大フェスティバル2017 菊地裕介氏による音大受験のためのトーク&コンサート 開催:2017-08-19 会場:銀座山野楽器 本店7F イベントスペース JamSpot(東京)

「熱情」素敵でした。こんなに間近で、生演奏が聴けて良かったです。ありがとうございました。

2017年度ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲セミナー 開催:2017-03-21 会場:エルムサロン(エルム楽器釧路支店内)(北海道)

どうしてもコンクール、課題曲となると身構えてしまって時間がないとか譜読みが遅いといったようなことばかり気をとられてしまいがち…今日のセミナーで、今までのことが間違いであったと解き放たれました。もっと曲と向き合っても良い→むしろ、向き合うべきでした。一途一心、精進します。

2017年度ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲セミナー 開催:2017-03-21 会場:エルムサロン(エルム楽器釧路支店内)(北海道)

安らかな音色と、時にわくわくする演奏、言葉一つ一つから作り出される雰囲気が素敵で、勉強になりました。私も生徒を素敵な言葉で引き込む先生になりたいと思いました。

2017年度ピティナ・ピアノコンペティション課題曲セミナー 開催:2017-03-14 会場:ピアノハープ社 ピアノギャラリー(熊本)

今日はすてきな演奏をたくさん聴けて幸せでした。細かく分かりやすい解説で、すぐにレッスンに活かせると思いました。今日のアドバイスを、生徒経ちにたくさん伝えます!ありがとうございました。

ベートーヴェン ピアノ・ソナタシリーズ12 最終回 第29番「ハンマークラヴィーア」op.106 ―演奏法と解釈― 開催:2016-09-07 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

曲のこめられたベートーベンの意志、精神と音楽上でのいろいろな可能性のむすびつき等大変興味深いお話でした。演奏を伴っての解釈や、奏法の説明は菊地先生ならではのもので、納得しつつ伺いました。

ベートーヴェン ピアノ・ソナタシリーズ12 最終回 第29番「ハンマークラヴィーア」op.106 ―演奏法と解釈― 開催:2016-09-07 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

ベートーベンのピアノソナタ、元気をもらえるから大好きです。ハンマークラヴィーアを皆さんと享受させて頂き、本当に深い時間を感謝致します。生命力、をベートーベンは私達にずっと残して下さっていて、菊地先生を通していのち、を感じずにはいられませんでした。

「ベートーヴェンが聴きたかったピアノ」 ―フォルテピアノとべヒシュタインを使って― 開催:2016-07-09 会場:汐留ベヒシュタイン・サロン(東京)

楽器が違うと当時の人達と聴き方や耳も違うのだろうなあと。当時の(その作曲家が生きていた時の)楽器で弾く時の音を知らないと表現の幅が変わってきますね。感覚とかも。ハンマークラヴィーマの3楽章のフォルテピアノでの演奏が本当に素敵でした。

「ベートーヴェンが聴きたかったピアノ」 ―フォルテピアノとべヒシュタインを使って― 開催:2016-07-09 会場:汐留ベヒシュタイン・サロン(東京)

今まで曲に対してのセミナーなどはありましたが、楽器の聴き比べは初めてで、その楽器の特徴までは考えていなかったので楽しかったです。ピアニストとはピアノと向き合うことの大切さ、曲を表現するためにピアノによって弾き分けるテクニックを備えていることも知りました。菊地先生のフォルテピアノを使用しての他では聴くことのできない音の響きを聴けて感動しました。

2016年度ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲セミナー 開催:2016-04-16 会場:長崎ブリックホールリハーサル室(長崎)

オーケストラが演奏する場合に、考えて音価、響き、表現工夫する事を教えて頂き、音楽の構造、そして全ては楽譜の中にありつつ楽譜上以上での表現のテクニックを沢山わかりやすく幅広く教えて頂き、参考になりました。

2016年度ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲セミナー 開催:2016-03-22 会場:岡崎市シビックセンター第2リハーサル室(愛知)

曲の重心、フレーズの重心を考える。トリルは非声和音から。バロック音楽を知る上で聴くことが大切。編成の楽器も知ること。先生の課題曲講座はいつも芸術性にあふれていて豊かな知識と熱心なお考えに感激してしまいます。教室に戻り、自分にも子供たちにも何か1つ実践していきたい。

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ シリーズ11 開催:2016-02-03 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

音に対してこだわりを持つ大切さを改めて知りました。音色はオケ的に捉える、強弱はグラデーションが大切。クレシェンドの幅(テーマの出だしから頂点へ向かって)等。響き、音色、強弱、空間の幅、流れ(フレーズ、速さ含めて)あらゆることに対して、よく聴くことが大切ですね。

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ シリーズ11 開催:2016-02-03 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

スケルツォは3拍子でとらえるのではなく4拍子で。また、バルカローレと似ている。ハーモニーのグラデーションを大切にする。13番のソナタは革新的で新しい形態で、幻想曲の要素が入ってくる、またこれはリストのソナタにも繋がっていく。演奏して頂きながら、わかりやすく解説して頂きました。

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ シリーズ10 開催:2015-09-09 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

これだけの量を一講座で、説明&演奏され、しかも真近で見ることが出来て勉強になりました。ベートーベンの音を作るのは難しいので、受講して良かったです。

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ シリーズ10 開催:2015-09-09 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

イメージを言葉にして、生徒に伝えるのは難しいですが、今回、説明と一緒に色々な言葉を頂き、是非レッスンや、自分に活用したいと思いました。ベートーヴェンについて、もっと学んで、もっと簡易とらなくては、と思いました。生演奏まで聴けてとても贅沢な時間でした。

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ シリーズ10 開催:2015-09-09 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

このシリーズの途中から、参加しています。(前半は知りませんでした)聴けなかった曲がとても残念です。受験曲やコンクールの課題曲によく取り上げられる曲をを特集して、また是非やっていただきたいです。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー