楠原 祥子(くすはら しょうこ)先生
プロフィール

桐朋女子高校音楽科、桐朋学園大学音楽部ピアノ専攻卒業。ポーランド政府給費留学生として、ワルシャワショパンアカデミー研究課程修了。ベラ・シキピアノコンクール第1位最優秀賞受賞。シドニーを中心に11都市で演奏会を行う。日本では、イイノホールでデビューの後、日本ショパン協会例会「ポロネーズの系譜」、シマノフスキ協会例会、ポーランド建国40周年記念式典、ヤマハ新春リサイタル、東京、千葉、横浜、佐倉、佐原、取手などでソリストとしてリサイタルを重ね、高い評価を受けてきた。ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉とモーツァルトの協奏曲を共演、またピアノトリオなど室内楽も演奏の一環としている。 海外では、'97年8月、ポーランドショパン協会の招聘で、ショパンの生家にてリサイタル。続いてブスコ・ショパンピアノ音楽祭に招聘。スープスク、ラジオ・グダニスクでマズルカ演奏など、毎年ポーランド各地で演奏している。ドイツ・バンベルグの2000年ニューイヤーコンサートでモーツァルトの協奏曲を協演。ショパン作品の公開講座も行っており、三善 晃ピアノメソードMiyoshi-net運営委員、千葉市美術館さや堂ホール、コンサートサロンMUSEでコンサートシリーズのプロデュース、千葉市音楽協会理事など多岐にわたる活動を展開している。現在、桐朋学園大学音楽部非常勤講師。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
情報はございません
受講者の声(セミナーレポートより)
Miyoshi ピアノ・メソード 指導法講座 2018 in 表参道 第2回(全3回)   開催:2018-07-11 会場:カワイ表参道コンサートサロンパウゼ(東京)

ピアノを習い始めた時から、音の出し方を学んでいくことの大切さをあらためて感じました。f ・・・身体の中からエネルギーをどのように出すか、感じること。短調の第6音第7音、和声は旋律的音階の違い、ニュアンスの違いをあらためて感じました。ペダルのこともあらためて学ばされました。ありがとうございました。

Miyoshi ピアノ・メソード 指導法講座 2018 in 表参道 第2回(全3回)   開催:2018-07-11 会場:カワイ表参道コンサートサロンパウゼ(東京)

私は、レッスンでは第3、4巻だけを使っています。そのため第5巻は全く初めてでした。とても素敵な曲が多いことを知り、時間を取って一度見直してみたいと思いました。子供たちは「ミヨシは難しい」と声を揃えて言うため、レッスンでは楽譜通りに弾かせることを優先してしまうのですが、やはり今日お二人の先生の演奏のように曲想や響きにもっとこだわって教えたいなと思いました。とても勉強になりました。ありがとうございました。

Miyoshi ピアノ・メソード 指導法講座 2018 in 表参道 第2回(全3回)   開催:2018-07-11 会場:カワイ表参道コンサートサロンパウゼ(東京)

毎年、生徒たちをコンクール(ピティナ)に出していると、「本当にこのままの指導法でよいのか」「本来良い音とは」「良い奏法とは」などなど、基礎から見つめ直したくなり、前から気になっていた三善先生のメソードを学ぼうと思い今回の講座を申し込みました。テキストを手に取っただけでは分かりづらい部分を各巻ごとに、ねらい、使い方をレクチャーしていただけるので、とても学び甲斐があります。できましたら、もっと具体的な例として、途中まで別教材で育った生徒への使い方や、他のテキストの差し込み方など実際に使用されている先生方からお聴きできたらとても参考になります。

Miyoshiピアノ・メソード指導法講座 ・動くこと、それが音楽。 開催:2017-09-13 会場:カワイ表参道コンサートサロンパウゼ(東京)

指の練習がハノンのような単調な感じでなく、美しく音楽的なこと、ペダルの練習曲もハーモニーが美しいことに感動し、ぜひ使いたいと思いました。今後もこの講座に参加したいと思います。

Miyoshiピアノ・メソード指導法講座 ・動くこと、それが音楽。 開催:2017-09-13 会場:カワイ表参道コンサートサロンパウゼ(東京)

楠本先生ならではの視点から曲の解説をして頂き、とても納得できました。そして中川先生との連弾演奏もとても素晴らしく、わたし自信も弾いてみたくなりました。同じ曲でもテンポを変えることで曲のイメージが変わることもよく分かり、三善作品だとなおさらテンポが重要だということも理解しました。

Miyoshiピアノ・メソード指導法講座 ・動くこと、それが音楽。 開催:2017-09-13 会場:カワイ表参道コンサートサロンパウゼ(東京)

今回の、静と動の対比はとてもわかりやすかったです。特に動物シリーズのところでは、今まで「何となく」だったイメージが、「くっきり」したものに変わりました。能動性-受動性、そのあとの直線-曲線、曲へのアプローチ、理解、指導にピタッとはまる言葉でした。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー