山本 美芽(やまもと みめ)先生
プロフィール

音楽ライター、ピアノ教本研究家。東京学芸大学大学院教育学研究科音楽教育専攻修了。中学校(音楽)、養護学校にて教諭と勤務したのち、執筆活動をはじめる。ピアノ指導者としても大学在学中から現在までレッスンを行う。「ムジカノーヴァ」「ジャズジャパン」等の音楽専門誌にて、国内外の一流アーティストに多数取材。「もっと知りたいピアノ教本」(大半を執筆、音楽之友社)「21世紀へのチェルニー」(単著、ショパン)などを執筆、ピアノ教本についての研究をライフワークとして続ける。中村菊子「レッスンのハンドブック」の中で一部を取材執筆、呉暁「練習しないで上達する」において文章作成などを担当し、多くのピアノ教本の著者・訳者に直接取材した経験を持つ。  2006年―2010年の間、夫の転勤のためアメリカ・カリフォルニア州在住。カリフォルニア州立シエラカレッジにて単位取得。アメリカのピアノ教本事情を研究。帰国後、2013年より著書「自分の音、聴いてる?」(春秋社)をテーマにしたセミナー、また音楽指導者のためのライティングセミナーを全国各地で行う。音楽教育学の知識と、音楽ライターとしてプロの音楽家・教育者との膨大なインタビュー経験、自分自身のピアノ指導・子育て経験、ピアノ学習、全国のピアノ指導者との密接な交流から得た現場発の問題点など、理論と実践を融合しながらピアノ教育が進むべき道を先導している。  2012年よりピアノを多喜靖美氏に師事。室内楽を多喜靖美、松本裕子の両氏に師事。2015年より「ピアノ教本、かしこく選ぼう」セミナーを全国で行う。あわせて指導者向けの「ライティングセミナー」、参加者が実際に弾き合いながら学ぶ「ひきあいセミナー」なども開催中。オフィシャルサイト http://www.mimeyama.com

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
情報はございません
受講者の声(セミナーレポートより)
もっと知りたい! ピアノ教本 ~歴史と特徴~ 開催:2018-05-21 会場:銀座山野楽器 本店7F イベントスペースJamSpot(東京)

今までいろいろ迷ったり何かもやっとしていたことが明確になり、今後の教材選びが楽しみになりました。使う使わないではなく、自分の知識を増やし、より楽しいレッスンができるようにいろんな楽譜を勉強することの大切さを改めて感じました。

もっと知りたい! ピアノ教本 ~歴史と特徴~ 開催:2018-05-21 会場:銀座山野楽器 本店7F イベントスペースJamSpot(東京)

プレリーディングにもう少し目を向けてみようと思いました。常に柔軟に新しい感覚を取り入れていきたいと思いました。大変分かりやすいセミナーでした。

もっと知りたい! ピアノ教本 ~歴史と特徴~ 開催:2018-05-21 会場:銀座山野楽器 本店7F イベントスペースJamSpot(東京)

教本の歴史や特徴を知ることができて、その成り立ちや違いにとても興味を持ちました。たくさんの教材の内容を把握して引き出しを増やすことが本当に大切なのだと感じました。

もっと知りたい!ピアノ教本 ~譜読みの力を伸ばす教本~ 新学期、新しく音楽を始める生徒さんのために 開催:2018-04-17 会場:オクターヴハウス内 イベントスタジオ(東京)

ハンドサインは子供に有効なので、レッスンに取り入れてみようと思いました。また、音名読みを完全にさせてから、音程読みをさせないといけないのだなと思いました。その子によって得意なことは様々なので、しっかり伸ばしていきたいなと思いました。

もっと知りたい!ピアノ教本 ~譜読みの力を伸ばす教本~ 新学期、新しく音楽を始める生徒さんのために 開催:2018-04-17 会場:オクターヴハウス内 イベントスタジオ(東京)

相対的な譜読みを徹底付、しっかり段取りを組み、丁寧且つ根気良く生徒達と向き合っていこうと改めて強く感じました。小学校の音楽の教科書には正直目を留めたこともありませんでしたが、拝見すると発達段階に添って工夫されているのだなと目からウロコでした。

もっと知りたい!ピアノ教本 ~譜読みの力を伸ばす教本~ 新学期、新しく音楽を始める生徒さんのために 開催:2018-04-17 会場:オクターヴハウス内 イベントスタジオ(東京)

中身の濃い2時間、「専門教育として教えるか、学校教育の補習として教えるのか、大衆の啓蒙としてなのか」のお言葉が特に心に響きました。私は音大出身ではないので、昔ながらの自分が習った方法にこだわってきたわけでもないのですが、それでも絶対的譜読み重視、頭が固かったなぁと感じました。

シンポジウム ピアノ指導者のための保護者対応 開催:2017-09-14 会場:カワイ横浜「プラージュ」(神奈川)

コンクールは、上手に使えば大きく成長できる場だと実感していますが、その前に「出る」決断をして頂けない過程が多いことが私の現在の悩みです。が、入会時からの保護者とのお付き合いや家庭での練習の習慣づけの先にコンクールがあるのかな…と気づきました。

シンポジウム ピアノ指導者のための保護者対応 開催:2017-09-14 会場:カワイ横浜「プラージュ」(神奈川)

ほとんどのレッスンでは、見学しないほうが気楽にレッスンできるので、親は見学しません。自分から歩み寄って働きかけていこうと思いました。

シンポジウム ピアノ指導者のための保護者対応 開催:2017-09-14 会場:カワイ横浜「プラージュ」(神奈川)

保護者の方々に対する声がえの例えを沢山聞かせて頂き、参考になりました。自分の未熟さが浮き彫りとなり、今後の目標も出来ました。

もっと知りたい!ピアノ教本 -歴史と特徴- 開催:2017-06-23 会場:カワイミュージックショップ仙台(宮城)

ロシア奏法の3指の導入とペース目ドットのクラスター奏法は共に音質のコントロールの為とわかりました。導入時は譜読みを教えたいので、少し使いづらいですが、知識として知ることができてよかったです。

もっと知りたい!ピアノ教本 -歴史と特徴- 開催:2017-06-23 会場:カワイミュージックショップ仙台(宮城)

教材の特色を簡潔に説明して頂き、新たな発見や、今まで以上の教材に興味を持つことができ、笑いもあり、楽しいセミナーでした。

ピアノ教本、かしこく選ぼう -教本の乗り換え- ~ピアノひけるよジュニア を例に~ 開催:2017-05-01 会場:楽器センター金沢(石川)

「現場の先生の対応が大事」というニュアンスの言葉が心に残りました。生徒の能力は一人一人違う中で、得意なことも苦手なことも違う子たちにどういう教本を与えればいいのかとても悩む毎日です。 でもまず教本の特徴を知って内容がわかれば教本の併用もありなんだと勉強になりました。

ピアノ教本、かしこく選ぼう -教本の乗り換え- ~ピアノひけるよジュニア を例に~ 開催:2017-05-01 会場:楽器センター金沢(石川)

世の中にはいろいろなタイプの教本があり、いろいろな進め方のタイプがあります。それが山本先生のお話の中でまとめて聴くことが出来て、勉強になりました。 勉強することそれは、教本を弾くこと!うたは家へ帰ってからの練習のガイド!その教本をどのように使うかは現場の先生にかかっているとの言葉も心に残りました。

シンポジウム ピアノ教本、使いこなそう 第3回 開催:2017-04-21 会場:カワイ横浜「プラージュ」(神奈川)

生徒の状況をみてカードやグッズ・テキストに色々なパターンを準備して使用するところは本当に神ワザですね。全体的に簡潔でまとめられた内容になっていて勉強になりました。

シンポジウム ピアノ教本、使いこなそう 第3回 開催:2017-04-21 会場:カワイ横浜「プラージュ」(神奈川)

三輪先生も古内先生も子供だけでなくお母様にも安心していただけるようにお話されていて「任せられる頼りになる先生」とお母様も信頼が厚いであろうご様子が伺われました。

音楽指導者のための1日カンヅメ ライティング セミナー -保護者目線で伝える力- 開催:2017-03-05 会場:名古屋国際センター 会議室(愛知)

要約するのは、かなり難しい作業でした。ここかな?と思ってもそこから文章を短く形にすることは本当に頭を使いました。一日、長いと思っていましたが、時間はあっという間にすぎていきました。ありがとうございました。

音楽指導者のための1日カンヅメ ライティング セミナー -保護者目線で伝える力- 開催:2017-03-05 会場:名古屋国際センター 会議室(愛知)

保護者目線でブログを書くために、before/afterなど、具体的に書くことが大切。「うちの子でも、良くなりそう」という読者目線が大切。ブログを書く時に、常に意識したいです。教室のキャッチフレーズも考えることで、自分の軸を見つけられました。「羊と鋼の森」も、セミナーに参加するために読むことが出来て良かったです。文科省学習指導要領は、初めて読みました。具体化してブログ等に活用していこうと思います。今日は長い時間ありがとうございました。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー