ルイ レーリンク()先生
プロフィール

※現在、都合により演奏音源の配信を停止中です。再開時期は未定となっております。何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。  オランダ出身。祖父は作曲家・指揮者兼ピアニスト。7歳からピアノを始め、15歳で音楽院入学。F・マインダース氏に師事。オーケストラと初共演を果たし1989年よりアムステルダム・スヴェ-リンク音学院に於いてD・デシェンヌ氏、日本でもマスタークラス、国際コンクール審査などでお馴染みのW・ブロンズ氏、V.マルグリス氏に師事する。1995年、同音楽院卒業と同時に演奏家コースへ進み、オランダ国内、スイス、ドイツなどでソロ、アンサンブル演奏活動。アムステルダム市立教会専属ピアニストを経て、1996年音楽活動の為、日本に移住。「肩の凝らないクラシック」をモットーに北海道から九州まで、各地で通常のコンサートから学校や施設のコンサート、香港等海外でも公演。 九州交響楽団との共演、TBSテレビ、NHKテレビ、NHK-BS、FMラジオ局 などに出演。2000年、人気のゲームソフト「ファイナルファンタジー」のピアノ版CD「ピアノコレクションズIX/ファイナル・ファンタジー(植松伸夫作曲・浜口史郎編曲)」全14曲の演奏と楽譜監修を務める。「クラシック音楽家らしい力強い打鍵と粒立ちのよい音を持ったプレイヤー」「思った 以上に聴き応えのある アルバム」(CDジャーナル1月20日号より)と評される。2002年1月、CD「夢」をリリース、銘器ベヒシュタインでこだわりの 響きを聴かせている。日本各地で個人/公開レッスンや音楽講座を行い、ピアノ・音楽指導にも意欲的である。2005年7月より全日本ピアノ指導者協会「ピティナ」のホームページ上でエッセー「ルイのピアノ生活」を連載をスタートし、演奏ビデオと共に隔週公開している。 NHK/BSテレビ「ハローニッポン」、「出会い地球人」 TBSテレビ「ネイバリー」、TBSラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」他出演。 新聞・雑誌の記事:ムジカ・ノーヴァ、月刊ピアノ、ショパン、CDジャーナル、朝日新聞、読売新聞、産経新聞、 オランダの雑誌など。2007年、ベヒシュタインとプレエル、ピアノ2台の弾き比べCD「夢のあとに」をリリース、また秋篠宮両殿下ご臨席のもと演奏を行う。現在、洗足学園音楽大学非常勤講師、洗足学園高等学校音楽科講師として、演奏法 、特別演奏法、ピアノレッスンを受け持つ。全日本ピアノ指導者協会正会員、2006&2008年東京芸術センターピアノコンクール審査員。ムジカ・フマーナピアノスクール主宰。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
2018-01-29 東京 ピアノ指導者のための ルイ・レーリンク ピアノ特別レッスン -ショパン ワルツとノクターン- 第1回 詳細
2018-02-05 東京 ピアノ指導者のための ルイ・レーリンク ピアノ特別レッスン -ショパン ワルツとノクターン- 第2回 詳細
2018-02-19 東京 ピアノ指導者のための ルイ・レーリンク ピアノ特別レッスン -ショパン ワルツとノクターン- 第3回 詳細
2018-03-05 東京 ピアノ指導者のための ルイ・レーリンク ピアノ特別レッスン -ショパン ワルツとノクターン- 第4回 詳細
2018-03-19 東京 ピアノ指導者のための ルイ・レーリンク ピアノ特別レッスン -ショパン ワルツとノクターン- 第5回 詳細
2018-04-02 東京 ピアノ指導者のための ルイ・レーリンク ピアノ特別レッスン -ショパン ワルツとノクターン- 仕上げ発表 詳細
受講者の声(セミナーレポートより)
ピアノ指導者の為の ルイ・レーリンク ピアノ特別レッスン 第3回 開催:2017-10-02 会場:スガナミ楽器町田店2Fハーモニーホール(東京)

8つの項目について話がありました。特にレガートの弾き方が音楽的に弾けると他の項目のことも解決するのではないかと思いました。弾きたいように弾けばいいが沢山勉強した上で、と言われたのが印象的でした。

ピアノ指導者の為の ルイ・レーリンク ピアノ特別レッスン 第3回 開催:2017-10-02 会場:スガナミ楽器町田店2Fハーモニーホール(東京)

最終的には、様々な音楽を聴き、勉強、研究をした上で自分の表現したいことを思い切り音楽に表すことが大切というところに非常に感銘を受けました。

ピアノ指導者の為の ルイ・レーリンク ピアノ特別レッスン 第3回 開催:2017-10-02 会場:スガナミ楽器町田店2Fハーモニーホール(東京)

ピアノを演奏する上で大切な8項目をご提示下さり、それらに気を付けながら日々練習することが大切との話が大変参考になりました。早速、生徒のレッスンでも自分の練習でも実践していきたいと思います。

ピアノ指導者の為の ルイ・レーリンク ピアノ特別レッスン 第2回 開催:2017-09-11 会場:スガナミ楽器町田店2Fハーモニーホール(東京)

具体的な指の使い方をご指導いただき、それが音で聞くとより一層リアルに分かり、とても良い聴講でした。ピアノの音がこんなに弾き方、ココロの持ち方1つで変わること、実感できました。

ピアノ指導者の為の ルイ・レーリンク ピアノ特別レッスン 第2回 開催:2017-09-11 会場:スガナミ楽器町田店2Fハーモニーホール(東京)

レガートの練習方法がよく分かり、大変助かりました。一言も聴き逃したくないほど、先生のお話は内容が濃くて素晴らしく、ひとつひとつが大変勉強になります。弦楽器の演奏を参考にするというのも、大変参考になりました。

ピアノ指導者の為の ルイ・レーリンク ピアノ特別レッスン 第2回 開催:2017-09-11 会場:スガナミ楽器町田店2Fハーモニーホール(東京)

音楽をスタンダードに表現するより、芸術は自分のスタイル、考えを表現することが大事であるという先生の言葉、自分が演奏する時に自分の殻をやぶって音楽を表現できるように心がけて演奏していきたいと思いました。

ピアノ指導者の為の ルイ・レーリンク ピアノ特別レッスン 第1回 開催:2017-09-04 会場:スガナミ楽器町田店2Fハーモニーホール(東京)

レガートに演奏するためのエクササイズは是非やってみたいと思います。日頃から脱力(やわらかい手首の動き)の指導は難しく感じていました。インヴェンションがこんなに甘く美しい演奏になるのに驚きましたが、早く帰って弾きたくなりました。”味わう”楽しさを生徒さんたちにも伝えていけるように努めたいと思います。

ピアノ指導者の為の ルイ・レーリンク ピアノ特別レッスン 第1回 開催:2017-09-04 会場:スガナミ楽器町田店2Fハーモニーホール(東京)

幼少の頃、指導されたバッハの奏法とは全く違うものでとても興味ぶかかったです。音楽を感じ、音にする。音を聴く、普段から木にしていたことですが、先生のお言葉で心にしみました。

ピアノ指導者の為の ルイ・レーリンク ピアノ特別レッスン 第1回 開催:2017-09-04 会場:スガナミ楽器町田店2Fハーモニーホール(東京)

ロマン派の曲は自分の感情を曲に表している。バロックは人間の道徳、聖書や絵からインスピレーションを受けている、というお話があり、今後念頭に置いて演奏したいと思います。

ピアノ指導者の為の ルイ・レーリンク ピアノ特別レッスン 第1回 開催:2017-09-04 会場:スガナミ楽器町田店2Fハーモニーホール(東京)

バッハを生徒に弾かせる際に、これまで以上にカンタービレ、レガートに意識をおいて指導したいと思いました。レッスンで「味わって」という言葉を何気なく使っていましたが、シェフのように味わうとイメージすると子どもにも分かりやすいと思いましたので今後そのように伝えてみようと思います。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー