橋本 晃一(はしもと こういち)先生
プロフィール

はしもと こういち◎東京芸術大学音楽学部作曲科卒。作曲を長谷川良夫、北村昭、ピアノを岩崎操の各氏に師事。卒業後、スタジオ・レコーディング、楽譜出版などの作・編曲に携わりながら、その体験で得たポピュラー音楽のエッセンスをピアノ教育に生かすべく多数の教則本・曲集を執筆。日本音楽著作権協会会員。ステップ<教則本課題曲>には、「おとなのためのピアノ教本1~3」「ピアノひけるよ!ジュニア1~3」が、<ポピュラー課題曲>には「やっぱりすき!ピアノ教本」「こどもだってジャズ&ロック」「ポピュラー・ピアノ・アルバム」(いずれもドレミ楽譜出版社刊)などから多数選出されている。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
情報はございません
受講者の声(セミナーレポートより)
橋本晃一ピアノ・メソッド活用法 ―こどものレッスンのために― 開催:2016-11-17 会場:カワイ梅田 コンサートサロン“ジュエ”(大阪)

日頃、多くの生徒に教材として使わせて頂いています。橋本先生ご本人に教材への色々な目的やその後の応用の話が聞けてとても充実した講座でした。ブルグミュラーに楽しくたどり着けるのがこのシリーズの特徴だと思います。本日の講座を聞き、ブルグミュラー以降の子供たちに、もっと、ジャズ・ロック・ポピュラーのリズム感、伴奏の形などを紹介してあげたいなと思いました。メロディーラインはかんたんでとても素敵な伴奏を合わせることで小さな子供たちがピアノの響きを楽しめる所が大好きです。テクニックに合うレベルで教材をセレクトしてクラシックだけでなくいろいろなジャンルに出会えるよう、指導スキルを身につけたいと思います。

橋本晃一ピアノ・メソッド活用法 ―こどものレッスンのために― 開催:2016-11-17 会場:カワイ梅田 コンサートサロン“ジュエ”(大阪)

「ピアノひけるよ!ジュニア」のシリーズを幼児の生徒さん導入によく使っています。今日のお話を聴いてあらためて教材のポイント、指導のポイントが見えた気がします。他の先生の教材でも気になるものがたくさん出てきました。いつもどうしてもワンパターンな教材選び、クラシックなものを…と考えてしまいがちだったのですが、子どもの歌、アニメ曲、ジャズ&ロックなどでもいろんな要素をふくんでいるという発見。先生の演奏を聴いていて、この曲はあの子に弾かせてあげたい!この本はあの子に使いたい!とワクワクしながらイメージできました。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー