安倍 美穂(あべ みほ)先生
プロフィール

大阪音楽大学卒業、同大学院ピアノ科修了。ピアノを沖田静子、平井丈二郎、安川加寿子、V.マルグリス各氏に、リトミック、即興演奏を馬淵明彦氏、チェンバロを鴨川華子氏に師事。またオペラ伴奏をS.マストランジェロ氏に師事、オペラ公演、オペラ講座のアシスタントを多く務める。ピティナステップトークコンサートを全国各地で展開。作曲家としては、こどものためのピアノ曲集「なにしてあそぶ?」(カワイ出版)、「発表会に長くてかっこいい曲を弾こうシリーズ」「プレリーディングおもしろ伴奏集」(ピティナミュッセ)他出版作品多数。ピアノ専門誌「ムジカ・ノーヴァ」に「ポピュラーピアノ for Kids 」を連載。ピティナ新曲課題曲賞受賞5回。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
情報はございません
受講者の声(セミナーレポートより)
ピアノレッスンとっておきレシピ」 ~なにはなくとも楽しいレッスン~ 開催:2018-09-13 会場:国立音楽大学 A.I.スタジオ(東京)

レッスン導入のおうたから始まり、指や体全体を使ったレッスン活用アイディア満載の講座でした。具体的にバスティンプレリーディング集を使った伴奏案や、プロローグを用いたアラベスクへのイメージ付け、言葉をつけることによってフレーズ感覚を身に付けさせるソナチネなど、レッスンに取り入れやすいものばかりでした。おもしろエチュードに関しては、調性の勉強が知っている曲で学べるので、とても樂しかったです。

ピアノレッスンとっておきレシピ」 ~なにはなくとも楽しいレッスン~ 開催:2018-09-13 会場:国立音楽大学 A.I.スタジオ(東京)

楽しいアイデアがたくさん経験できて、とても参考になりました。理論や奏法、即興が表現に直接繋がっていて…なにより「自由」で子供達の心を開放してあがられるレッスンだと思いました!子供達が家でもピアノに向かいたくなる、音楽に溢れたレッスンになりそうです。あくまでも子供の目線に立ったレッスン。この気持ちを忘れずにいきたいです。

ピアノレッスンとっておきレシピ」 ~なにはなくとも楽しいレッスン~ 開催:2018-09-13 会場:国立音楽大学 A.I.スタジオ(東京)

とても楽しい体感して教える指導法には、驚かされることが多かったです。空想を表現してもらってからブルグミュラーやソナチネを弾いてもらうと、そのような光景が目に浮かんできました。楽しいです。コードを生徒にいあまり伝えていないので、今日のレッスンから少しずつ取り入れて活用していけたらと思います。

「表現」と「テクニック」の同時進行 こどものためのピアノ曲集「なにしてあそぶ?」で楽しいレッスン 開催:2017-10-23 会場:日響楽器 池下店2Fホール(愛知)

2時間の講座があっという間で先生のお話をお聴きしながら私自身が物語、その中の人物になりきった感じですごく引きこまれていきました。分かりやすいお言葉「じゃん けん ぽん!」のあとの緊張感などは早速使っていきたいです。先生のお話のされ方、とても分かりやすくワクワク!へぇ、そっか...など気持ちも一緒に一喜一憂でき私もそういった話を子どもに向けできるように!心がけて参りたいと思いました。ありがとうございました!

「表現」と「テクニック」の同時進行 こどものためのピアノ曲集「なにしてあそぶ?」で楽しいレッスン 開催:2017-10-23 会場:日響楽器 池下店2Fホール(愛知)

今まで楽譜にこう書いてあるからこうやって弾いて!と子どもたちに言ってきたのですが、安倍先生の想像力豊かでやわらかな語り口で本当にピアノで遊びながら弾いているような気になりました。ただの3つの和音が並んでいるだけでも、ジャンケンポンのように言葉を当てはめたり、休符にチーン...という音を入れたり子どもがつまづきそうなところを分かり易く解説して下さって、とても勉強になりました。6/8と書かれていたら“揺れるように”という頭になっていたのですが、語り手である、描写である、とお話されて、そういう表現もあるのか!と驚いたのと、その方が曲の感じに合っている!と発見できました。子供たちと話し合いながら想像力豊かなレッスンをしていきたいです。

「表現」と「テクニック」の同時進行 こどものためのピアノ曲集「なにしてあそぶ?」で楽しいレッスン 開催:2017-10-23 会場:日響楽器 池下店2Fホール(愛知)

最初にお話いただいた即興についてとても興味がわきました。僕自身リトミックや即興を全くやらずにきたので、こんなにも少ない音やリズムの変化で曲を作ることができて驚きでした。教会旋法はとてもかたくて触れられない難しいものだと思っていましたが、ひょうきん(ミクソリディア)、かっこよくするときはこの旋法など聞いてとても面白かったです。気持ち、情景(描写)、ブランコ(サビてる音)の表現がお話聞きながら凄く伝わり、曲ってこんな風に考えられていて、生徒と一緒に使いたいと思いました。本当にセミナーを受けていて1曲1曲のストーリーが面白く、即興(曲の骨組)についてや為になることが多くあっという間の時間でした。ありがとうございました。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー