菅原 望(すがわら のぞむ)先生
プロフィール

宮城県出身。東京芸術大学、同大学院修了。同声会賞、芸大クラヴィーア賞、アカンサス音楽賞を受賞。ハンガリー国立リスト・フェレンツ音楽院One year Piano Soloist Courseディプロマ取得。 第8回ショパン国際ピアノコンクールin Asia銀賞、第1回横浜国際音楽コンクール第2位、第8回大阪国際音楽コンクール第3位、第52回全東北ピアノコンクール第2位、ピティナ・ピアノコンペティションにおいて、第31回連弾部門最優秀賞、第36回ピティナ特級グランプリ受賞。国内各地、ハンガリー、オーストリア、ポーランドの音楽祭や演奏会に出演。パスカル・ヴェロ、山田和樹、山下一史各氏指揮の仙台フィル、ダグラス・ボストック指揮芸大フィルハーモニア、岩村力指揮東京フィル、宮本文昭指揮東京シティ・フィル等と共演。ショパンワルシャワ音楽院講習会にてピオトル・パレチニに師事。 これまでに伊東ゆかり、大石祥之、手塚真人、尾形牧子、赤松林太郎、角野裕各氏に師事。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
2019-07-12 東京 パーフェクトセミナープラス2019 第5回 ブルグミュラーに繋がる選りすぐりテクニックとは ~ブルグミュラーで何を、どう教えたらいい?~ (全8回) 詳細
受講者の声(セミナーレポートより)
ブルグミュラーコンクール 2018説明会 ~講師による課題曲演奏付き~ 開催:2018-05-18 会場:福島市音楽堂 小ホール(福島)

とても勉強になりました。レッスンに身近な楽曲のコンクールは、生徒さんに勧めやすいし、とても学びの場になると思います。。また、今回は菅原先生の演奏が素晴らしく、演奏後ボーッとしてしまう感じでした。演奏前の呼吸、楽曲途中の調性が変わるときに一呼吸置くこと、表現が多様で、sf までのクレッシェンドの演奏がその弾き方によって、徐々にクレッシェンドか、そのすぐ前にほんの少しクレッシェンドするかは、とても興味深く拝聴できました。ありがとうございました。

ブルグミュラーコンクール 2018説明会 ~講師による課題曲演奏付き~ 開催:2018-05-18 会場:福島市音楽堂 小ホール(福島)

生徒さんはブルグミュラーが大好きです。指導者としていろんな角度を持って、勉強したいと思います。菅原先生の説明、丁寧でもっと聞きたかったです。

ブルグミュラーコンクール 2018説明会 ~講師による課題曲演奏付き~ 開催:2018-05-18 会場:福島市音楽堂 小ホール(福島)

曲の解釈だけでなく、演奏するときにとても役に立つポイントをありがとうございました。特に指を前に動かすと明るいひびく音、手前にもってくるとやわらかい音、直角に入れると澄んだ音、というポイントはとてもよくわかりました。レッスンに役立てたいと思います。ありがとうございました。

2018年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2018-04-04 会場:武蔵野スイングホール(東京)

先生ご自身の演奏家としての視点から沢山アドバイスをしてくださり、大変勉強になりました。アドバイスの表現が豊富で素晴らしかったです。先生のピアノの音色もとても素敵でファンになりました。

2018年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2018-04-04 会場:武蔵野スイングホール(東京)

菅原先生の温かさが伝わってくるレッスンでした。C級の子の難しい音作り、飛翔やまぼろしの騎士の音のイメージの作り方は非常に参考になりました。また、生徒さんへのお声掛けがとても素晴らしいので大変参考になる公開レッスンでした。

2018年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2018-04-04 会場:武蔵野スイングホール(東京)

曲に合うテンションで演奏すること、強弱はただ強くしたり弱くしたりするだけではなく距離感で表現することもあるということ、が大事だと思いました。アドバイスにより「飛翔」を弾いた受講生の音の響きが良くなったのが印象的でした。

2017年度 コンペ課題曲企画 課題曲公開レッスン ~ピティナコンペティションA1級、B級、C級の課題曲と中心に~ 開催:2017-05-21 会場:カワイミュージックショップ仙台 4Fホール(宮城)

自宅で練習する際に、技法の練習ばかりでなく、曲の解釈を並行してきちんと行うことの大切さを改めて思いました。これからの練習方法を少し変えてみようと思います。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー