高橋 多佳子(たかはし たかこ)先生
プロフィール

1990年第12回ショパン国際ピアノ・コンクールで第5位に入賞し、一躍楽壇に飛び出したピア二スト。ショパン国際コンクールのほか、ポルト国際コンクール(ポルトガル)第2位および現代音楽最優秀演奏賞、ラジヴィーウ国際コンクール(ポーランド)第1位、第22回日本ショパン協会賞受賞など、輝かしい受賞歴を有する。 桐朋学園大学音楽学部卒業、国立ワルシャワ・ショパン音楽院研究科を最優秀で修了。 加藤伸佳、J.エキエル、下田幸二の各氏に師事。またV.メルジャノフ、H.チェルニー=ステファンスカ等の名ピアニストからも薫陶を受けた。現在、桐朋学園大学非常勤講師。 ソロ・リサイタルやオーケストラとの共演など、演奏活動は日本とポーランドを拠点にほぼ全ヨーロッパに及ぶ。世界の著名な国際音楽祭にも多数出演。オーケストラとの共演は国立ワルシャワ・フィルをはじめ各国にわたり、日本では東京響、東京都響、東京フィル、日本フィル、新日本フィル、神奈川フィル、大阪センチュリー、札幌響、京都市響、アンサンブル金沢、名古屋フィル、仙台フィル、山形響、群馬響、九州響、広島響、中部フィル等の主要オーケストラと数多く共演している。  すでに19枚のCDをリリースし、殊に《ショパンの旅路》(全6タイトル)、《ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ 第2番&ムソルグスキー:展覧会の絵》、 《リサイタル「ショパン with フレンズ」~奇跡の年~》は、“レコード芸術誌特選盤”となる。2006年からはソロ活動に加え、宮谷理香とのピアノデュオ・ユニット「Duo Grace」を結成。CD《グレイス》、《ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ/サン=サーンス:動物の謝肉祭》は共にレコード芸術誌特選盤”に選ばれた。2010年3月より浜離宮朝日ホールにて全4回に亘る《ショパンwithフレンズ》~奇跡の年~シリーズを開催、各会ともに優れた企画と高い音楽性で絶賛を博した。2014年10月からは主要ソナタをプログラムの中心に据えた《名曲達の饗宴》シリーズを開催、また《茂木大輔の生で聴く「のだめカンタービレ」の音楽会》全国ツアーに参加するなど、ますます意欲的な活動を展開している。  公式ブログ http://yaplog.jp/takaland/

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
情報はございません
受講者の声(セミナーレポートより)
ショパン作品のレッスンへの取り入れ方 パートⅢ ~マズルカ・ピアノ協奏曲編~ 開催:2018-03-08 会場:マツヤマ楽器 スタジオM(愛媛)

はずかしながら、音大卒とかではなく、ピアノを教えている身分で大変恐縮です。高校3年生まで習っていましたが、マズルカの本さえ持っていなくて、今回を機会に楽譜を買った次第です。マズルカの世界観も知らず、セミナーに参加させていただきましたが、6番からの世界観、59番の人生のピーク、集大成みたいな。楽譜と先生の説明と演奏で、グッと2時間で、マズルカの世界に引き込まれました。まだまだ生徒にマズルカをなんて思っていましたが、短く、少し弾きやすい曲を弾かせてあげるのも良いかなと思いました。その前に自分も弾いてみないといけませんが。リトミックを(年少)教えているのでマズルカの曲で自由に踊らせてみるのもおもしろそうと思いました。からだで感じるって大切ですよね(笑)

ショパン作品のレッスンへの取り入れ方 パートⅢ ~マズルカ・ピアノ協奏曲編~ 開催:2018-03-08 会場:マツヤマ楽器 スタジオM(愛媛)

ショパンのマズルカは私にとって忘れられない想い出の作品である。学生の頃ピティナコンペの課題曲となりp50を演奏。それがきっかけで大学の卒業論文のテーマに選んだ。当時寝ても覚めても、ショパンのマズルカと向き合っていた。そんな日々を思い出す。高橋先生の演奏を聴きながらよみがえってきたマズルカは、ショパンの生涯が投影された、ショパン作品を理解する上で必要な全ての要素が含まれた作品であると改めて感じた。先生のショパンの作曲語法の解説は和声の移り変わりなどいつも非常に分かりやすい表現で、手に取るようにショパンの世界を理解することができる。いつも先生の演奏はショパンのふるさとポーランドの情景が浮かんでくる。私もすぐにでもマズルカの楽譜を手に、ショパンの世界をめぐりたい。

ショパン作品のレッスンへの取り入れ方 パートⅢ ~マズルカ・ピアノ協奏曲編~ 開催:2018-03-08 会場:マツヤマ楽器 スタジオM(愛媛)

マズルカはとても民族的であると認識しました。きっとポーランドの風土や生活様式をよく理解することが何より大事かも!と。日本の民謡と近いものを感じます(祭りや豊作を祈るものであったり・・)。憂いを感じるところも似ていますね。踊りをともなうところも似ている・・。そしてそのマズルカ(幼い頃から身体に入っている)を愛していたショパン。こんなことを想うと、またいろいろなショパンの曲を聴いたり弾いたりしてみたいです!

ショパン作品のレッスンへの取り入れ方 パートII  ~ワルツ・ポロネーズ編~ 開催:2017-10-05 会場:マツヤマ楽器 スタジオM(愛媛)

作品をひもとくうえで時代背景を知ることはとても大切ということを痛感致しました。先生のわかりやすい解説でショパンの奥深さを身近に感じることが出来ました。英雄ポロネーズでは、感極まり涙が出そうでした。

ショパン作品のレッスンへの取り入れ方 パートII  ~ワルツ・ポロネーズ編~ 開催:2017-10-05 会場:マツヤマ楽器 スタジオM(愛媛)

楽譜の読み方が、音符や記号だけでなく和声の変化や、楽器に置き換えて(ヴァイオリンに、チェロなどに)想像して弾くことが大事、ショパンの心を考える。高橋先生の講座を聞かせて頂くと、いかに音楽が大好きで、楽譜の読み方が深いか。驚きました。

ショパン作品のレッスンへの取り入れ方 パートII  ~ワルツ・ポロネーズ編~ 開催:2017-10-05 会場:マツヤマ楽器 スタジオM(愛媛)

ショパンの作品の中でも、子供たちにレッスンで取り上げるには、ポロネーズ等は難しいと思っていたが、ショパンへのファーストコンタクトとして是非取り入れてみたいと思う、その際のレッスンのポイントも、非常に分かりやすく、自分の演奏にも活かせたらとも思う。

ショパン作品のレッスンへの取り入れ方 -初級から中・上級への導入- 開催:2017-05-22 会場:アオノホール(愛媛)

先生が解説されている時に、とてもキラキラしていたのが印象的でした。今まであまりショパンを深く勉強したことがなかったのですが、音楽を勉強していく上で、やはり基礎を固めることは大切なことだと改めて思いました。

ショパン作品のレッスンへの取り入れ方 -初級から中・上級への導入- 開催:2017-05-22 会場:アオノホール(愛媛)

歌心を教えるのはすごく難しく、今日のセミナーでは沢山のヒントを頂きました。子供に分かりやすい形で(上り坂に例え、エネルギーが要る所、音の飛躍をどのように感じて弾くのかなど)説明下さり、レッスンにも取り入れていきたいと思います。

ショパン作品のレッスンへの取り入れ方 -初級から中・上級への導入- 開催:2017-05-22 会場:アオノホール(愛媛)

改めて普段の練習の大切さを思い知りました。ハノン、チェルニー、バッハ等子どもたちは苦手ですが、やはり必要ですね。私ももう一度毎日おさらいしたいなと思いました。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー