糸数 ひとみ(いとかず ひとみ)先生
プロフィール

名古屋市立菊里高校を経て東京芸術大学音楽学部ピアノ専攻卒。在学中より名古屋、岐阜、三重などで演奏活動を行いながらソロ、アンサンブルの研鑽をつむ。名古屋芸術大学専任講師および名古屋音楽学校にて後進の指導を始める。沖縄県に移住後、沖縄県立芸術大学音楽学部開設に伴い助教授として赴任、昨年の退官までの長期にわたり学生の指導に携わってきた。現在沖縄県立芸術大学名誉教授。演奏活動において、ソロリサイタル、2台ピアノコンサート、室内楽、協奏曲コンサートなど多岐にわたる。沖縄タイムス芸術選賞大賞受賞。 ピティナ活動ではコンペティション予選~本選~全国決勝大会の審査員およびステップアドバイザーを務める。コンペティションではこれまでにA1級からG級および連弾の各級の全国決勝大会進出者を指導。指導者賞16回。沖縄支部長を務めながら積極的に会員間のコミュニケーションを図っている。現在評議員、組織委員。沖縄首里ステーション代表。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
情報はございません
受講者の声(セミナーレポートより)
2018年度 下半期ピアノ指導法 シリーズセミナー 第1回(全4回)今さらツェルニー?されどツェルニー 開催:2018-09-10 会場:日響楽器 池下店2Fホール(愛知)

チェルニーの練習曲がこんなに沢山あるというのを初めて知りました。8小節の練習曲は、短いながら、今日聴かせていただき、テクニックの練習だけでなく、調性感や表現を学ぶのにも適していて良いなと思いました。楽譜通りの強弱でも弾き方を少し変えてみたり、音数を少し増やして弾くなどの工夫もあるんだなと思いました。習い事が多くなり、練習時間が取れない生徒さん達に良いなと感じました。

2018年度 下半期ピアノ指導法 シリーズセミナー 第1回(全4回)今さらツェルニー?されどツェルニー 開催:2018-09-10 会場:日響楽器 池下店2Fホール(愛知)

チェルニーに、こんなにも調性が豊かで素敵な曲があることに驚きました。そして、テクニック別に必要なものを取り出して練習するという方法は、中学生のレッスンに取り入れてみたいと思いました。1曲の中でも違う弾き方を提示するというのも勉強になりました。今日は、チェルニーの色んな顔があるということが発見でした。素敵な演奏、講座をありがとうございました。

2018年度 下半期ピアノ指導法 シリーズセミナー 第1回(全4回)今さらツェルニー?されどツェルニー 開催:2018-09-10 会場:日響楽器 池下店2Fホール(愛知)

160番の練習曲は、短い曲なのにドラマチックであったり、かっこよかったり、ウキウキ樂しかったり…。忙しい中学生や練習曲が苦手な子に向いているなぁと思いました。調性が色々入っていて、左手をよく使う曲があるので、今日この本を勉強できてよかったです。腕や手首の使い方も勉強になりました。目標の曲に合った使い方!まさしくそうですね。テーマ別分類表もとても素晴らしいです。ありがとうござました。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー