江崎 昌子(えざき まさこ)先生
プロフィール

桐朋学園大学を卒業後、ポーランド・ワルシャワショパンアカデミー研究科修了。第6回ミロシ・マギン国際ピアノコンクール第1位(フランス)、第4回シマノフスキ国際ピアノコンクール第1位、及び最優秀シマノフスキ演奏賞(ポーランド)、第21回サレルノ国際ピアノコンクール第1位及び最優秀ドビュッシー演奏賞(イタリア)、第31回日本ショパン協会賞受賞。2010年、ポーランド政府より、外国人に贈られる文化勲章“グロリア・アルティス”を受勲。  これまでにポーランド各地のオーケストラとの協演や、モスクワ放送響、プラハ放送響、チェコフィル、ウルサン交響楽団(韓国)、東京交響楽団、新日本フィル、日本フィル、大阪フィル、山形交響楽団、名古屋交響楽団などと協演。横浜招待国際ピアノ演奏会、NHK・FMリサイタルなどにも出演。  CD録音もオクタヴィアレコードよりポーランドの作品集をはじめ、ショパンのエチュード、マズルカ、ソナタ、ノクターン、バラード&即興曲、ワルツ、小林仁編曲オーケストラ付き作品集の室内楽版、また飯森範親指揮、山形交響楽団とピアノ協奏曲第2番をリリースするなど、ショパン全曲録音を展開中。これまでにレコード芸術誌において特選盤となるなど高く評価されている。 各地でレクチャーコンサートや公開レッスン、ショパンコンクール・イン・アジアをはじめとする様々なコンクールの審査員も行っている。現在、洗足学園大学准教授。日本ショパン協会理事。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
情報はございません
受講者の声(セミナーレポートより)
ショパン バラードと小品-演奏法と解釈- 開催:2016-05-25 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

物語を語って下さるようなレクチャーでとても満ちた気持ちになりました。音色とか、弾き方とか、感覚とか、私にとっては喜びのような教えでした。以前にモーツァルトが愛したショパン、というレクチャーをチラシで見た時から、参加することを夢に思っており、今日実現出来て、ショパンについて知っていきたい気持ちと、新鮮な気持ちを頂き、感じる物が多く胸がいっぱいです。家に帰って早くピアノを弾きたい気持ちになりました。

ショパン バラードと小品-演奏法と解釈- 開催:2016-05-25 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

演奏をしながらの具体的な説明、本来ならマル秘のコツを惜しげなく話して頂き、とても参考になりました。初めての参加でしたが、素晴らしいセミナーでした。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー