多喜 靖美(たき やすみ)先生
プロフィール

桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。卒業後、ドイツ、オーストリアで研鑽を積む。チェコのマルティヌー弦楽四重奏団、ポーランドのワルシャワ・フィル=コンサートマスター、スロヴァキアのドヴォルザーク弦楽四重奏団、チェコ・フィルハーモニー六重奏団、ウィーンフィルメンバーなど国内外の著名奏者と共演。また、門下生から数多くのピアニストや国内外のコンクール入賞者を輩出し、後進育成の面でも高い評価を受けている。1993年ドイツ・ザクセン地方独日協会、1994年イギリス・イートンカレッジ、1995年イギリス・ウィットギフトスクール、2003年ドイツ・ユーゲントムジツィアットより招聘を受け生徒と共に渡欧し各地でコンサートを行う。2009年、2010年ワシントンDCで開催の『ワシントン国際ピアノフェスティバル』、2012年埼玉県秩父市で開催された『ちちぶ国際音楽祭』の教授に招聘される。大和日英基金、日本クラシック音楽協会優秀指導者賞、(社)全日本ピアノ指導者協会指導者賞、トヨタ指導者賞、特別指導者賞等を受賞。ピアノ学習者のための室内楽導入書『しつないがく・はじめの一歩』(東音企画/全5巻)『ギロック・ピアノアンサンブル』(全音出版/全3巻)を出版。また、2004年より、親しみやすい形で音楽を紹介するコンサート『多喜靖美・音楽の宝箱』を各地で展開。 演奏活動、個人レッスンの他、各種コンクールの審査、マスタークラス講師、演奏法・指導法講座や室内楽研修会講師を各地で行っている。 入野義朗音楽研究所講師、 桐朋学園大学デュオ・室内楽嘱託講師、 ピアノミュージックアカデミー講師を経て、現在、ミュージック・スタジオC特別顧問、ジャスミン音の庭室内楽クラス代表、ショパンコンクールinアジア多摩地区実行委員長、 (社)日本演奏連盟会員、一般社団法人全日本ピアノ指導者協会評議員、同協会アンサンブル国際交流委員会委員、メディア委員会委員、ジャスミンKOMAEステーション代表、プレビューアカデミー講師、昭和音楽大学院・大学院講師。 ホームページ『多喜靖美~音楽の宝箱~』 http://jasmin-ongakunotakarabako.com

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
情報はございません
受講者の声(セミナーレポートより)
コンペティション課題曲で学ぼう!遊ぼう!2018 開催:2018-03-08 会場:銀座山野楽器 本店 7FイベントスペースJamSpot(東京)

ピアノが1人で何でもできてしまう、という特性がある意味弱点でもあるということにどう向き合うか?という考え方と、メソッドとしてのアンサンブルが印象に残りました。音楽史上の4つの様式の見方は目からウロコでした!!

コンペティション課題曲で学ぼう!遊ぼう!2018 開催:2018-03-08 会場:銀座山野楽器 本店 7FイベントスペースJamSpot(東京)

音楽のキーワードについて”定義””説明””指導要点”を掘り下げ、いつも講座を楽しみにしています。課題曲演奏でチェロと演奏の後、ピアノ連弾で再演したときに、ピアノ低音部がチェロの音色に聴こえ、自分の耳が変わりました。
(いつも受講できずにいますが)”拍と拍子のセミナー”受講したいです!! ありがとうございました。

“拍子”って何?生徒に上手に説明するには…? 開催:2017-11-29 会場:カワイ横浜「プラージュ」(神奈川)

コールユーブンゲンを活用したり、先生のお考えである「強弱」でとらえないお話、etc どれもこれも説得力のある拍子のご説明でありました。「目から鱗!」という感じの内容!今日伺ったことでとても意識が変わるように思います。

“拍子”って何?生徒に上手に説明するには…? 開催:2017-11-29 会場:カワイ横浜「プラージュ」(神奈川)

2/2と4/4、3/4と3/8などの区別について、これらの拍子の曲を当たり前のように演奏をしてきたためか今更質問しづらいという思いがあり、書籍を読んでも納得のいくものが無く、知らない内にそういった疑問から何となく目をそらしてきてしまっていたので、今回先生が分かりやすく説明してくださったので、とてもありがたかったです。

“拍子”って何? 生徒に上手に説明するには…? 開催:2017-03-06 会場:ヤマハミュージック新潟店 7F スペースY(新潟)

演奏前に拍子を取ることを意識させていましたが、本来の拍子の意味が非常に奥が深い、持つ意味が違うと思いました。自分の演奏、レッスンに活かしていきたいと思います。

“拍子”って何? 生徒に上手に説明するには…? 開催:2017-03-06 会場:ヤマハミュージック新潟店 7F スペースY(新潟)

今まで引いてきた曲、また、指導している曲の拍子を見直したいと思いました。拍子をわかって演奏するとぜんぜん違うことが分かりました。

ジャスミン研修会 開催:2016-11-19 会場:エプタザール(ハウスエプタ内)(東京)

エコ奏法、「ニュートラルな手」のお話から聞けて良かったです。和声、拍感、拍子感の大切さを復習しました。

ジャスミン研修会 開催:2016-11-19 会場:エプタザール(ハウスエプタ内)(東京)

気を使いすぎは何も生まないという言葉がすごく心にささりました。自分の演奏に自信が持てず、テンポや、きちんと弾くことに意識がいってしまい、弦と調和することができなくなることもあります。少し自分の中で意識を変えていくことが私の中にはとても大切なことだなと思いました。

レッスンにすぐ役立つ「レシピ」―音楽性を育てる100のポイント―part1 開催:2016-11-15 会場:パピオビールーム 大練習室(福岡)

鍵盤ハーモニカの奥深さを感じました。菅谷先生は鍵盤ハーモニカは独学とおっしゃられてましたが、可能性を限りなく追求されていて、子供の楽器だと思っていた鍵ハモのイメージがおしゃれでかっこいいものにすっかり変わりました。

レッスンにすぐ役立つ「レシピ」―音楽性を育てる100のポイント―part1 開催:2016-11-15 会場:パピオビールーム 大練習室(福岡)

ブルグミュラーの曲はどれも素敵な曲なので、広く知られておりますが、この様に多用なアンサンブルで、更に生徒たちの弾きたい意欲が増すと思いますので、是非生徒たちに本を使っていこうと思います。こんなに詳しく説明のある楽譜だと、生徒たちもとても使いやすいと感じました。

レッスンにすぐ役立つ「レシピ」 -音楽性を育てる100のポイント- 開催:2016-11-07 会場:川本ピアノ西宮教室(大阪)

先生のお話はわかりやすくて、納得することが沢山ありました。音楽で何を伝えるのか?そこを考えず、目の前のことだけを追っていました。今日の演奏を聴いて、心が震える感じ。これをブルグミュラーを弾いて子どもたちが感じてくれて弾く喜び、音楽する喜びをわかってもらえるレッスンをしていきたいと強く思いました。

レッスンにすぐ役立つ「レシピ」―音楽性を育てる100のポイント― 開催:2016-10-31 会場:東広島市芸術文化ホールくらら 3階 サロンホール(広島)

エコ奏法に関するお話」と、先生の全く力みのない自然で美しい演奏が素敵でした。楽器と溶け合ってピアノってこんなにきれいな音が出るんだな、自分はまだまだ力んでいるんだなぁと思いました。

レッスンにすぐ役立つ「レシピ」―音楽性を育てる100のポイント― 開催:2016-10-31 会場:東広島市芸術文化ホールくらら 3階 サロンホール(広島)

今日はレシピの分かりやすい説明をありがとうございます。ブルグミュラーに限らず、このようなアプローチを他の曲でもっとしていきたいなと思いました。拍の講座もとても気になります。

レッスンにすぐ役立つ「レシピ」―音楽性を育てる100のポイント― 開催:2016-10-31 会場:東広島市芸術文化ホールくらら 3階 サロンホール(広島)

先生のピアノの音色が美しくて、エコ奏法すばらしいと思いました。アンサンブルは、実際に音を聞くことが出来たのでとても楽しくてわかりやすかったです。発表会でも楽しめそうで、しっかり読んで(弾いて)みようと思います。ありがとうございました。

“拍子”って何?生徒に上手に説明するには…? 開催:2016-10-11 会場:日響楽器 池下店2Fホール(愛知)

いつも何気なく拍感や拍子・拍子感のことなどを思っていたり生徒に教えたりしていましたが、今日セミナーを受けてみて改めて、演奏するにあたり拍の大切さを感じ、発見することができました。3拍子だと 強・弱・弱という風に円をかくようにと教えていました。今日からは、先生がおっしゃっていた風船をもとに伝えていけたらいいと思います。

“拍子”って何?生徒に上手に説明するには…? 開催:2016-10-11 会場:日響楽器 池下店2Fホール(愛知)

先生が子供の頃に感じられた疑問を、なぜそうなのかという思いから深く追求されると、これだけ深くいろんな常識にとらわれないで目からウロコのような認識をお話下さり、とても興味深かったです。

“拍子”って何?生徒に上手に説明するには…? 開催:2016-10-11 会場:日響楽器 池下店2Fホール(愛知)

拍子が違えば同じリズムでも感じ方が変わることや、同じ和声進行でも、それが拍子の中のどこにくるかによっては感じ方が変わるというお話が、とても面白かったです。ピアノの鍵盤も、upかdownかを考えてみるのもとても表現の幅が広がるなあと思いました。

レッスンにすぐ役立つ「レシピ」―音楽性を育てる100のポイント― 開催:2016-09-20 会場:ハート・リスニングホール(宮田町四街区)(宮崎)

すべての話が興味深く勉強になりました。ただ教えるのではなく、子どもに考えさせるレッスンが必要。私ももっとそのようなレッスンが出来るようこのテキストを読み深めようと思います。セミナー続編があればまた参加させて頂きたいです。

レッスンにすぐ役立つ「レシピ」―音楽性を育てる100のポイント― 開催:2016-09-20 会場:ハート・リスニングホール(宮田町四街区)(宮崎)

ブルグミュラーをアンサンブルにしたテキストの講座をとても楽しみにしていました。奏法のことなど、とても参考になりました。100のレシピをじっくりと読んで今後のレッスンに取り入れて行きたいと思います。

レッスンにすぐ役立つ「レシピ」―音楽性を育てる100のポイント― 開催:2016-09-20 会場:ハート・リスニングホール(宮田町四街区)(宮崎)

多喜先生のお話はとても分かりやすく、楽しいセミナーでした。共感できることも多く、ブルグミュラー以外でも役に立つレッスン法をたくさん教えていただきました。今まで間違った指導をしていたのではないかと不安に思うこともあり、勉強し直さなくてはと思っています。短い時間でしたが大変為になりました。

レッスンにすぐ役立つ「レシピ」―音楽性を育てる100のポイント― 開催:2016-07-08 会場:ヤマハミュージックリテイリング 大阪なんば店 2Fサロン(大阪)

使い慣れたブルグミュラー、仕上げの時は、かなり昔に購入した2台用の楽譜で伴奏をつけてやっていましたが、楽器店でこのテキストを手にした時は、衝撃的でした。この25曲にこんなに沢山のアプローチの仕方があるのに驚き、まずは自分のアンチョコとして購入しました。子供にもとてもわかりやすい内容で、私がうまく説明できていない内容も多く、是非生徒達にも持たせようと思います。

レッスンにすぐ役立つ「レシピ」―音楽性を育てる100のポイント― 開催:2016-07-08 会場:ヤマハミュージックリテイリング 大阪なんば店 2Fサロン(大阪)

鍵盤ハーモニカは息を使うので、フレージングせざるを得ないので、もっとレッスンに取り入れたいと思いました。ソロで演奏する事が多いピアノ、この本を沢山使って、アンサンブルの経験をさせてあげることでソロの演奏にも効果が出ると思いました。わかりやすいお話と演奏とても楽しめました。

レッスンにすぐ役立つ「レシピ」―音楽性を育てる100のポイント― 開催:2016-07-07 会場:ヤマハミュージックリテイリング倉敷店 2Fウィスタリアホール(岡山)

自分が子供の頃勉強していたブルグミュラーは正直なんとなくでした!とてももったいない時間だと思いました。こんなに素敵な流れ、おしゃれな和音がつまったブルグミュラーの良さに気づいたのは大人になってからでした。先生の教材を使わせて頂き、子供達に音楽の楽しさを伝えていけるように頑張ります。

レッスンにすぐ役立つ「レシピ」―音楽性を育てる100のポイント― 開催:2016-07-01 会場:大東楽器(株)ミューズデュオサロン(大阪)

この「100のレシピ」を手にした時、まずはブルグでアンサンブルができる!!というだけで購入しました。しかし、読めば読むほど「100のレシピ」の本、の奥深さがあり、今日の先生のセミナーの内容で、短い時間で沢山吸収できました。もっとお話聞きたいです。

“拍子”って何?生徒に上手に説明するには…? 開催:2016-06-29 会場:銀座山野楽器 本店7F イベントスペース JamSpot(東京)

ブルグミュラーの聴き比べ等、実際に演奏して頂き、その違い驚きました。こんなに曲のニュアンスが変わるということを実感できましたので、是非とも実践していきたいと思います。

“拍子”って何?生徒に上手に説明するには…? 開催:2016-06-29 会場:銀座山野楽器 本店7F イベントスペース JamSpot(東京)

拍子(ビート)の感じ方によって、演奏がここまで変わるものなのかと、改めて感じ、拍子につていもっとこだわって(大切に)いかなければと思いました。

“拍子”って何?生徒に上手に説明するには…? 開催:2016-06-29 会場:銀座山野楽器 本店7F イベントスペース JamSpot(東京)

子供に理解できるように説明することが非常に難しく、なんとかしなくては・・・と思っていたので、目から鱗の分かりやすい解説を伺い、受講してよかったです。ブルグミュラーの拍子のとり方など、とてもわかり易く違いを示して下さることで今日からの指導が変わると嬉しく思います。

コンペディション課題曲で学ぼう!遊ぼう! 開催:2016-03-15 会場:銀座山野楽器 本店7F イベントスペース JamSpot(東京)

コンクールへの参加が初めての為、四期の分け方、審査方法について学ぶことができてよかったです。課題曲の取り組み方についてもこんなに楽しく、耳を使ったレッスンができるのだと知ることができました。曲のイメージが大切なのだと思いました。ピアニカに連弾を取り入れてみたいとも思いました。魅力的なセミナーでした。

コンペディション課題曲で学ぼう!遊ぼう! 開催:2016-03-15 会場:銀座山野楽器 本店7F イベントスペース JamSpot(東京)

鍵盤ハーモニカや楽しいチェロとのアンサンブルは本当に魅力的でした。とても楽しく、自宅でもやってみようとお見ます。

コンペディション課題曲で学ぼう!遊ぼう! 開催:2016-03-15 会場:銀座山野楽器 本店7F イベントスペース JamSpot(東京)

今年もまたコンクールの大変な時期が来た!と気が重かったのですが、先生の講座を受け、今年は明るく楽しく音楽の原点を忘れずにコンクールに臨もうと思いました。

コンペディション課題曲で学ぼう!遊ぼう! 開催:2016-03-15 会場:銀座山野楽器 本店7F イベントスペース JamSpot(東京)

課題曲を使って、アンサンブルで遊べる、そこにはリズム、ハーモニー、呼吸、聴く、音色など大切なことが沢山あることを再確認しました。

コンペティション課題曲で学ぼう!遊ぼう! -2016年度ピティナ・ピアノコンペティション課題曲セミナー- 開催:2016-03-11 会場:カワイ厚木ショップ(神奈川)

まだ自分の生徒にコンクール希望の子はいませんが、コンクールありきではなく、音楽を楽しむこと、味わうことの大切さを学びました。その先にコンクールがあるのだと思います。

コンペティション課題曲で学ぼう!遊ぼう! -2016年度ピティナ・ピアノコンペティション課題曲セミナー- 開催:2016-03-11 会場:カワイ厚木ショップ(神奈川)

コンクールの結果については毎年上へ行けば行く程、今日お話された「こと」に頭を悩まされることになります(私がというより、主に「保護者」ですが)。指導者の考えをしっかり持つことが大切ですね。すなわち、指導者の感性・勉強量がモノを言うということですね。

“拍子”って何?生徒に上手に説明するには…? 開催:2016-02-13 会場:群馬音楽センター シンフォニーホール(中ホール)(群馬)

色々な曲を改めて楽譜を見ながら研究したくなりました。風船、さざ波を例にして生徒さんに伝えていきます。

“拍子”って何?生徒に上手に説明するには…? 開催:2016-02-13 会場:群馬音楽センター シンフォニーホール(中ホール)(群馬)

初めて講座を聴かせて頂きました。これから教室を開こうと思っていて、教え方も色々ある中で、拍の教え方はすごく難しいと思っていました。今回先生の講座を聴いて、「あーこうしたらいいんだ」と思うことが沢山ありました。弾き比べをしてみるのが、楽しそうだなと思いました。とてもわかりやすく説明して頂いてありがとうございました。

“拍子”って何?生徒に上手に説明するには…? 開催:2016-02-13 会場:群馬音楽センター シンフォニーホール(中ホール)(群馬)

シューマンの拍子と和音の分析が面白かったです。なるほど、作曲者とはそこまでの想いを音に託しているのかと思い、ピアノを弾く時は1つの音も無駄にはできない、おろそかにしてはならないと感じました。

室内楽でレッスン革命!! ー2015年度シリーズ ピアノも弦楽器もみんな一緒にアンサンブルー 開催:2016-02-06 会場:黒崎ひびしんホール 大練習室(福岡)

1つ1つの音楽のまとまりや、指先のタッチの差をご指導頂き、大変勉強になりました。1つの音楽を一人で生み出すのも複数で生み出すのも共通点があり、自分のソロの曲を弾く時にも大変ためになっております。

室内楽でレッスン革命!! ー2015年度シリーズ ピアノも弦楽器もみんな一緒にアンサンブルー 開催:2016-02-06 会場:黒崎ひびしんホール 大練習室(福岡)

先生のエコ奏法、是非受講してもっと素敵な音色が奏でられるようになりたいです。くせを直すというのはすぐには出来ないですが、今日学んだ事を帰ってすぐに復習したいと思っています。

第 2 回新刊セミナー ブルグミュラー 25 の練習曲  レッスン・レシピ 100(アンサンブル譜付) 開催:2016-01-27 会場:<東音>ホール(東京)

少し前に活用ガイドを買って早速レッスンに使ったところ、とても良くて今回はもっとブルグミュラーについて勉強できたらと思いました。鍵ハモとのアンサンブルもとても良かったです。前から気になっていたエコ奏法も少しお話してくださったり、armの動きなどこれからすぐに取り入れたいです。

第 2 回新刊セミナー ブルグミュラー 25 の練習曲  レッスン・レシピ 100(アンサンブル譜付) 開催:2016-01-27 会場:<東音>ホール(東京)

ブルグミュラーは普通にレッスンに通って来る子供達のひとつめのゴールと捉えているので積極的に取り入れていますが、それ以前のとりのこしで苦労しながら取り組むことが多くなってしまいます。今日のレッスンレシピを上手に使うことで新しい存在価値のあるレッスンが出来そうでわくわくしています。

第 2 回新刊セミナー ブルグミュラー 25 の練習曲  レッスン・レシピ 100(アンサンブル譜付) 開催:2016-01-27 会場:<東音>ホール(東京)

本当にこんな本が欲しかった、を形にして頂けて嬉しいです。もっと深く指導したいけれど自信がない、ということまで網羅されていて全ての生徒さんに使用したいです。

室内楽でレッスン革命!! ー2015年度シリーズ ピアノも弦楽器もみんな一緒にアンサンブルー 開催:2015-12-19 会場:黒崎ひびしんホール リハーサル室(福岡)

多喜先生と降旗先生、谷口先生のトリオ、胸にキュンときました。自分のイメージをしっかりもって弾かないと何だかわからない曲になってしまいますね。”空気をよんで”と多喜先生が何度かおっしゃいましたが、自分はまだまだの所もあって、次こそは!と思います。

“拍子”って何?生徒に上手に説明するには…? 開催:2015-12-17 会場:ヤマハミュージックリテイリング横浜店B1F Music HARBOR(神奈川)

拍感はあるが拍子感がない演奏があり、どうしてかと思っていましたが、今日の講座で本当によくわかりました。多喜先生の演奏で納得でした。和音の機能と拍子を絡めた分析が大切なことよくわかりました。

“拍子”って何?生徒に上手に説明するには…? 開催:2015-12-17 会場:ヤマハミュージックリテイリング横浜店B1F Music HARBOR(神奈川)

拍子についての認識がかなり曖昧でした。早速今日のレッスンからわかりやすく拍子の説明ができそうです。また、堅苦しくなくニュアンスを伝えることができたらなと思います。ささっ、と弾いて下さる先生のピアノ演奏が心地よく素敵でした。

“拍子”って何?生徒に上手に説明するには…? 開催:2015-12-17 会場:ヤマハミュージックリテイリング横浜店B1F Music HARBOR(神奈川)

先日ステップで生徒にブルグミュラー「タランテラ」をトリオで演奏させましたが、6/8の拍子感のない演奏になっていたことを改めて気付きました。「狩」「アラベスク」「貴婦人の乗馬」全て拍子感についてきちんと私自身が理解しないまま指導していました。

アンサンブルでレッスン革命 ーアンサンブルを学ばずしてソロは演奏できないー 開催:2015-12-05 会場:代々木の森 リブロホール(東京)

初めにするアンサンブルでは弦楽器がおすすめ、やっていることが目で確認できる。ピアノという楽器がどうなっているかわかっている必要があり、弦とピアノを比較して教える。呼吸、息を吸うスロードと量、歌わせてみて教える。益々アンサンブルの大切さを感じました。生徒達にもうまくやらせていきたいと思っています。

アンサンブルでレッスン革命 ーアンサンブルを学ばずしてソロは演奏できないー 開催:2015-12-05 会場:代々木の森 リブロホール(東京)

弦楽器のしくみからピアノのしくみを知る、弦の長さ、太さ、ダンパーあり、なしの違い、打鍵後の空気の抵抗、長い音符の扱い方(ピアノの人は止まってしまう、次のことを考え、つなげていく、他の楽器ではありえない)ピアニストの陥りやすい弱点、欠点に気付かされました。普段生徒に注意していることが自分自身できていないことに、この一年を通して痛感致しました。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー