藤井 一興(ふじい かずおき)先生
プロフィール

ピアノを安川加壽子、井上二葉、辛島輝治、萩原智子、作曲を長谷川良夫、南弘明の各氏に師事。東京芸術大学 3 年在学中、フランス政府給費留学生として渡仏。パリ・コンセルヴァトワールにて作曲科、ピアノ伴奏科ともに一等賞で卒業。パリ、エコール・ノルマルにてピアノ科を高等演奏家資格第一位で卒業。その間、作曲をオリヴィエ・メシアン、ピアノをイヴォンヌ・ロリオ、マリア・クルチォ、ピアノ伴奏をアンリエット・ピュイグ=ロジェの各氏に師事。1976年、オリヴィエ・メシアン国際コンクール第2位(1位なし)。1979年、パリのブラジル・ピアノ曲コンクール第1位。1980年、クロード・カーン国際コンクール第1位、モンツァ”リサ・サラ・ガロ”国際コンクール第1位、第1回日本国際ピアノ・コンクール第4位(1位と3位なし)。1981、年マリア・カナルス国際コンクール第2位(1位なし)、及びスペイン音楽賞。サンジェルマン・アン・レイエ市現代音楽国際ピアノ・コンクール第1位。1982年、パロマ・オシェア サンタンデール国際ピアノコンクール入賞、第3回グローバル音楽奨励賞、第10回京都音楽賞実践部門賞。世界各地、日本国内にてリサイタル、室内楽、コンチェルトの他、フランス国営放送局を始めとするヨーロッパ各地の放送局や日本のNHK等で多くの録音、録画など幅広い活動を行っている。レコード・CDではメシアンのラ・フォヴェットゥ・デ・ジャルダンやイゴール・マルケヴィッチ作品集、武満徹作品集などを続々とリリース。また、作曲家としても、フランス文化省から委嘱を受け、その作品が演奏会や国際フェスティバルで演奏・録音されている。その他、世界初のフォーレのピアノ全集の校訂を担当し、 1 ~ 5 巻(全 5 巻完結)を春秋社より出版している。現在、東邦音楽大学大学院大学教授、東邦音楽総合芸術研究所教授、桐朋学園大学特任教授、東京芸術大学講師。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
情報はございません
受講者の声(セミナーレポートより)
藤井一興ピアノ研究セミナーVol.1 フランス古典音楽の魅力 現代ピアノで美しい音色を表現する奏法 開催:2016-01-22 会場:カワイ表参道コンサートサロンパウゼ(東京)

柔らかな装飾音、軽やかなパッセージの中に雅やかな音色と繊細な歌が組み込まれていて大変心地良い演奏に酔いしれました。譜面を読み取る力が私の想像を越えた世界で大きな刺激を受けました。またこのような企画があれば必ず受講したいと思います。

藤井一興ピアノ研究セミナーVol.1 フランス古典音楽の魅力 現代ピアノで美しい音色を表現する奏法 開催:2016-01-22 会場:カワイ表参道コンサートサロンパウゼ(東京)

フランス音楽の美しさは音色にあると思いますが、指のこすらせ方、指づかいの工夫、タッチの角度、1ミリ単位での深さの工夫、本当に耳をよく使い音作りをしなければいけないことを先生の美しい音楽から伝えられるメッセージによって再認識致しました。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー