庄司 美知子(しょうじ みちこ)先生
プロフィール

仙台市出身。 桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏学科を卒業。 ピアノを三浦浩、江戸弘子の各氏に師事。チェンバロを中川旬氏に、室内楽をゲルハルト・ボッセ氏、ロマン・オルトナー氏に師事。仙台フィルハーモニー管弦楽団、チェコ六重奏団、東京ゾリステン、マーテインヒューズ、ヨハンシュミットはじめ世界各国の著名な演奏家と共演。 バッハの鍵盤音楽、協奏曲シリーズ、モーツアルトの室内楽シリーズなど、室内楽や伴奏、リサイタルなど幅広く演奏活動を行う。 ピアノ教育にも意欲的に携わり後進の指導にあたっており、各地でコンクールの審査員や公開レッスン、公開講座の講師を務める。 2000年よりヨーロッパ、アメリカ、韓国など各地の音楽祭から招聘を受け演奏やマスタークラス、コンクールの審査委員などを行っている。 2000-2002ピレネー音楽祭、2002,2003トスカーナ音楽祭、2003,2004ユーロミュージック韓国、プラハ。2003-2008バル、ロナ国際フォーラム,2009Primavera Pianistica in ベルギー、2010、2011ウィーンミュージックセミナー。2014Dubrovnik夏期セミナー 2017年夏にはポルトガルのオビドス音楽祭から招聘を受けている。 現在、仙台中央音楽センター主宰。桐朋学園仙台教室、東北こども福祉専門学院講師。 全日本ピアノ指導者協会正会員。ミヨシネット委員。仙台国際コンクール企画推進委員。 2013年よりピアノフォーラムin仙台を立ち上げ世界の著名なピアニストを招聘しコンサート、ピアノ指導の場を設け自らも指導にあっている 2011年6月より被災地へピアノをとどける会実行委員長として被災地へこれまで480台以上のピアノを届ける活動をしている。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
情報はございません
受講者の声(セミナーレポートより)
2018年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2018-03-08 会場:仙台中央音楽センター 305スタジオ(宮城)

とてもリラックスして受講できました。和声感を養う大切さを改めて感じました。また、速度なのか表情なのかもう一度確認をしてレッスンに反映させてゆきたいと思いました。

2018年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2018-03-08 会場:仙台中央音楽センター 305スタジオ(宮城)

潤先生と美和子先生の話の掛け合いがとても素晴らしく、楽しいひと時でした。コンクールのためだけではなく、普段のレッスンで使うようなことやピアノを弾く上で大切なことまで、短い時間の中で話して下さりとても勉強になりました。最後に演奏して下さってからたちの花の連弾がとても美しく、心が洗われたようでした。

2016年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2016-03-29 会場:カワイミュージックショップ仙台(宮城)

短時間の中でロマンスタイル、近現代、連弾、と盛りだくさんで内容が濃く勉強になりました。レガートと、ノンレガートの弾き方や、音の響かせ方、手首の使い方、年齢や体格に合ったペダルの使い方についてとても勉強になりました。

2016年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2016-03-29 会場:カワイミュージックショップ仙台(宮城)

三人の先生による演奏の違いも含めて聴く楽しみと、課題曲の説明でありながらそのことにとどまらず、日常のレッスンに生かせるような基礎的なこと(ペダルの使い方、練習方法、テンポ)も丁寧にお話頂き、実際に聴かせて下さってわかりやすかったです。

2016年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2016-03-29 会場:カワイミュージックショップ仙台(宮城)

講師陣が素晴らしく連携の取れた指導であったと思う。ポイントが絞られていて人間味あふれる指導陣である。昼食を取りながら、話し機会を設けてもらい、ためになったし、肩肘はらず同じ空気感で話せたことがよかった。指導もわかりやすかった。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー