久元 祐子(ひさもと ゆうこ)先生
プロフィール

東京芸術大学音楽学部(ピアノ専攻)を経て同大学大学院修士課程を修了。 ウィーン放送交響楽団、ラトビア国立交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィル、ウィーン・サロン・オーケストラ、ベルリン弦楽四重奏団など、内外のオーケストラや合奏団と多数共演。 知性と感性、繊細さとダイナミズムを兼ね備えたピアニストとして高い評価を受けている。音楽を多面的に捉えることを目指したレクチャー・リサイタルは朝日新聞・天声人語にも紹介される。 ブロードウッド(1820年製)、ベーゼンドルファー(1829年製)、プレイエル(1843年製)、エラール(1868年製)などを所蔵。歴史的楽器を用いての演奏会や録音にも数多く取り組み、それぞれの時代の中で作曲家が求めた響きと美学を追及する。 2010年、ショパン生誕200年記念年には、全国各地でプレイエルを使っての演奏会に出演。軽井沢・大賀ホールにおいて天皇皇后両陛下ご臨席のもと御前演奏を行う。 2011年ウィーンでのリサイタルは、オーストリアのピアノ専門誌の表紙を飾りベーゼンドルファー・アーティストの称号を受ける。2012年、2014年イタリア国際モーツァルト音楽祭に招かれリサイタルを開催。その模様はイタリア全土に放映され好評を博す。 これまでCD12作をリリース。「優雅なるモーツァルト」は毎日新聞CD特薦盤、レコード芸術特選盤に選ばれ、「ベートーヴェン”テレーゼ””ワルトシュタイン”」はグラモフォン誌上で「どこからどう考えても最高のベートーヴェン」など高い評価を得る。 著書に「モーツァルトのピアノ音楽研究」(音楽之友社)、「原典版で弾きたい!モーツァルトのピアノ・ソナタ」(アルテスパブリッシング)、「モーツァルトとヴァルター・ピアノ」「ショパンとプレイエル・ピアノ」「リストとベーゼンドルファー・ピアノ」(いずれも学研プラス)など 国立音楽大学教授 日本ラトビア音楽協会理事、PTNA評議員、 久元祐子ウェブサイト http://www.yuko-hisamoto.jp/

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
情報はございません
受講者の声(セミナーレポートより)
作曲家別演奏法《ショパン》―ショパンのピアノ奏法― 開催:2018-02-12 会場:みずほ楽器浜田店4Fスタジオ(島根)

こんなにショパンの曲から楽器、音色、ペダリングまで掘り下げる講座は初めてでした。先生の美しい音、もっともっと聴いていたいと心から思いました。まず、聴く力ですね。

作曲家別演奏法《ショパン》―ショパンのピアノ奏法― 開催:2018-02-12 会場:みずほ楽器浜田店4Fスタジオ(島根)

同じピアノでも、先生の出される音色は、多種多様で驚きました。シフトペダルもこんなに使って良いのかと発見でした。もっともっと勉強していきたいなと思います。一音一音にこだわりを持ちたいです。

作曲家別演奏法《ショパン》―ショパンのピアノ奏法― 開催:2018-02-12 会場:みずほ楽器浜田店4Fスタジオ(島根)

レッスンの中で最も大切な基本的なことを教えていただき、受講して本当に良かったと感謝の気持で一杯です。内容も先生の演奏も本当に素晴らしく感動しました。今日、教えていただいたことを日々のレッスンで実践していきたいと思います。

作曲家別演奏法《ショパン》―ショパンのピアノ奏法― 開催:2018-02-12 会場:みずほ楽器浜田店4Fスタジオ(島根)

ショパンを軸に歴史的なこと、人物、ピアノの構造そして具体的なテクニック方法、楽譜についてなど2時間があっという間でした。先生のお話を生徒達に伝えていこうと思います。

作曲家別演奏法《ショパン》―ショパンのピアノ奏法― 開催:2016-09-24 会場:熊本県立劇場 大会議室(熊本)

ショパンの演奏は数多く耳にすることがありますが、なぜ心に響く演奏とそうでないものがあるのか?と思っておりました。今日の先生のお話を聞かせて頂き、その演奏に込められている考えや、想いや1つずつの音へのこだわりなどが全く出るのだろうと思いました。毎回先生のお話を伺うと、その作曲家が大好きになります。

作曲家別演奏法《ショパン》―ショパンのピアノ奏法― 開催:2016-09-24 会場:熊本県立劇場 大会議室(熊本)

中学1年生の母です。今日のショパンの講座は子供のために聞きにきました。うまく伝えられるかわかりませんが、久元先生の語りと演奏の中に色んなドラマや、情景がよく見える、というか想像できました。その音を聞かせたかったですが、そういった情景が目に浮かぶ演奏の為の技術や指遣いなど毎日のレッスンに取り入れたいです。

作曲家別演奏法《ショパン》―ショパンのピアノ奏法― 開催:2016-09-24 会場:熊本県立劇場 大会議室(熊本)

楽器によってどのような種類の音を紡ぎ出すのか、古い時代、あるいはショパンの愛したエラールピアノに則したタッチに興味が湧いた。繊細な音色を作り上げるための奏法は、自分で知る知識よりもさらに深く多くの可能性があることを感じた。作曲家によって和声分析、楽曲分析、時代背景に忠実になり自己流にならないことを伝えたい。

作曲家別演奏法《ショパン》―ショパンのピアノ奏法― 開催:2016-09-24 会場:熊本県立劇場 大会議室(熊本)

今日学んだことは、息遣いの大切さです。自分の演奏には息遣いがないな、と感じました。帰って息遣いのある演奏ができるよう練習したいと思いました。また、ペダルやタッチの大切さを学び、もっと気を使って演奏したいと思います。

作曲家別演奏法《ショパン》―ショパンのピアノ奏法― 開催:2016-09-24 会場:熊本県立劇場 大会議室(熊本)

今回もあっと言う間の2時間でした。優しい口調でとてもわかりやすく丁寧に楽曲を解説しながら時代の背景、そしてショパンの感情まで説明して頂き、私なりにその頃をイメージしながらお話を聞くことが出来ました。タッチとペダルによって音色を変化させる、それを聴き止める、耳を養うことが大切だと思いました。

作曲家別演奏法《ショパン》―ショパンのピアノ奏法― 開催:2016-09-24 会場:熊本県立劇場 大会議室(熊本)

美しいショパンの音色にとても感動致しました。あっと言う間の2時間でした。

名器から生まれた名曲(2回講座) ◆第二回◆ -ショパンとプレイエル・ピアノ- 開催:2016-09-16 会場:カワイ広島コンサートサロン“パーチェ”(広島)

ショパンの思いが一音一音からどんどん伝わってくるようで、ますます1曲1曲に興味が沸きました。また、テクニック的に難しい部分の練習法などを教えていただけてとても参考になりました。

名器から生まれた名曲(2回講座) ◆第二回◆ -ショパンとプレイエル・ピアノ- 開催:2016-09-16 会場:カワイ広島コンサートサロン“パーチェ”(広島)

素敵な演奏とお話で、生徒たち全員に聞いてほしい講座でした。

名器から生まれた名曲(2回講座) ◆第二回◆ -ショパンとプレイエル・ピアノ- 開催:2016-09-16 会場:カワイ広島コンサートサロン“パーチェ”(広島)

手首と腕は固体を液体のようにコントロールできるように。光と陰の作り方など、素敵な奏法を沢山惜しげなく教えて頂きました。なんとも優雅な時間をありがとうございました。

名器から生まれた名曲(2回講座) ◆第二回◆ -ショパンとプレイエル・ピアノ- 開催:2016-09-16 会場:カワイ広島コンサートサロン“パーチェ”(広島)

指導の際には、基礎練習の中に本日のトリルの練習を取り入れて、トリルへの恐怖をなくしたいと思いました。また、感情や情景を共に読み取り、味わうレッスンを楽しみたいと思いました。

名器から生まれた名曲(2回講座) ◆第二回◆ -ショパンとプレイエル・ピアノ- 開催:2016-09-16 会場:カワイ広島コンサートサロン“パーチェ”(広島)

ショパンの講座でしたが、色々な事が、ピアノを始めて日の浅い生徒や複雑な曲をまだ弾いていない生徒にもすぐに役立てる事のできる内容で、とても勉強になりました。何より私自身、もっと曲にイメージを持ち、イメージの音が出せるようにしたいと思いました。

パーフェクトセミナープラス2016 第5回 〈第 7 回〉バッハコンクール課題曲説明とバロック指導ポイント 【講座3656】 開催:2016-07-15 会場:<東音>ホール(東京)

先生の演奏にうっとりしながら夢のような時間を過ごさせて頂きました。シンプルな音型の中に色があり、言葉があり、意味があり、私達のハートに伝わりました。その裏ワザ?、本日も少し垣間見ることができ、学びの時間でした。今週末佳境を迎えるコンペ曲の課題曲にも大変なヒントがあり、レッスンに還元したいと思いますが果たして間に合いますかどうか・・。

パーフェクトセミナープラス2016 第5回 〈第 7 回〉バッハコンクール課題曲説明とバロック指導ポイント 【講座3656】 開催:2016-07-15 会場:<東音>ホール(東京)

バロック時代の習慣、小さい時から学ぶことなど、沢山学ばせて頂きました。タッチ、アーティキュレーション、タクトの時間などとても納得できた講座ですっきりしました。早速生徒への指導、自分の演奏に生かしたいと思います。

名器から生まれた名曲(2回講座) ◆第一回◆ -モーツァルトとヴァルター・ピアノ- 開催:2016-04-22 会場:カワイ広島コンサートサロン“パーチェ”(広島)

素晴らしい演奏とヴァルターピアノという現代のピアノとは違う楽器のお話でモーツァルトの音楽に少し近付けたような気がしました。“歌うように演奏すること”は、自分のレッスンでも生徒さんによく言うことですが歌うように演奏するポイントを今日知る事ができてよかったです。

名器から生まれた名曲(2回講座) ◆第一回◆ -モーツァルトとヴァルター・ピアノ- 開催:2016-04-22 会場:カワイ広島コンサートサロン“パーチェ”(広島)

久元先生の音色がとても美しく指も無駄のない動きですばらしい演奏でした。語いも豊富でわかりやすい比ゆ表現で楽しく2時間があっという間でした。

名器から生まれた名曲(2回講座) ◆第一回◆ -モーツァルトとヴァルター・ピアノ- 開催:2016-04-22 会場:カワイ広島コンサートサロン“パーチェ”(広島)

何も書いていない楽譜からの難しさが軽減されたように感じます。子供達にも、今回教えていただいたことを伝えながらモーツァルトらしい演奏をイメージし楽しんでいきたいと思っております。

作曲家別演奏法 《ベートーヴェン》 ー作風の変化 奏法をまじえてー 開催:2015-11-13 会場:ピアノハープ社 ピアノギャラリー
(弊社併設駐車場には限りがございます。事前にお問い合わせ下さい)(熊本)

昨年のモーツァルト、に続き、今年も楽しみにしておりました。「悲愴」の二楽章、=adagio cantabileは、以前邦画で取り上げられ、一般的に話題になりました。これはテンポ的にはむずかしくなく、高学年や大人の方にレッスンで使わせて頂きました。三楽章もテンポダウンすれば、趣味の方のレッスンの題材になると思います。

作曲家別演奏法 《ベートーヴェン》 ー作風の変化 奏法をまじえてー 開催:2015-11-13 会場:ピアノハープ社 ピアノギャラリー
(弊社併設駐車場には限りがございます。事前にお問い合わせ下さい)(熊本)

大変大きなテーマで時代ごとの楽器の特徴を交えてわかりやすく納得できるお話をありがとうございました。楽器の音域が作品に反映されている点など、改めて認識することが多く、貴重なお話の数々でした。

作曲家別演奏法 《ベートーヴェン》 ー作風の変化 奏法をまじえてー 開催:2015-11-13 会場:ピアノハープ社 ピアノギャラリー
(弊社併設駐車場には限りがございます。事前にお問い合わせ下さい)(熊本)

楽譜から、ベートーヴェンの想いを読み取ることは楽しいですね!やはり心が震えます!それをピアノで音にするための様々なテクニック、大きく眺め、細かく見つめていきたいと思いました。

作曲家別演奏法 《ベートーヴェン》 ー作風の変化 奏法をまじえてー 開催:2015-11-13 会場:ピアノハープ社 ピアノギャラリー
(弊社併設駐車場には限りがございます。事前にお問い合わせ下さい)(熊本)

盛りだくさんの内容をありがとうございました。ベートーヴェンのピアノは長いこと弾いていませんし、当時は人生観まで思いを馳せて弾いていませんでした。なんと残念な時代を過ごしたのでしょう!今日は早速弾いてみたくなりました。

作曲家別演奏法 《ベートーヴェン》 ー作風の変化 奏法をまじえてー 開催:2015-11-13 会場:ピアノハープ社 ピアノギャラリー
(弊社併設駐車場には限りがございます。事前にお問い合わせ下さい)(熊本)

ただ力強いだけのベートーヴェンではなく、その中に秘めるロマンティックな繊細さがなければ、ベートーヴェンは面白く仕切れない、とても痛感しました。

作曲家別演奏法 ーショパンのピアノ奏法ー 開催:2015-10-30 会場:ヤマハミュージックアベニューつくば(茨城)

以前モーツァルトの講座の時も、とてもわかり易く、有意義な勉強をさせて頂きました。今回もまた、期待通り、先生の素敵な演奏を交えながら、解説してくださったり、表現の仕方を教えて頂いたりして、またもう一度自分が、どう弾いているかを改めて見直すきっかけになりました。

作曲家別演奏法 ーショパンのピアノ奏法ー 開催:2015-10-30 会場:ヤマハミュージックアベニューつくば(茨城)

モーツァルトの演奏の際に、小刻みにペダルを踏まれていたようですが、バッハ、モーツァルトのペダリングを教えて頂きたいと思いました。ショパンの曲のペダルの使い方をとても詳しく説明して頂き、良かったです。和声的なアナリーゼも多く、大変勉強になりました。

バロックと古典派の音楽 開催:2015-10-29 会場:アオノホール(愛媛)

とても広い知識に感銘を致しました。人間力のすごさに感動致しました。

バロックと古典派の音楽 開催:2015-10-29 会場:アオノホール(愛媛)

今日の久元先生のセミナー、バロックと古典派の音楽の位置づけをとてもわかりやすく興味深く聴かせて頂きました。楽譜の1ページ1ページ、1フレーズ1フレーズ1音1音に込められた思い、背景、深く読み込んでいけばいくほど、作曲家の真実が浮き上がってくると思いました。

バロックと古典派の音楽 開催:2015-10-29 会場:アオノホール(愛媛)

楽器の特徴により、表現が違い、装飾音符等の弾き方、意味がよく理解できた。バロック時代の曲の表現、原則からはみ出さず、音のニュアンスを様々に表すそのためのテクニックは、今後のレッスンにも取り入れて指導したい。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー