田中 巳穂(たなか みほ)先生
プロフィール

東京藝術大学ピアノ科、バンクーバー音楽アカデミー卒業。第3回ピティナ・ピアノコンペティションE級銀賞(金賞なし)、カナダ学生音楽コンクールソロ部門第2位、室内楽部門(ピアノトリオ)第2位。バンクーバー音楽アカデミーおよびノースショア音楽アカデミーで講師を務め6年間カナダに滞在、その間ヨーロッパの音楽祭にて研鑚を積む。現在、神戸住吉を拠点にピアノ指導、サロンコンサート、ジェーン・バスティン氏はじめ招聘音楽家の通訳、音楽企画等で活動。 ピティナ、日本クラシック音楽コンクール、YPCコンサート等の審査員、ピアノ研究会in神戸主催、鳴門教育大学講師。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
2019-02-04 愛知 2018年度 下半期ピアノ指導法 シリーズセミナー 第4回(全4回)舞曲へのアプローチ プレ・インヴェンションからフランス組曲まで 詳細
受講者の声(セミナーレポートより)
ラクな体で弾きましょう ~導入期から実践!脱力でこそ出せる“いい音”を求めて~第2回(全2回) 開催:2018-06-19 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

電子ピアノとGPを交互に弾いて下さること(同じ場所で)で、どの様に違うのかよくわかりました。弾いていて心地よいことは、聴いていても心地よく、ピアノの構造、身体の細かい所をクローズアップしつつ、全てが一体となり、演奏者、聴衆、楽器の融合する音楽は、素晴らしいと感じました。ありがとうございました。

ラクな体で弾きましょう ~導入期から実践!脱力でこそ出せる“いい音”を求めて~第2回(全2回) 開催:2018-06-19 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

電子ピアノで練習している生徒さんも、とてもタッチにニュアンスが感じられて感心しました。指導の仕方ひとつで、表情も音色も拡がるのだということを再認識しました。ブルグミュラーも1曲1曲、音の重みのかけ方を教えて下さり、また電子ピアノとの弾き比べも興味深かったです。先生の美しい演奏に聞き惚れ、美しい音楽を作るためには何が必要かということについて、様々な角度からたくさんのヒントをご教示頂き、とても有意義でした。

ラクな体で弾きましょう ~導入期から実践!脱力でこそ出せる“いい音”を求めて~ 第1回(全2回) 開催:2018-05-15 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

「打つことよりも、その先を聴くことが大切」ということに感動しました。実際に打鍵の際とその先のハンマーの動きを見させていただき、ハンマーの揺れや動きを理解することが出来ました。ピアノという楽器がどれぼど素晴らしく、美しい響きを作る可能性を秘めた楽器であるかということに気付かせていただきました。今日、ご教示いただいた様々なことをレッスンに活かせていければと思います。また、自分自身の演奏においても学ばせていただくことが多く、まだまだ美音やフレーズ作りを探求していきたいと思いました。

ラクな体で弾きましょう ~導入期から実践!脱力でこそ出せる“いい音”を求めて~ 第1回(全2回) 開催:2018-05-15 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

早速、子供達に肩甲骨のストレッチ、背中への意識を伝えたいと思います。レッスンでのヒントを沢山いただきました。何よりピアノと向き合う際の心のあり方に大変共感致しました。生徒達と共にピアノと気分良く過ごせるように心を晴れやかにレッスンを進めたいと思います。

ラクな体で弾きましょう ~導入期から実践!脱力でこそ出せる“いい音”を求めて~ 第1回(全2回) 開催:2018-05-15 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

整体の話、日常の簡単な動作からヒントを得て楽しくレッスンを共有すること…。私にとっても生徒にとっても、今日から実験できる貴重なアイディアを教えていただけて嬉しいです。

田中 巳穂ピアノ指導法講座 ソナチネアルバム講座 古典の様式を楽しく伝えましょう レクチャーコンサート 開催:2017-07-07 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

演奏会のような形で最終回の講座をしていただいとことにとても感動しました。ソナタ形式をヴァイオリンの曲と共に考えることも新しい感じがしてピアノ曲との違いも考えてみるきっかけになりました。松田先生がおっしゃった長所を伸ばすということを心にとめていきたいです。

田中 巳穂ピアノ指導法講座 ソナチネアルバム講座 古典の様式を楽しく伝えましょう レクチャーコンサート 開催:2017-07-07 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

楽譜分析、楽譜を読む等色々な要素があり、非常に勉強になりました。

田中 巳穂ピアノ指導法講座 ソナチネアルバム講座 古典の様式を楽しく伝えましょう レクチャーコンサート 開催:2017-07-07 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

多彩な素晴らしい音色、音楽の数々を聴かせていただき感激しました。本物は素晴らしいです。ありがとうございました。

田中 巳穂ピアノ指導法講座 ソナチネアルバム講座 古典の様式を楽しく伝えましょう 第5番-第8番 開催:2017-05-09 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

自分が習ったとおりに教えていましたが、左手の表現と強弱に頼っていた抑揚を考え直してみます。

田中 巳穂ピアノ指導法講座 ソナチネアルバム講座 古典の様式を楽しく伝えましょう 第5番-第8番 開催:2017-05-09 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

演奏しながら曲の分析をして頂くとすごくわかりやすいです。ソナチネの良さを再認識しました。

舞曲へのアプローチ プレ・インベンションからフランス組曲まで 第4回「ジーグ,アルマンドを中心に」 開催:2016-04-12 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

初めて弾く曲を練習する場合の手順や、楽曲のどこに注目して分析をすればいいのかなど目からウロコの内容でした。また、軽さや重さ、拍子のひずみ、腕の使い方など、バロックの奏法の基本は私の知らないことばかりでとても勉強になりました。今回が初めての参加でしたが、「第1回目から受講すればよかった!」と後悔しています。

舞曲へのアプローチ プレ・インベンションからフランス組曲まで 第4回「ジーグ,アルマンドを中心に」 開催:2016-04-12 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

音楽からその時代の人々のことが少しずつ見えてくる感じが面白く、これを知らずして後の時代の音楽をやることは出来ないと思いました。宮廷の人々だけでなく農民の音楽や踊りも知りたいです。これらの曲が作られた時代の静けさを思うと、現代の騒音だらけの世の中でバロック音楽を味わうのも、今の子どもたちに伝えていくのも難しいなと思います。

舞曲へのアプローチ プレ・インベンションからフランス組曲まで 第4回「ジーグ,アルマンドを中心に」 開催:2016-04-12 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

フレーズや、鍵盤を深く押しそして抜くということを頭では分かっていましたが、先生の説明や今までのセミナー、バロックダンスDVDがうまく一つに繋がり、教え方はもちろん自分が弾くためにはどうしたらアナリーゼが出来るかの目先が明るくなりました。子ども向けの曲でも先生が弾くととても素敵で、和声を感じることを忘れていた自分の反省にもなりました。

舞曲へのアプローチ プレ・インベンションからフランス組曲まで 第4回「ジーグ,アルマンドを中心に」 開催:2016-04-12 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

ピティナコンクールの時はバロックの課題というだけで気持ちが引けていましたが、4回シリーズの講座を受けてアルマンドやジーグなどバロック音楽を弾く時の注意点などを学んだことで、少し考えられるようになったと思います。田中先生の美しいピアノを毎回聴くことができ、嬉しかったです。

舞曲へのアプローチ プレ・インベンションからフランス組曲まで 第4回「ジーグ,アルマンドを中心に」 開催:2016-04-12 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

バロック奏法のタッチについて、2つの音のまとまりでフレーズを考えるというお話を聞いてなるほどと納得しました。また、生徒にスケルツァンドのスタッカートについてどうアドバイスすべきか悩んでいたのですが、沢山のヒントを頂きました。これまであまりバロック音楽を取り入れてこなかったのですが、苦手意識を持たずレッスンしていければと思います。

舞曲へのアプローチ プレ・インベンションからフランス組曲まで 第3回「クーラント,サラバンドを中心に」 開催:2016-03-08 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

サラバンドは自分の内面が出てしまうというか音楽性が問われる曲だなと思っていたのですが、息と腕を合わせることを意識させて指導してみたいと思います。

舞曲へのアプローチ プレ・インベンションからフランス組曲まで 第3回「クーラント,サラバンドを中心に」 開催:2016-03-08 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

いつも先生の素敵なピアノの演奏を聴けてセミナーを受けてよかったと思います。1曲でも多く曲を聴いてみたいです。

舞曲へのアプローチ プレ・インベンションからフランス組曲まで 第3回「クーラント,サラバンドを中心に」 開催:2016-03-08 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

舞曲には格があるということ、これは日本にいると身近なものでないためわからないものでした。これらを勉強させて頂き、ずっと知らずにレッスンしてきたことを反省しています。

舞曲へのアプローチ プレ・インベンションからフランス組曲まで 第2回「ガヴォット,ブーレを中心に」 開催:2016-02-09 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

ガボットもブーレもアウフタクトから始まるということ以外は2拍子を意識した指導しかしていませんでしたので、舞踊のステップに当てはめると音楽が生き生きしたものになるのだと思いました。

舞曲へのアプローチ プレ・インベンションからフランス組曲まで 第2回「ガヴォット,ブーレを中心に」 開催:2016-02-09 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

単純なメロディ、音楽にも複雑なスパイスを感じる、簡単にいかない面白さが勉強になりました。振動を感じながら楽器と一体になることや指先のもっと繊細な感覚が大切と思いました。

舞曲へのアプローチ プレ・インベンションからフランス組曲まで 第2回「ガヴォット,ブーレを中心に」 開催:2016-02-09 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

ガボットもブーレも躍動感をもって弾くことに気をつける。テンポが速いので、音の動きの変化をしっかり理解する必要があるということがわかりました。チェンバロを初めて弾いてみて不思議な感じがしました。

舞曲へのアプローチ プレ・インベンションからフランス組曲まで 第1回「メヌエットを中心に」 開催:2016-01-12 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

バロックの自由さと気品ある優雅さ、型のある中での楽しさ、緊張感を感じました。踊りのステップとピアノ演奏での身体の使い方がとても勉強になりました。ブレスに気をとられがちでしたが、ピアノ演奏でも踊るのだと先生の演奏を聴かせて頂きました。

舞曲へのアプローチ プレ・インベンションからフランス組曲まで 第1回「メヌエットを中心に」 開催:2016-01-12 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

音楽を知る上でまず文化を学ぶということで参考になるお話が沢山ありました。DVDの映像もわかりやすかったです。以前ステップを教えてもらったことがあるのですが、とても難しく、挫折した事を思い出しました。楽譜だけで教えるのではなく、楽譜を使って何を伝えるかということの重要性を改めて実感しました。

舞曲へのアプローチ プレ・インベンションからフランス組曲まで 第1回「メヌエットを中心に」 開催:2016-01-12 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

ペダルを使うバロック、美しいと思います。構築され中身の濃いバロックは勉強していきたいと思います。

舞曲へのアプローチ プレ・インベンションからフランス組曲まで 第1回「メヌエットを中心に」 開催:2016-01-12 会場:新響楽器 西宮北口オーパス店3F オーパスホール(兵庫)

先生の美しいメヌエットを聴かせてもらい、毎回心が洗われ穏やかで楽しい気持ちになります。(またピアノを弾きたい、弾こうという気持ちも)。舞踊の映像を見せてもらい、すり足、静かで激しくない→ピアノで大きな音は不要、にたどり着きました。子供たちの元気いっぱいのメヌエットももちろん否定せず(笑)。流れを大事にしたメヌエット。小さな曲のことを今回勉強出来、安心できました。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー