林 苑子(はやし そのこ)先生
プロフィール

東京藝術大学ピアノ科、同専攻科卒。在学中に安宅賞受賞。ソロ、室内楽、声楽、オペラ、NHK番組レギュラー等を経験。50才で復帰後、、65才までリサイタルを開催。現在も「ピアノを弾く生活」を提唱している。国内初の「大人のためのピアノ入門書」が話題に。 ピティナ・ピアノコンペティション決勝審査員委員長。ピティナ・ステップアドバイザー、指導法講座を行う。当協会理事、組織委員、アドバイザー派遣委員会委員長、ステップ運営委員会副委員長、目白カンタービレステーション代表。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
情報はございません
受講者の声(セミナーレポートより)
ヒダリテジョウズ「左手上手」になりませんか? 開催:2018-11-08 会場:サン=オートムホール ※会場アクセスは地図ではなく、下記をご参考ください。(東京)

小さな生徒、導入のうちからもっと左手を育てることに工夫するべきだと強く思いました。バーナム導入書は使っていましたが、裏拍への意識、また、本当のレガート奏法もこの段階から気を付けていきたいと思いました。やさしい曲を左手だけで弾いてみるというのは初耳のことで、早速、自分自身の練習のためにやってみたいです!とても勉強になるセミナーでした。左手の大切さには気付いてはいたものの、そのことを生徒に体系的に指導していくことをきちんと考えていなかったので、今日から直ぐに生かしていきたいと思います。

ヒダリテジョウズ「左手上手」になりませんか? 開催:2018-11-08 会場:サン=オートムホール ※会場アクセスは地図ではなく、下記をご参考ください。(東京)

左手の意識を強化したいと常日頃感じていたので、今回のセミナーは大変有意義で取り入れたい練習方法ばかりです!特に左踵の重要性は初めて気づきました。美しい響きを出すために、Ddurからの54321の指の練習を「栗の2曲」を用いることも、子供目線でとても素晴らしいアイデア、取り入れさせていただきます。惜しみなくご伝授ぐださり、本当にありがとうございました。子供の指導と共に自分自身の練習も頑張っていきたいと思います。

ヒダリテジョウズ「左手上手」になりませんか? 開催:2018-07-20 会場:山野楽器 仙台店8階 イベントスペース(宮城)

姿勢、手のひらの形、指の独立が音の良い響きに繋がることが分かりました。普段のレッスンに少しずつ取り入れたいと思いました。ありがとうございました。

ヒダリテジョウズ「左手上手」になりませんか? 開催:2018-07-20 会場:山野楽器 仙台店8階 イベントスペース(宮城)

先生の演奏が素晴らしかったです。メロディーが美しく引き立っているのは、左手の伴奏がさりげなくてもきちんとテクニックを積み重ねられているからだと感じました。私自身も生徒の演奏も、左手で音色が作れるように工夫してレッスンをしたい思います。

ヒダリテジョウズ「左手上手」になりませんか? 開催:2018-07-20 会場:山野楽器 仙台店8階 イベントスペース(宮城)

毎日の練習に左手の時間を取り入れる、片手練習は左手-右手-左手、と練習の仕方がよく分かりました。今日は素敵な話と演奏をありがとうございました!

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー