小倉 貴久子(おぐら きくこ)先生
プロフィール

東京藝術大学を経て同大学大学院ピアノ科修了。アムステルダム音楽院を特別栄誉賞”Cum Laude”を得て首席卒業。第3回日本モーツァルト音楽コンクール、ピアノ部門第1位。1993年ブルージュ国際古楽コンクール、アンサンブル部門第1位。1995年同コンクール、フォルテピアノ部門で第1位と聴衆賞受賞。さまざまなシリーズコンサートを展開する一方、ソロ、室内楽、協奏曲などバロックから近現代まで幅広いレパートリーで活躍。各ホール主催公演や音楽祭、NHK『クラシック倶楽部』『ぴあのピア』『名曲探偵アマデウス』『ららら♪クラシック』などへの出演や、NHK『カルチャーラジオ 芸術の魅力〜モーツァルトが出会った音楽家たち』の講師を務めるなど、TV、ラジオへの出演も多い。浜松市楽器博物館主催のコレクションシリーズの録音やレクチャーコンサートでの演奏も高い評価を得ている。これまでにCDを40点以上リリース。それらの多くが朝日新聞、読売新聞などの各新聞紙上や「レコード芸術」誌等で推薦盤や特選盤に選ばれている。CD《イギリス・ソナタ》は平成24年度文化庁芸術祭レコード部門〈大賞〉受賞 。著書にカラー図解『ピアノの歴史(CD付き)』(河出書房新社)。校訂楽譜『ジュスティーニ:12のソナタ集 第1、2巻』(カワイ出版)。共著や監修に『フォルテピアノから知る古典派ピアノ曲の奏法』(ONTOMO MOOK)、『よくわかるピアニスト呼吸法』『すぐわかる!4コマピアノ音楽史』(ヤマハミュージックメディア)。最新のプレイエルのピアノによるCD《アルルの女〜ビゼー ピアノ作品集》は各界から熱い注目を集めている。シリーズコンサート「小倉貴久子の《モーツァルトのクラヴィーアのある部屋》」好評開催中。第86回日本音楽コンクールピアノ部門の審査員を務める。東京藝術大学古楽科非常勤講師。http://www.h2.dion.ne.jp/~kikukohp/

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
情報はございません
受講者の声(セミナーレポートより)
2018年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2018-03-23 会場:掛川市美感ホール    (静岡)

音楽を作っていく上で1つ1つの音を意識してもっと考えていくべきだと思いました。とても簡潔に分かりやすく説明してくださり、大変勉強になりました。

現代ピアノで四期を弾き分ける 開催:2018-03-05 会場:ヤマハミュージックリテイリング岡山店 サロン(岡山)

今日は素敵な演奏とわかりやすいお話有難うございました。

現代ピアノで四期を弾き分ける 開催:2018-03-05 会場:ヤマハミュージックリテイリング岡山店 サロン(岡山)

1回の講座で4期の話が流れを追って聞けて良かったです。いかに普段楽譜の表面しか見ていないのか改めて感じました。現代のピアノは進化しているから立派な楽器というのではなく、それぞれの作曲家が生きた時代の楽器も、それを最大限活かす作曲をしているので、どちらがでなく違いを理解して今の楽器を弾くことの大切さが、先生のたくさんの言葉から伝わりました。昨日のステップでもモーツァルトとショパンが別の人が弾いているように聴こえたのですが、先生が時代時代の楽器を研究して弾き分けていたからだという事がよくわかりました。最近バッハやモーツァルトを弾いていないので弾こうと思いました。

現代ピアノで四期を弾き分ける 開催:2018-03-05 会場:ヤマハミュージックリテイリング岡山店 サロン(岡山)

いつもFacebookで先生の投稿を興味深く読ませて頂いているので、今日の内容もよくわかりました。今後共よろしくお願いいたします。

古典派の演奏法 -ピアノの発達と形式について- 開催:2018-02-19 会場:福岡ヴァルールミュージックスタジオ(福岡)

私がいかに勉強不足なまま演奏や指導をしていたかが分かり、本当に恥ずかしく感じました。今日は先生に沢山教えていただき、大変勉強になり、作品に対する見方、捉え方が変わりました。これからの勉強、指導に大変参考になりました。

古典派の演奏法 -ピアノの発達と形式について- 開催:2018-02-19 会場:福岡ヴァルールミュージックスタジオ(福岡)

沢山の情報をありがとうございました。目新しいいことが沢山で、驚きました!また、これから少しずつ学ばせて下さい。

2016年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2016-04-24 会場:カネトウ楽器 大分店(大分)

楽しんで演奏することが大切だということを実感しました。心が一番大事なんだと思いました。どうもありがとうございました。

2016年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2016-04-24 会場:カネトウ楽器 大分店(大分)

小倉先生が生きた音楽百科辞典の様で驚きましたし、自分の度を越えた知らなさにもびっくりです。人間の生きる環境で音楽が異なり、楽器も国により異なる時代と共に国の気候や民族の特徴も・・・深いですね。

2016年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2016-04-24 会場:カネトウ楽器 大分店(大分)

いろいろな書物からのお話、歴史的背景、おもわず笑うおもしろいお話、などなど、先生のエッセンスを頂き、感謝いたします。

2016年度 コンペ課題曲企画 課題曲セミナー 開催:2016-04-24 会場:カネトウ楽器 大分店(大分)

本講座終了後の質問にていねいに答えて下さいまして、本当にありがとうございました。特にペダリングに関して迷っているところもあり、目の前に光が見えた感じがして、明日からのレッスンが待ち遠しい感じです。

現代ピアノで 四期を弾き分ける 開催:2016-04-23 会場:リル・ドリーム(大分)

拍節感の説明がとても分かりやすく、音の優劣、小節をまたいだスラーはあり得ない(例外はあるけど)こと、インベンションの1播と3拍子の8番がノートイネガルで弾くとニュアンスが今迄と全く違うという事など、実際弾き比べて聴くことにより目からウロコでした。

現代ピアノで 四期を弾き分ける 開催:2016-04-23 会場:リル・ドリーム(大分)

ある曲を演奏するにあたって当時の時代背景やその作曲家のことについて知るということは当然だと認識していましたが、当時の楽器やその作曲家が愛用していたピアノについて知ることの重要性や必要性を実感しました。

現代ピアノで 四期を弾き分ける 開催:2016-04-23 会場:リル・ドリーム(大分)

バロック時代・・強弱のつかないチェンバロでどうやって歌っていたか?音の優劣関係にあることがわかりました。良い拍と悪い拍のイメージを持って演奏することの大切さを学びました。

現代ピアノで 四期を弾き分ける 開催:2016-04-23 会場:リル・ドリーム(大分)

73才大勢の生徒を教えてきました。ひとつひとつの説明が納得で、もう教えることはほぼ終わりですが、先生のお話が聞けて良かったと思います。

現代ピアノで四期を弾き分ける 開催:2015-11-02 会場:iichiko総合文化センター・オアシス 地下リハーサル室(大分)

自分自身でもチェンバロを勉強したことがあったが、小倉先生のセミナーをお聞きし、アーティキュレーションなど、数々の疑問がすっきりした。また、子供たちに対する指導法まで教えて頂き、バッハを指導する良い方針を頂いた。これから、四期の時代を楽器の面から(構造など)もアプローチして弾いていきたいと思う。

現代ピアノで四期を弾き分ける 開催:2015-11-02 会場:iichiko総合文化センター・オアシス 地下リハーサル室(大分)

古楽器に興味があります。今日のお話を聞きながら、各時代の演奏に対する迷いが大分晴れました。小倉先生のCDや、書籍で、お勉強させて頂きたいと思います。インヴェンションのお話は、目からウロコでした。そして、音の優劣関係のお話もすごく勉強になりました。

現代ピアノで四期を弾き分ける 開催:2015-11-02 会場:iichiko総合文化センター・オアシス 地下リハーサル室(大分)

従来学んできたこととは、全く違う切り口からのアプローチのお話に引きこまれていきました。とても新鮮でした。拍子のことで、「いい拍」とか「いやしい場所の拍」とか、他にも初めて耳にする表現はとても興味深くそしてわかりやすかったです。また、作曲家個人のエピソードや、楽器の歴史など先生の素晴らしい知識に圧倒されました。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー