長谷川 淳(はせがわ じゅん)先生
プロフィール

愛知県立芸術大学ピアノ科卒業、ミュンヘン音楽大学ピアノ科卒業。林秀光、オスカー・ケーベル、クラウス・シルデの諸氏に師事。帰国直後よりリサイタルやピアノコンチェルト、アンサンブルなど数多くの演奏会に出演。ピティナピアノコンペティション全国決勝大会、全日本学生音楽コンクール、ショパンコンクール in ASIA 全国・アジア大会等数多くのピアノコンクールで審査員を務める。門下生は毎年ピティナ全国決勝大会やショパン国際コンクール in ASIA等多くのコンクールで上位入賞を果たしている。2013年度全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)特別指導者賞受賞。またショパンエチュードやベートーベンピアノソナタ等重要な課題を取り上げて各地で講座を行う。受験指導でも実績があり、全国の一流音高や一流音大、芸大への進学実績も多い。近年は各地でマスターコースの講師も勤める。現在、一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)評議員、ショパン国際コンクール in ASIA 常任委員、金城学院大学音楽芸術学科教授、洗足学園音楽大学客員教授、愛知県立明和高等学校音楽科非常勤講師。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
情報はございません
受講者の声(セミナーレポートより)
カワイ名古屋10周年特別企画 ピアノを教える・学ぶってこと 開催:2017-09-16 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

今回参加した理由として、幼児への教え方ということでした。どの教材をやろうかと悩んでいましたが、根本的にそういうことでなく、まずは気持ちを育むということが大切ということを知り、あせらず向き合うことを特に活かしていきたいと思いました。感動のないおんがくは音楽ではないという言葉はとても深く心に残りました。

カワイ名古屋10周年特別企画 ピアノを教える・学ぶってこと 開催:2017-09-16 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

すごく面白く、興味深く聞かせて頂きました。セミナーで、先生同士の対談はあまりないので、それこそ貴重な体験でした!また機会がありましたら、是非第2弾を期待しています。

カワイ名古屋10周年特別企画 ピアノを教える・学ぶってこと 開催:2017-09-16 会場:カワイ名古屋2F コンサートサロン“Bourree”(愛知)

ピアノを教えるということは、音楽と関わる機会に携わることで、音楽の楽しさ、美しさを伝えること、よりよいものを聴かせることが大切であると思いました。「感動のないものは音楽ではない」ハッとさせられました。目の前の様々な課題に追われ、本来の指導・教育・音楽の本質を伝えることを見失いかけていまうことが多いように思います。私自信が感動する心を忘れず、生徒にも伝えられるよう精進していきたいと思います。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー