石井 なをみ(いしい なをみ)先生
プロフィール

神戸女学院中高部を経て神戸女学院大学音楽学部(ピアノ科)卒業。同研究生修了。国際ロータリー財団奨学生としてザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学大学院演奏家コースに入学。同校修了。各種コンクール審査員。2001年全日本ピアノ指導者協会「トヨタ賞」2011年、2014年「特別指導者賞」、2001年より「ピティナ指導者賞」を連続受賞、2005年より日本クラシック音楽コンクール「優秀指導者賞」を連続受賞、2014年よりショパン国際ピアノコンクールin ASIA「指導者賞」を連続受賞、2016年 アメリカショパンコンクール イン ハートフォードにて「優秀指導者賞」を受賞。各種コンクールにおいて全国1位をはじめ毎年多数の入賞者を輩出。著書「バロック白楽譜指導ガイド」(東音企画)、共著「バロック白楽譜」(東音企画)、共著「生徒を伸ばすピアノレッスン大研究」、制作協力「新版みんなのオルガン・ピアノの本」、「新版みんなのオルガン・ピアノの本 ワークブック」(ヤマハミュージックメディア)等がある。一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会評議員。日本バッハコンクール実行委員長。大阪音楽大学、昭和音楽大学、神戸女学院大学音楽学部、兵庫県立西宮高等学校音楽科、神戸山手女子高等学校音楽科、各非常勤講師。

今後開催のセミナー
日程 地区 タイトル 詳細
2018-09-26 岡山 バッハコンクール課題曲セミナー 詳細
2018-10-21 愛知 バッハ・ソナタ・ブルグミュラー・ショパン・ツェルニー マル秘スーパーレッスン -各コンクールの課題曲を中心に- 詳細
受講者の声(セミナーレポートより)
コンペティション 直前スペシャル!マル秘スーパー講座 ~2018年度ピティナ・ピアノコンペティションの課題曲を中心に〜 開催:2018-06-18 会場:ヤマハ デッキィ401センター(新潟)

先生のお話の中に、アイス買ってもらえずすねた→だんだん腹が立ってきた→おこったように とか、ドラえもんやティンカーベルが出てきたり、探しもの探していたら「あった!」とか、様々なキャラクターが出てきてわかりやすかったです。キャラの変化がすごく重要だなと確認しました。拍感をしっかりきっちりゆっくり確認して、きちんと弾く練習を忘れるなと再確認しました。

コンペティション 直前スペシャル!マル秘スーパー講座 ~2018年度ピティナ・ピアノコンペティションの課題曲を中心に〜 開催:2018-06-18 会場:ヤマハ デッキィ401センター(新潟)

たくさん勉強させて頂き、感謝しております。いつも素晴らしい御指導をありがとうございます。先生に教えていただいた事を少しでも生徒に指導できるように頑張ります。

コンペティション 直前スペシャル!マル秘スーパー講座 ~2018年度ピティナ・ピアノコンペティションの課題曲を中心に〜 開催:2018-06-18 会場:ヤマハ デッキィ401センター(新潟)

ロンドミニヨンの曲のとらえ方、レッスンしていて長く感じて面白みが足りないと思っていましたが、先生のお話を聞いて、ワクワクしてくる楽しい曲に感じました。すぐにトライしてみたいです。先生の、その場でわかりやすい説明と演奏とで、とてもわかりやすく、気付きがたくさんありました。ありがとうございました。

2018年度 コンペ課題曲企画 課題曲公開レッスン 開催:2018-05-26 会場:苫小牧市文化会館(北海道)

右手、左手の自分の音の聞き分け、すごく変化がありおもしろかったです。「表情を音で表す」がいかに大切か改めて考えました。

2018年度 コンペ課題曲企画 課題曲公開レッスン 開催:2018-05-26 会場:苫小牧市文化会館(北海道)

音楽の出だしやどんな音で弾きたいかなど、今日レッスンで学んだことを生かしながら練習していきたと思います。また、セミナーがあれば参加したいと思います。

コンペティション課題曲指導マル秘スーパーレッスン ~ピティナ・ピアノコンペティションの課題曲を中心に~ ♪聴講者募集♪ 開催:2018-05-06 会場:伊丹アイフォニックホール 小ホール(兵庫)

鋭く深くそしてユーモアに満ちたレッスンで、しっかりと勉強させていただきました。今年は連弾もあり、充実した時間となりました。課題曲説明会より、このような公開レッスンの方が自分も考えながら聴くことができるので、コンペ指導に向けて沢山の学びをいただけたように思います。

コンペティション課題曲指導マル秘スーパーレッスン ~ピティナ・ピアノコンペティションの課題曲を中心に~ ♪聴講者募集♪ 開催:2018-05-06 会場:伊丹アイフォニックホール 小ホール(兵庫)

本日は、公開レッスンでの講義を受講でき、大変勉強になりました。先生の言葉掛けにより変化し、受講生の音色がどんどん素晴らしくなる様子は、いつもながら大変驚き感激致しました。

自分で考え、弾ける生徒に!インヴェンション解説講座 -バロックは決して怖くない- 開催:2017-12-08 会場:ユニスタイル和歌山(和歌山)

とてもいい勉強になりました。やっぱり和声、ハーモニーは大切ですね。

自分で考え、弾ける生徒に!インヴェンション解説講座 -バロックは決して怖くない- 開催:2017-12-08 会場:ユニスタイル和歌山(和歌山)

音を読んでいくだけのレッスンではなく、テーマを理解し分析していく力を生徒に身に付けさせていきたいと思いました。生徒には「バッハを好きに」を目標に私自身も精進してまいります。

自分で考え、弾ける生徒に!インヴェンション解説講座 -バロックは決して怖くない- 開催:2017-12-08 会場:ユニスタイル和歌山(和歌山)

石井先生が奏でられるピアノの音色が心地良く、素敵な演奏でした。育てる技術の話は大変勉強になりました。

自分で考え、弾ける生徒に!インヴェンション解説講座 -バロックは決して怖くない- 開催:2017-12-08 会場:ユニスタイル和歌山(和歌山)

インヴェンションを指導するにあたり、「音にすること」を優先させてしまっていました。先生の「まず構成を考える」ことを聞いて、目からウロコでした。テーマの推移やダイナミクスなど「これはこう弾くのよ」と押しつけてしまっていました。まず生徒さんと一緒に「ナビゲーター」を作ることから始めてみます。

古典派へのアプローチ ―正しい解釈と奏法を学ぼう!― 開催:2017-11-24 会場:名古屋市熱田文化小劇場(愛知)

練習してから深く考えていくという自分のやり方を、石井先生の講座を聴講して考え方を変えたいと思いました。石井先生のハイドンのニ長調のソナタ(1楽章)を聴けただけで先生の「音が語る」という意味が本当によく分かりましたし、本当に感動しました。

古典派へのアプローチ ―正しい解釈と奏法を学ぼう!― 開催:2017-11-24 会場:名古屋市熱田文化小劇場(愛知)

「何を表現するかを考えないと音にならない」 とても素晴らしい言葉だと思いました。先生が一言おっしゃいながら奏でられるフレーズはまさにそのような感じで、とても素敵に映像が見えるようでした。

古典派へのアプローチ ―正しい解釈と奏法を学ぼう!― 開催:2017-11-24 会場:名古屋市熱田文化小劇場(愛知)

古典派の曲は、生徒に教える時にどうしてもまじめな練習曲になってしまってたのですが、先生の演奏された、ハイドンとても楽しかったです。何を表現するか考えて表現するのを常に意識して弾くことが大事なんだという事が分かりました。

古典派へのアプローチ ―正しい解釈と奏法を学ぼう!― 開催:2017-11-24 会場:名古屋市熱田文化小劇場(愛知)

私自身分析は好きなのですが、学生の頃などまずレッスンに間に合わせるために譜読み(音を追う)を優先し、その後にアナリーゼを細かくしていましたが、今日セミナーを受けて、転調の際に感じて弾いたりと自然と音楽を感じて弾くには、まずアナリーゼをしないと!と強く思いました。

バッハコンクール課題曲セミナー 開催:2017-10-20 会場:ヤマハミュージック岡山店 サロンホール(岡山)

毎年石井先生のお話を聴かせていただくのをとても楽しみにしています。バロックの解釈をわかっているつもりでも、まだまだ奥が深く、生徒と共に勉強し続けなくてはと再認識させていただいております。ゆっくり練習をいやがる生徒も説得できる自信が持てました。ありがとうございました!

バッハコンクール課題曲セミナー 開催:2017-10-20 会場:ヤマハミュージック岡山店 サロンホール(岡山)

右・左をそれぞれ暗譜して弾く事、一時左右のバランスがくずれても右がこのメロディーの時に左は何をしているかを聴いて弾く練習をさせる事の大切さを思いました。バロックを弾く時に生徒さんが左を歌う事が難しいと感じていたので早速しようと思います。運動能力的に身体で覚える練習は必要ですが、耳のためにゆっくり練習できるようになる事が、音楽的に弾けるようになるために必要だと改めて感じました。譜読みの時から音楽的に考えて弾いていけるようにしたいです。実際に弾いて下さりながら、わかりやすかったです。ありがとうございました。

バッハコンクール課題曲セミナー 開催:2017-10-20 会場:ヤマハミュージック岡山店 サロンホール(岡山)

バロックを弾く時の知っておくべき事をきちんと教えて頂き、すごく有難く思いました。ポーランドの時のお話も面白くお話されて良かったです。アプローチの仕方からその曲に入っていくこと、技術的から入っていくのではなく、音楽的に考えて練習していく等、色々沢山教えて頂き勉強になりました。

第8回 日本バッハコンクール課題曲セミナー 開催:2017-10-01 会場:鳥取県立倉吉未来中心リハーサル室(鳥取)

小さな曲で細かく解説して下さるので、毎回参考になります。バロック、ロマン派それぞれ弾いて下さって、特徴をわかりやすく説明してくださいます。とても分かりやすい講座です。

第8回 日本バッハコンクール課題曲セミナー 開催:2017-10-01 会場:鳥取県立倉吉未来中心リハーサル室(鳥取)

調性によって、拍子によってイメージを生徒と色々考えて試してみようと改めて思いました。特に短調に関してのイメージの持ち方やメヌエットの空気感など早速レッスンに取り入れたいです。

バッハ・ソナタ・ブルグミュラー・ショパン -各コンクールの課題曲を中心に- マル秘スーパーレッスン 開催:2017-09-23 会場:伊丹アイフォニックホール 小ホール(兵庫)

子供さんへの説明が具体的で解りやすく楽しいので良いなと思いました。問題点への練習方法も考えて下さるので嬉しいです。ありがとうございました。

バッハ・ソナタ・ブルグミュラー・ショパン -各コンクールの課題曲を中心に- マル秘スーパーレッスン 開催:2017-09-23 会場:伊丹アイフォニックホール 小ホール(兵庫)

貴重なレッスンを拝見し、今回も大変勉強になりました。メロディ以外の音に対するアプローチが多彩で適確で分かりやすくレッスンを受けた生徒さんの音楽が変化していき、素晴らしいご指導を拝見致しました。又、姿勢に対するお話はいかに大事かが理解できました。

バッハ・ソナタ・ブルグミュラー・ショパン -各コンクールの課題曲を中心に- マル秘スーパーレッスン 開催:2017-09-23 会場:伊丹アイフォニックホール 小ホール(兵庫)

石井先生のおもしろい表現で子供達は楽しく前向きにレッスンを受けられていました。わかるという事がどの学年の子供にも大切ですが、ことばの力、ジェスチャーのちからでよく伝わっていたかと思います。構成の部分(1つ1つのかたまりとして)キャラクターを設定して、その意識を持って表現につなげていく事を小さなうちから大切にレッスンすると、自分の力で音楽を作る力になっていく事がわかりました。ハーモニーの色彩感覚を育てる事も大切という事もよく伝わりました。練習のアプローチは目標イメージの実現の為のプロセスである事が大切という事も、もっともと思いました。

自分で書き込む ! バロック白楽譜の活用法 バッハが教えてくれること! 開催:2017-09-22 会場:ユニスタイル和歌山(和歌山)

練習の仕方で、どうひきたいか、弾く前に考えることが大事とおっしゃられて、私も生徒に考えてひかせたいと思いました。自分で考えて作る白楽譜も、指導者が与えるだけではなく、自分で作るので印象に残ると思いました。

自分で書き込む ! バロック白楽譜の活用法 バッハが教えてくれること! 開催:2017-09-22 会場:ユニスタイル和歌山(和歌山)

指先がしっかり鍵盤に入るシャキッとした音が足りないことが分かりました。生徒が自分で考えて弾くこと、よく音を聴いてハーモニーを感じる。小さい時から楽譜を読む力は大切ですね。

自分で書き込む ! バロック白楽譜の活用法 バッハが教えてくれること! 開催:2017-09-22 会場:ユニスタイル和歌山(和歌山)

「自分で考えて、自分で書き込むとちゃんとそのように弾こうとする」という言葉にはっとさせられました。3声や4声の曲でも、まずバッハの曲というのを忘れて、ハーモニーを感じるために最初は両手でひく、後からずらす、というのをレッスンで実践したいと思います。

バッハコンクール課題曲セミナー 開催:2017-09-19 会場:(株)開進堂楽器 楽器センター富山(富山)

ただ楽譜どおりに弾かせるのではなく、どうしたいのかどんな風に弾きたいのか考えさせるアプローチが大切だと思いましや。

バッハコンクール課題曲セミナー 開催:2017-09-19 会場:(株)開進堂楽器 楽器センター富山(富山)

最後にみんなで考えた白楽譜のアナリーゼがとてもおもしろかったです。アーティキュレーションによってカラーが変わる。そして指使いもその子その子に合わせて考える必要性を改めて思いました。たくさんの曲の説明でしたが、その曲のポイントがわかりました。リズム練習や左 だけの暗譜、曲の山になる部分、付点音符の弾き方、そしてピアノを弾く時の姿勢!!小さいときから、どんな曲なのか、どんなキャラクターなのか、どんな風に弾きたいのかをまず考えてから曲に取りかかることが大事!!!今回もありがとうございました。

バッハコンクール課題曲セミナー 開催:2017-09-19 会場:(株)開進堂楽器 楽器センター富山(富山)

一番印象に残った言葉は「目的意識のない練習の無意味さ」です。それは常々思ってがいたことなのですが、レッスン中に何回か弾くとなんとなく上手くなります。しかし「それは弾き慣れただけ」の言葉にとても納得しました。弾き慣れると上達は全く別なものということが理解できました。演奏がとてもステキで有難かったです。説明もジョークも入り楽しくて勉強になりました。白楽譜からの色付けの発想がとても面白いです。遠路より本当に有難うございました。

コンペティション課題曲指導マル秘スーパーレッスン~ピティナ・ピアノコンペティションの課題曲を中心に~ 開催:2017-05-14 会場:伊丹アイフォニックホール 小ホール(兵庫)

一人一人丁寧な指導でよく理解できました。生徒さんが指導を受けてみるみる変化していくのがよく分かりすごい!と思いました。和音で弾いて役目を理解したり、ハーモニー感を知ったりする事はとても大事だなとつくづく思いました。大変収穫の多い講座で本当にありがとうございました。先生の言葉の表現に感心させられました。

コンペティション課題曲指導マル秘スーパーレッスン~ピティナ・ピアノコンペティションの課題曲を中心に~ 開催:2017-05-14 会場:伊丹アイフォニックホール 小ホール(兵庫)

何が問題なのかを瞬時に見抜かれてアドヴァイス下さるので、とても参考になります。生徒さんの音や音楽がみるまに変化していくのが素晴らしいと思います。皆さん、とても集中力が増しているのが分かりました。いつもそういうレッスンを受けていると、進度や理解に大きな差がついていくのだろうと思いました。ありがとうございました。

コンペティション課題曲指導マル秘スーパーレッスン~ピティナ・ピアノコンペティションの課題曲を中心に~ 開催:2017-05-14 会場:伊丹アイフォニックホール 小ホール(兵庫)

生徒さんへの言葉掛けがとてもわかりやすく奥深く、テンポの良いレッスンがとても参考になりました。「どう思う?」「どっちがいい?」「どうしたらいい?」とたくさん問いかけ、生徒さんも自ら考えて弾けるように導いていくのはとても重要ですが、レッスンの中でどんどん変わっていくのが興味深かったです。B級メヌエット、白楽譜と他の楽譜では小節数が違うことは先日の公開レッスンでも話題になりました。(方向が分かって良かったです。)デンマークのコンクール、トロイメライのエピソードのことはたいへん印象に残りました。

コンペティション課題曲指導マル秘スーパーレッスン~ピティナ・ピアノコンペティションの課題曲を中心に~ 開催:2017-05-05 会場:ヤマハミュージック岡山店 サロンホール(岡山)

どのような演奏に対してもワンポイントでレッスンされてどんどん演奏が変わっていくのがすばらしいです。基本はいつも同じだと再確認です。

コンペティション課題曲指導マル秘スーパーレッスン~ピティナ・ピアノコンペティションの課題曲を中心に~ 開催:2017-05-05 会場:ヤマハミュージック岡山店 サロンホール(岡山)

短い時間の中でひとりひとりポイントをわかりやすく楽しい雰囲気で説明してくださり、子供たちの音がどんどん変わっていくのがわかりました。耳を使っての練習がどれだけ大切かよくわかりました。

2017年度ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲セミナー 開催:2017-03-06 会場:ヤマハミュージックリテイリング 神戸店3Fスタジオ(兵庫)

初めて先生の講座を受講させて頂きました。お話と先生のキャラを使い分けた声色がとても楽しくて惹ひきこまれました。

2017年度ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲セミナー 開催:2017-03-06 会場:ヤマハミュージックリテイリング 神戸店3Fスタジオ(兵庫)

憧れの先生の講座に参加させて頂きとてもうれしいです。私の頭の中でもやっと理解できているか、いないかの部分もズバッとわかりやすい言葉でご説明頂き、清々しい気持ちです。。

2017年度ピティナ・ピアノコンペティション 課題曲セミナー 開催:2017-03-06 会場:ヤマハミュージックリテイリング 神戸店3Fスタジオ(兵庫)

とてもわかり易かったです。その曲その曲の特徴を分かりやすく説明して頂いて、曲のイメージがつかみやすかったです。

美しい響きを創るための重力奏法 開催:2016-12-12 会場:ヤマハミュージックリテイリング倉敷店(岡山)

自分の出している音がいいかどうかを聞く耳。身体のどこから音を出すか考えて、曲の構成を考えてキャラクターを分析して音作り。7つの関節の使い方‐曲の中でどういうタッチをするか言えるように!感性が知性で裏付けできること。わかっているつもりでも、再度確認することが多くありました。生徒が自ら考えるようにレッスンができればと思います。

美しい響きを創るための重力奏法 開催:2016-12-12 会場:ヤマハミュージックリテイリング倉敷店(岡山)

初歩の段階で技術ばかり教えてきたので、音楽アプローチを先に、どんな風に演奏したいか、自分で考えて自分らしい表現ができる生徒を育てていきたいと思いました。腕・ひじの脱力は苦手なので勉強していきたいです。

バロック、ショパンスーパーレッスン ―バッハコンクール、ショパンコンクールの課題曲を含む― 開催:2016-10-29 会場:ノワ アコルデ音楽アートサロン(大阪)

「姿勢」の大切さを痛感しました。腹筋安定させて、題3関節から先で打鍵する。小さい子にはピアノのふたで弾いてみるとタッチの弱い指がよく分かる。石井先生の公開レッスンまた受けたいです。

バロック、ショパンスーパーレッスン ―バッハコンクール、ショパンコンクールの課題曲を含む― 開催:2016-10-29 会場:ノワ アコルデ音楽アートサロン(大阪)

バッハコンクールを前に「どのように指導をしていったら良いのだろう?」「曲のアナリーゼをどのようにしたらよいのだろう?」と悩む日々でしたが、この講座を受けさせて頂き、1つ1つヒモが解けた感じです。バッハを指導する時に大切なこと、ショパンを指導する時に大切なことをとても分かりやすく教えて頂き、今後のレッスンで活かしていくことが出来そうです。

バロック、ショパンスーパーレッスン ―バッハコンクール、ショパンコンクールの課題曲を含む― 開催:2016-10-29 会場:ノワ アコルデ音楽アートサロン(大阪)

今日演奏された生徒さんの、現時点での問題点を即座に発見・分析され、それぞれの年齢に合わせたおもしろいコトバ、分かりやすい話でどんどん解決されていくのがスゴかったです。必ず、それを解決する練習法や演奏のお手本を弾いてくださるので、本当に勉強になりました。

新版オルガン・ピアノの本 ステップアップ講座 開催:2016-10-03 会場:ヤマハミュージックリテイリング 大阪なんば店 2Fサロン(大阪)

手首の使い方、肘の使い方、脱力について、先生の実際の演奏を聴きながらの説明は大変わかりやすかったです。

新版オルガン・ピアノの本 ステップアップ講座 開催:2016-10-03 会場:ヤマハミュージックリテイリング 大阪なんば店 2Fサロン(大阪)

先生のセミナーは2回めです。前回もそうでしたが、本当に分かりやすくいろんな引き出しから言葉や、表現でイメージを沸き立たせて下さり、とても素晴らしいと思います。生徒を育てるには指導者側も色々学び、色々体験して引き出しを沢山持つことが大切だと考えました。

新版オルガン・ピアノの本 ステップアップ講座 開催:2016-10-03 会場:ヤマハミュージックリテイリング 大阪なんば店 2Fサロン(大阪)

本の内容だけでなく、奏法、耳で聴くこと、頭で考えること、コントロールする事を教えて頂いて、当たり前に弾いてしまいがちですが、もう1度しっかり考えて音楽と向き合いたいと思いました。

新版オルガン・ピアノの本 ステップアップ講座 開催:2016-10-03 会場:ヤマハミュージックリテイリング 大阪なんば店 2Fサロン(大阪)

わかりやすく、あっと言う間の2時間でした。知性に裏付けされた感性のある演奏が大切で、指の形を作る、読譜力の大切さを改めて感じました。先生の一言一言が大切で、メモを取るのに必死でした。音楽で心が豊かになる音楽の大好きな子になるように責任を持って指導していきたいと思います。

新版オルガン・ピアノの本 ステップアップ講座 開催:2016-10-03 会場:ヤマハミュージックリテイリング 大阪なんば店 2Fサロン(大阪)

ちょうど小さい生徒さんを教える機会が多いので、今の段階で教えることを知ることができて、とても勉強になりました。今の自分のレッスンには足りない様々な教えるべき点があることに気づきました。「歌いなさい」という注意1つにしても、生徒からしたら理解できないことを日頃のレッスンの中で言ってしまっているな、と反省しました。

レッスンのお悩み…解決します! 中級、上級に繋がる導入、初級の指導法 ―オルガン・ピアノの本を使って― 開催:2016-09-26 会場:わたじん楽器 ヤマハユニスタイル新潟センター(新潟)

具体例がとても楽しくわかりやすい内容で「レッスンあるある」が満載でした!!柔らかくツボを押さえたお人柄が伝わるセミナーで、生徒にわかりやすい、親しみやすいレッスンを心がけたい気持ちがさらに増しました!

レッスンのお悩み…解決します! 中級、上級に繋がる導入、初級の指導法 ―オルガン・ピアノの本を使って― 開催:2016-09-26 会場:わたじん楽器 ヤマハユニスタイル新潟センター(新潟)

オルピはステップでよく選曲します。新版になって、ワークと一緒に使っていますが、とても楽しい内容になっています。今日のセミナーはとにかく元気とパワーをもらいました。幼い生徒さんに無理をさせなくてもいいんだな、と気持ちが楽になりましたし、とにかく伝える事の大切さを知りました。

レッスンのお悩み…解決します! 中級、上級に繋がる導入、初級の指導法 ―オルガン・ピアノの本を使って― 開催:2016-09-26 会場:わたじん楽器 ヤマハユニスタイル新潟センター(新潟)

大変説得力のあるお話。元気と勇気とやる気を沢山頂きました。また是非こういう機会がありましたら、出席したいと思います。

バッハづくし -白楽譜をつかって- 開催:2016-09-23 会場:伊藤楽器イトウミュージックサロン船橋内メンバーズルーム(千葉)

バロックの指導は、あまりしっかりした考えがなく、なるべく避けて通りたいとう状態でした。先生の大変貴重な興味深いお話はとても勉強になりました。インベンションの練習方法、両手からか、片手ずつかずっと迷っていましたが、両手→片手、ハモリを聴いて弾くということ、早速やってみます。

バッハづくし -白楽譜をつかって- 開催:2016-09-23 会場:伊藤楽器イトウミュージックサロン船橋内メンバーズルーム(千葉)

バロックの指導はずっと方法を探って来たけど、白楽譜に出会えてこれだ!と思った。選曲も良いと思うし、なじみやすい。まだまだ曖昧な部分もあるので、このような講座はもっと聞きたいと思う。

バッハコンクール課題曲セミナー 開催:2016-09-12 会場:ヤマハミュージック岡山店(岡山)

課題曲のポイントの他にもいろいろなアドバイスをありがとうございました。即レッスンにも使えそうで、楽しい時間でした。忘れかけていることもあって、繰り返し先生のお話を聴かせて頂くことで、はっとすることもありました。バッハ(バロック)がこんなにおもしろいとは知りませんでした。また、それが、生徒たちに伝わっていることも嬉しく思います。

バッハコンクール課題曲セミナー 開催:2016-09-12 会場:ヤマハミュージック岡山店(岡山)

1曲ずつ弾いてくださり、子供がしてしまいがちな演奏の例もあり、わかりやすかったです。時々、音価やフレーズ感、歌わせ方など他の曲やこれから取り組むかもしれない曲への導入として経験させておくと、とても役立つ内容でした。

バッハコンクール課題曲セミナー 開催:2016-09-12 会場:ヤマハミュージック岡山店(岡山)

バロックの曲を指導するのに大切なポイントを詳しく楽しく教えて頂きありがとうございました。生徒に説明するのにイマイチ自身を持って教えられない苦手意識のあったバロックですが、今日の講座を聞いて、もう1度自分も楽しんで楽譜に向き合い、生徒にもきちんと伝えられるように勉強したいと思いました。とても楽しくわかりやすかったです。

バッハコンクール課題曲セミナー 開催:2016-09-12 会場:ヤマハミュージック岡山店(岡山)

頭の中で考えていることが伝わる演奏というのは、つい自分が弾く時にも感覚で弾きがちなので、再確認しました。曲の構成を子供に話してやるというのは少なかったと思うので、小さい時からしっかり話してあげようと思います。お話は、小さい子供のレッスンが目に浮かぶお話ばかりで実際にどうやって指導すればよいかがとてもよくわかりました。

バッハが教えてくれること!―バロック6つの指導ポイント― 開催:2016-06-09 会場:大東楽器(株)ミューズデュオサロン(大阪)

私は、バロック音楽を聴くのは好きですが、読んで弾くことは大嫌いです。指導法もポイントがわからず、なんとなく弾けたら○、という生徒さんに申し訳ないレッスンになっております。でも、今日の先生の楽しいお話でポイントが少し整理出来ました。バロックの弾き方、良い音、悪い音、(解釈?)パリッとしてカッコよく感じました!

バッハが教えてくれること!―バロック6つの指導ポイント― 開催:2016-06-09 会場:大東楽器(株)ミューズデュオサロン(大阪)

専門的な上に温かさを感じられる素敵な講座です。具体的に良い弾き方、悪い弾き方を弾いて下さるのでとてもわかりやすいです。また、子供に伝える言葉、がとてもわかりやすく”言葉”の重要性をひしひしと感じています。

バッハが教えてくれること!―バロック6つの指導ポイント― 開催:2016-06-09 会場:大東楽器(株)ミューズデュオサロン(大阪)

バイタリティあふれる講習をありがとうございました。6つの指導ポイントですが、わかっているようで、全然気づいていなかった事にハッとさせられました。他にも考えさせられる事が多数あり、とても充実した時間でした!

コンペティション課題曲指導マル秘スーパーレッスン  -ピティナ・ピアノコンペティションの課題曲を中心に- 開催:2016-05-15 会場:伊丹アイフォニックホール 小ホール(兵庫)

言葉の選び方や例え話が豊富でイメージが掴みやすく、受講生の方の演奏がどんどん変わり素晴らしいレッスンでした。先生がどの曲も弾いてくださるので、どんな音を出したらよいのか聴ける点もよかったです。生徒はこういう練習はしないだろうと心の中で諦めることもあるのですが、毎日集中してできる方法を提示してあげるのが大切だと改めて思いました。

コンペティション課題曲指導マル秘スーパーレッスン  -ピティナ・ピアノコンペティションの課題曲を中心に- 開催:2016-05-15 会場:伊丹アイフォニックホール 小ホール(兵庫)

3年連続で聴講に来ました。今年はさらに、生徒に対する面白くて印象的な言葉かけや適切な弾き方をたくさん出していただき大変勉強になりました。ピアノ以外の楽器や音楽の知識を分かりやすく生徒に伝えること、考えさせることがちりばめられており、ほんの少しの言葉で演奏がみるみる変化したのがすごいと思いました。

コンペティション課題曲指導マル秘スーパーレッスン  -ピティナ・ピアノコンペティションの課題曲を中心に- 開催:2016-05-15 会場:伊丹アイフォニックホール 小ホール(兵庫)

ついつい「こう弾きなさい」と言ってしまいますが、石井先生が子どもにどう弾きたいのか、どう考えて弾いているのか根気強く尋ねておられる姿勢に感心しました。常に尋ねられることで、次第に自分なりに曲について考えながら演奏できる子どもに育っていくのだろうと思います。私も自分なりの信念を持って弾けるお子さんを育ててゆきたいと思いました。

コンペティション課題曲指導マル秘スーパーレッスン  -ピティナ・ピアノコンペティションの課題曲を中心に- 開催:2016-05-15 会場:伊丹アイフォニックホール 小ホール(兵庫)

石井先生の講座はどうしてこんなに楽しいのかと思います!コンペのレッスン聴講は初めてでしたが、4期それぞれの違いや特色、音の鳴らし方などとても勉強になりました。曲が仕上がってからの勉強の仕方、なぜ完成のみの演奏では納得できる演奏にならないのか、演奏するときの良い姿勢などのお話も聞けて、あっという間に時間が過ぎました。

滋賀発!ピティナ・ピアノコンペティション課題曲 指導のポイント&スーパー公開レッスン 開催:2016-05-05 会場:ピアノ教室ボーチェ(滋賀)

先生のご説明がおもしろい話にたとえられてお話されていて笑いの中で必要な事を十分に伝えていただき、とてもわかりやすかったです。 子供さんたちの演奏が先生の一言で見事に変わり感動しました。

滋賀発!ピティナ・ピアノコンペティション課題曲 指導のポイント&スーパー公開レッスン 開催:2016-05-05 会場:ピアノ教室ボーチェ(滋賀)

どんな場合も基本が大切。「手をつくること」がまず先決問題で、それは年齢をのがすと後々大変なことになるー私も経験したことがあり、今は切実に感じていることです。「シンプルなメロディを歌わせること」今日のレッスンでも何回もやらせておられましたが、ピアノを好きなのに歌うことが苦手な生徒はおり、伝えることの難しさを感じています。ことばの「たとえ」が直感的に伝わると、演奏は変わることが分かりました。長時間レッスンを聞かせて頂きありがとうございました。

滋賀発!ピティナ・ピアノコンペティション課題曲 指導のポイント&スーパー公開レッスン 開催:2016-05-05 会場:ピアノ教室ボーチェ(滋賀)

音楽の大切なポイント、メロディ、リズム、ハーモニー、そして音の響きを受講生の様々な方向からアプローチして教えて頂き、大変勉強になりました。たとえがとてもわかりやすく、受講生の演奏がどんどん変わっていくのに感動しました。指先をしっかり鍛える、姿勢をしっかり保つ、楽譜をしっかりみて考える、などピアノを弾くにあたっての基本的なことの見直しも重要だと確認できました。6時間があっという間でした。本当にありがとうございました。

滋賀発!ピティナ・ピアノコンペティション課題曲 指導のポイント&スーパー公開レッスン 開催:2016-05-05 会場:ピアノ教室ボーチェ(滋賀)

イメージをつかみやすい様に具体的なたとえを出して話してくださったので、小さい子供にもわかりやすかったと思います。石井先生が明るくテンポが良くて勉強になるのに楽しくて良かったです。 聴いて頂くまでこの練習で大丈夫かな、ちゃんとひけているかな…と不安だったのですが、先生にたくさんほめて頂けて安心するとともに自信を持って進めそうです。今日、ご指導頂いた事をしっかり練習していきたいと思います。ありがとうございました。

滋賀発!ピティナ・ピアノコンペティション課題曲 指導のポイント&スーパー公開レッスン 開催:2016-05-05 会場:ピアノ教室ボーチェ(滋賀)

先生のわかりやすい言葉の使い方にとても感動しました。わかりやすすぎて笑ってしまう場面もあり、とても楽しい時間でした。美しい音色や音量のバランスの出し方を子供にわかるまで説明される場面は、楽しく、いかに分かりやすく説明されていて、しかも音楽的で、すごく質の高いレッスンでとても勉強になりました。

バッハが教えてくれること!―バロック6つの指導ポイント― 開催:2016-04-30 会場:JEUGIA 草津 A・SQUARE店(滋賀)

石井先生のステキな演奏とユーモアある講座であっという間の時間で、まだまだいろいろなお話を聞いていたい心境でした。自分の考え、指導法が先生と共感するところがあり、安心した面もありましたが、その反面、私の演奏をコピーさせないことと大譜表に慣れさせることは改めて今後の指導につなげていきたいと思います。

バッハが教えてくれること!―バロック6つの指導ポイント― 開催:2016-04-30 会場:JEUGIA 草津 A・SQUARE店(滋賀)

一度前に先生の講座をお聞きし、その時にいろいろ考えさせられ勉強し始めました。今日の先生のお話をお聞きしてまた改めて指導者としての知識の大切さを感じました。生徒といっしょにいろんなことを考えていけるようにしたいと思います。まず、アナリーゼですね。コンクールも活用して、自分も勉強していきます。

バッハが教えてくれること!―バロック6つの指導ポイント― 開催:2016-04-30 会場:JEUGIA 草津 A・SQUARE店(滋賀)

ヤマハのグレード試験の際に必ずバロックを入れるのですが、長く指導している間にだんだんバロックをどう教えれば良いのかわからなくなっていました。自分が理解できていないものを生徒に教えて良いのか…と最近ますます思っていたところに今回の講座は本当にありがたい講座でした。

バッハが教えてくれること!―バロック6つの指導ポイント― 開催:2016-04-30 会場:JEUGIA 草津 A・SQUARE店(滋賀)

少しとっつきにくいバロックをとても楽しく教えていただきました。とてもステキな音色で演奏して下さって分かりやすかったです。次回は基礎力を上げるための指導法を教えていただきたいと思います。特に脱力と指の作り方、音色の変え方が学びたいです。

バッハが教えてくれること!―バロック6つの指導ポイント― 開催:2016-02-09 会場:ヤマハミュージックリテイリング堺店 3Fサロン(大阪)

音楽において大切な要素がバロック指導にはあり、短い曲の中にもポイントとなることが多いので生徒にレッスンする時によく分析しておいて、生徒と一緒に考え、考えさせる自発的なところを育てていきたいと思いました。

バッハが教えてくれること!―バロック6つの指導ポイント― 開催:2016-02-09 会場:ヤマハミュージックリテイリング堺店 3Fサロン(大阪)

バッハの曲は何を教えたらいいのか・・・最初からいつも悩みます。今日は音の出し方からアーティキュレーションの事、指づかいの事、自信を持って教えていなかった事がすごく自信がもてそうな気がしました。

ブルグミュラーで学ぶ 表現のためのテクニック  -バロック・古典とは違う、ロマン派の音色とタッチ- 開催:2016-01-25 会場:黒崎楽器4階ホール(徳島)

新曲をみる時にいきなり音取りをしないで楽曲分析から・・という事を自分もできていないなと反省しました。分析はなんとなく弾きながらということがほとんどでした。生徒にも時々物語等話させたり、したりもしていましたが、まず弾く前にそういうことを沢山考えさせることが大切だと思いました。ブルグミュラーの1曲1曲の実演を交えた解説をして頂き、どれもなるほどと思ったりする楽しい解説でした。

ブルグミュラーで学ぶ 表現のためのテクニック  -バロック・古典とは違う、ロマン派の音色とタッチ- 開催:2016-01-25 会場:黒崎楽器4階ホール(徳島)

ブルグミュラーは表現芸術!ブルグミュラーはロマン派の導入本として使っていますが、題名や曲から受けるイメージを調性、拍子、和声進行やメロディーの動きからどう表現につなげていくか深く学べる曲集であるということがよく理解できました。

バッハが教えてくれること 第1回 舞曲  ー第6回バッハコンクール課題曲とフランス組曲を使ってー 開催:2015-12-07 会場:黒崎楽器4階ホール(徳島)

課題曲の指導ポイントが良く理解出来ました。メカニックな練習と音楽的な練習の2本柱の練習が大事ですね。頭で理解していても実際の子供達とのレッスンになるとなかなかうまくいきませんが、コンクールに向けて頑張ってみます。

バッハが教えてくれること 第1回 舞曲  ー第6回バッハコンクール課題曲とフランス組曲を使ってー 開催:2015-12-07 会場:黒崎楽器4階ホール(徳島)

音をどう弾くか、が大切。「音量ではなく音色」が大切。アナリーゼを勉強してからどういう音を作りたいか、自分が音を作っていくことが大切だということが一番心に残りました。

日本バッハコンクール課題曲セミナー「バッハが教えてくれること!」 開催:2015-10-07 会場:琴浦町カウベルホール(鳥取)

1曲1曲面白いお話を交えながら解説してくださり、たくさん勉強になったのですが、その中でも練習方法で短期集中型でやるというものでした。私の生徒もただ長時間練習という子がいるので、できていない箇所を回数で練習するというのをこれからのレッスンに活かそうと思いました。

日本バッハコンクール課題曲セミナー「バッハが教えてくれること!」 開催:2015-10-07 会場:琴浦町カウベルホール(鳥取)

先生の演奏を聴くとどの様に曲をもっていっていいのかよくわかります。先生の講座は何度受けさせてもらいましたが、毎回わかりやすくレッスンでどの様にアプローチしていったらいいのかわかりました。早速レッスンで活用したいと思います。

バッハが教えてくれること! 開催:2015-10-05 会場:ヤマハミュージックリテイリング倉敷店 2Fウィスタリアホール(岡山)

アーティキュレーションや強弱、色々なやり方がある事に気付かされました。私達はアナリーゼよりも早く弾けるようになる事ばかり優先するとの最後のお話、本当に苑通りだと思います。楽譜を深く読み解く習慣を生徒にも自分自身にも付けたいと思います。

バッハが教えてくれること! 開催:2015-10-05 会場:ヤマハミュージックリテイリング倉敷店 2Fウィスタリアホール(岡山)

生徒によく「歌って!」などと言ってしまいますが、どうしても伝わりにくい子がいます。そんな時、音程を感じさせるということは今まであまり考えていなかったように思います。もっと音程を感じながら弾くことが出来るよう伝え方にも工夫が必要なことを気付かせていただきました。

バッハが教えてくれること! 開催:2015-10-05 会場:ヤマハミュージックリテイリング倉敷店 2Fウィスタリアホール(岡山)

生徒に曲を渡すときに、その曲の和声・構成などの理論を教え、弾く段階で知識をいれてやり、それを活かして弾く練習をさせるようにしたいです。そのうち自分で出来るように導きたいです。

バッハが教えてくれること!―バロック6つの指導ポイント― 開催:2015-09-24 会場:(株)ミリオン楽器南浦和店(埼玉)

左右違うフレージングなど、たくさん細かいことを教えていただきました。先生の温かくきれいな澄んだ音にひかれました。いろんなことに裏付けされたことの結晶だと思います。私も少しずつ考えて曲を仕上げるようにしていきたいと思います。

バッハが教えてくれること!―バロック6つの指導ポイント― 開催:2015-09-24 会場:(株)ミリオン楽器南浦和店(埼玉)

概論に沿ってお話いただくことと実際に様々な曲を演奏していただく事でとてもわかり易く、大変勉強になりました。石井先生の演奏も様々な音色や奏法を弾き分けてくださり、改めて「目で音を聴く」事の大切さを実感しましたので、生徒に教える際に反映できればと思います。

「新版」みんなのオルガン・ピアノの本 活用講座 開催:2015-09-14 会場:スガナミ楽器町田店2Fハーモニーホール(東京)

私が習っていた時の教材と中身が違っていて驚きました。絵も音楽につながる大事なポイントだということがよくわかりました。今日教えていただいたすべてのことが後につながる重要なポイントだということがわかりました。

「新版」みんなのオルガン・ピアノの本 活用講座 開催:2015-09-14 会場:スガナミ楽器町田店2Fハーモニーホール(東京)

オルガン・ピアノのほんの新版での変更点をご説明頂いたこと意外にもレッスンで取り入れられる指導方法をいくつもご紹介頂き、とても参考になりました。集中してできる練習方法や聴ける耳を作ることなど印象に残りました。子育てにも役立ちそうなヒントも頂き、自分もピアノに対して更に勉強を続けたいと思う講座でした。

「新版」みんなのオルガン・ピアノの本 活用講座 開催:2015-09-14 会場:スガナミ楽器町田店2Fハーモニーホール(東京)

導入の段階から拍子やキャラクターを考えて弾くのにいろんな工夫をされている教材だと思いました。所々に名曲や有名な作曲家の曲があったり、3・4巻の一風変わったおもしろい曲が入っていたのも子どもの成長を考えられていると思います。

バロック・ショパン指導マル秘スーパーレッスン~バッハコンクール/ショパンコンクールの課題曲を中心に~ 開催:2015-09-06 会場:伊丹アイフォニックホール 小ホール(兵庫)

1.耳を使うこと(よくきくこと) 2.キャラクターをよくつかんで表現(音の色) 3.ゆっくり弾いて練習することの重要性 上記3点を、様々なアプローチで説明されたことがとても勉強になりました。生徒に分かりやすい例え話や言葉かけが、曲や作曲者の意図とともに演奏の変化に現れてくる、すばらしい公開レッスンでした。

バロック・ショパン指導マル秘スーパーレッスン~バッハコンクール/ショパンコンクールの課題曲を中心に~ 開催:2015-09-06 会場:伊丹アイフォニックホール 小ホール(兵庫)

スタッカートや付点を使った練習はよく生徒にさせますが、片手で部分的に使うことが多いので、両手での付点、スタッカート練習の効果に驚きました。また、すべての音をゆっくり、よく聞くことの重要性を再認識させられました。根気のいる作業ですが、指導者があきらめないで丁寧に生徒と音楽を作っていこうと思います。ピアノの可能性の限りなさに嬉しくなりました。

参加者レビューがご覧いただけます
この講師の過去3年に開催されたセミナー