※開催は終了しています
指 導 教 材
バルトークのピアノ教育作品の指導法・演奏法

2019/10/13(日)11:00-13:00

【 講師 】パップ 晶子
【 会場 】LaLa.シンフォニーサロン

内容 バルトークはピアノ学習者のための作品を320曲も作りました。なかでも、50代の7年間を費やして書かれた≪ミクロコスモス≫は、彼が生涯に獲得した作曲技法の総合体で、現代のピアノ教育に欠かせない大作です。でも、とっつきにくくて教え方がわからない、楽譜は持っているけど使っていない、ということはありませんか?
本講座では≪ミクロコスモス≫第1-3巻の各曲の音組織やリズムの特徴などを、スライドを交えてわかりやすく解説し、実演します。響きの面白さやリズムの喜び、バルトークの子どもたちへの愛情を感じ取ってください。
・旋法、5音音階などさまざまな音組織の魅力
・民族ダンスから取り入れた生き生きとしたリズムと拍子
・ポリフォニーの徹底的な活用


<取り上げる曲目>
「トランシルヴァニアの夕べ」(『バルトーク ピアノ作品集2』(音楽之友社))
《子供のために1》 10番「子供の踊り」
《ルーマニアのクリスマスの歌》第1集 第2,3曲(『バルトーク ピアノ作品集2』(音楽之友社))
《ルーマニア民俗舞曲》
《ミクロコスモス》
<第1巻>より5曲
<第2巻>より3曲
<第3巻>より3曲
<第6巻>より2曲(142番「ハエの日記から」、153番「6つのブルガリア・リズムのダンス」)
使用教材 ・『バルトーク ピアノ作品集2』(音楽之友社)
・『子供のために1』
・『ルーマニア民俗舞曲』(『バルトーク ピアノ作品集1』(音楽之友社))
・『ミクロコスモス1,2,3,6』
受講料 一般 4,000円
会員 3,500円
学生(小中高大)、付添のご家族 2,000円
※未就学児ご相談ください
主催 ピティナ福岡セルクルステーション
問合せ先 ピティナ福岡セルクルステーション
TEL:090-7384-0405
FAX:092-552-8138
〒815-0033 福岡県福岡市南区大橋3-24-1-101 久保山 千可子