※開催は終了しています
演 奏 アンサンブル
ショパンの今と昔の響き

2019/7/21(日)14:00-19:00

【 講師 】宮谷 理香、飯野 明日香
【 会場 】汐留ベヒシュタイン・サロン

内容 -古い楽器と今の楽器の違いから生まれる表現の幅-

ピアノ音楽にとって、切っても切り離せないショパン。その表現のイマジネーションを当時の楽器と今の楽器から広げませんか。ショパン演奏の第一人者宮谷理香先生が、飯野明日香先生によるフォルテピアノを交えて、その演奏法など、ショパン演奏の秘訣とコツを伝授してくださいます。
◆第1部◆
「ワルツとノクターンを中心に」
・ショパンを知る(人物像や時代背景など)
・ショパン演奏のポイント〜当時の楽器と今の楽器を使って〜
 −ショパン独特のフィギレ―ションやバランスのことなど
 −それぞれの楽器の特徴を知り、表現の幅を広げる

◆第2部◆
トーク・コーナー
 −ピアノを弾くということ、演奏に必要なものとは
ミニ・コンサート
<取り上げる予定曲>
ショパン:ワルツop.69-2
ショパン:ノクターンop.27-1,2
モーツァルト:ソナタkv381 終楽章(連弾)  他

<使用ピアノ>
モダンピアノ:ベヒシュタイン 
フォルテピアノ:トレンドリン(1835年製 音域:F1~g4の6オクターヴ+1全音)


※当日16:30より飯野明日香先生による、フォルテピアノ ワン・ポイントレッスンを行います。
(1人20分 ご予約、詳細は、ピティナ汐留イタリア街ステーションまで)
受講料 ピティナ・ベヒシュタインサロン会員 3,500円
一般 4,000円
学生 2,500円
主催 ピティナ汐留イタリア街ステーション
問合せ先 ピティナ汐留イタリア街ステーション
MAIL:ptna.shiodome@gmail.com
FAX:03-3305-9931
ベヒシュタインジャパン本社ショールーム(白川)