※開催は終了しています
演 奏 テクニック
ピティナ・ピアノ指導セミナーVol.52 第3講座 ピアニストと国際コンクール -浜松国際コンクールの挑戦-

2019/4/21(日)16:10-17:40

【 講師 】小川 典子、飯田 有抄
【 会場 】浜離宮朝日ホール 小ホール

内容 2018年11月、浜松国際コンクールが開催されました。その審査員長を務められた小川典子先生は米国のジュリアード音楽院の卒業後、リーズ国際コンクールで3位入賞し、英国を拠点に欧州で活躍されています。ピアニストにとって大きな意味を持つ「国際コンクール入賞」というタイトルは、果たして世界のひのき舞台への切符なのか。小川先生のピアニスト人生を振り返りながら、切っても切れない、コンクールとピアニストの関係についておなじみの音楽ファシリテーター・飯田有抄氏がインタビュー形式で伺います。
◇ 聞き手 :飯田有抄氏(音楽ファシリテーター)

北海道生まれ。東京藝術大学音楽学部楽理科卒業、同大学院修士課程修了。Macquarie University 通訳翻訳修士課程修了。音楽ライターとして様々なメディアに曲目解説を執筆。雑誌『ムジカノーヴァ』『ぶらあぼ』等の音楽情報誌、ウェブマガジン「ONTOMO」に定期的に執筆。ネットラジオOTTAVAレギュラー出演。書籍に『ブルクミュラー25の不思議〜なぜこんなにも愛されるのか』(音楽之友社、前島美保氏との共著)、インタビュー集『あなたがピアノを続けるべき11の理由』、『あなたがピアノを教えるべき11の理由』(ヤマハミュージックメディア)がある。
受講料
主催 ピティナ本部事務局
問合せ先 ピティナ本部事務局 TEL:03-3944-1583