※開催は終了しています
指 導
美しい音と自然な音楽表現のために PART.71

2019/2/14(木)10:30-12:30

【 講師 】岡原 慎也
【 会場 】ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン

内容 導入期から美しい音を出すために、レッスンに必要なことは何でしょう?
実際の指導の様子を通しながら、今日のレッスンから活かせる指導法を身につけましょう。
1.小2
イベール◎水売り女
2.小4
ハチャトリアン◎少年時代の画集より スケルツオ、エチュード
3.小3
クレメンティ◎ソナチネ Op.36-3 3楽章
4.小3
ショパン◎マズルカ Op.7-1
5.小4
モーツァルト◎ソナタ K.545 第1楽章
6.小3
モーツァルト◎ソナタ K.545 第1楽章
7.中1
ショパン◎即興曲 第2番 Op.36
受講料 PTC会員・ピアニッシモ会員・ピティナ会員 3,000円
一般 3,500円
主催 ピティナピアニッシモステーション in 心斎橋
問合せ先 ピティナピアニッシモステーション in 心斎橋
TEL&FAX:072-234-2651(下田美幸)

ヤマハミュージック 大阪なんば店
担当:池田 TEL:06-6531-8155

参加者レビュー・開催レポート

子供に分かりやすくイメージを与えて曲のポイントをおさえる岡原先生の手腕に、いつも感じ入っています。
当たり前のことなのですが、今日受講生の方の弾いた曲と、岡原先生が聴講の先生の強いご希望で弾いて下さったモーツァルトのソナタの違い。子供でも弾ける曲を先生が弾いたら、音色や間のとり方の違いはもちろんですが、音に艶がでてきたみたいに聴こえました。岡原先生の講座を長く聴講していますが、先生の音色を聴かせていただくたびに思うことは一緒でした。
今日も、レッスンをしていく上で参考にしたい言葉がけをたくさん学びました。関西人の独特の最後の音が強くなってしまう弾き方に「終わりやでー!」はダメ…という言葉がけは、たくさん使わせて頂きます。先生が演奏されたモーツァルトのソナタの美しさに、胸が震えました。今日来て良かったと思いました。