※開催は終了しています
理 論 教 材
赤松林太郎徹底講座シリーズ ソナチネアルバムで学ぶ古典派 -正しい様式感とアーティキュレーションのセンスのために- 第2回(全3回)

2019/7/8(月)10:30-12:30

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】ヤマハミュージック 大阪なんば店 2Fサロン

内容 ※定員に達したため、締め切りました。多数のお申込み、誠にありがとうございました。
「四期」と一言でいっても、大きな時代区分の中では、背景となる地域や年代が異なれば、作曲家の精神風土もそれぞれです。例えばバッハでもべ―トーヴェンでもショパンでもドビュッシーでも、楽譜で示される記号自体は同じものですが、その表現(解釈)の仕方はまるで異なります。ですから、<知っておくべきこと>が楽譜の外側にたくさんあるのです。このシリーズでは《初版および初期楽譜に基づく ソナチネアルバム》を使用して、3回にわたりアプローチを紹介していきます。
◆第1回◆ 2019年5月10日(金) 10:30-12:30
◆第2回◆ 2019年7月 8日(月) 10:30-12:30
◆第3回◆ 2019年9月25日(水) 10:30-12:30
使用教材 ソナチネアルバム 第1巻 (今井顕 校訂版、全音楽譜出版社)
受講料 ピアノ指導者の会(大阪なんば・千里・堺)、ヤマハミュージック所属会員、PTC・jet・ピティナ(奈良・千里・堺・神戸中央支部):
【1回券】2,500円 【通し券】7,500円 (各税込)

上記以外のピティナ会員・ヤマハシステム講師・ヤマハミュージック管轄稼働講師・JPTA関西支部:
【1回券】3,000円 【通し券】8,500円 (各税込)

一般:
【1回券】3,500円 【通し券】10,000円 (各税込)
主催 株式会社ヤマハミュージックリテイリング大阪なんば店 楽譜売場 
問合せ先 株式会社ヤマハミュージックリテイリング大阪なんば店 楽譜売場 
TEL: 06-6531-8202 FAX: 06-6531-8290
営業時間:11時~19時/定休日:第2・第3水曜日
〒550-0015大阪府大阪市西区南堀江1-2-13

参加者レビュー・開催レポート

前回のクレメンティとの違いが分かりとても興味深い内容でした。クレメンティー、クーラウ、ドゥセックらは「ソナチネの作曲家」とひとくくりに考えてしまい、生徒にも詳しく説明することはなかったですが、それは残念なことだと反省しました。ソナチネは古いままの版でソナタになると原典版というのはおかしいというお話はもっともだと思いました。早くソナチネも原典版が主流になると、そして原典版が購入して貰いやすい価格になることを希望します!アーティキュレーションの違いだけでなく、fかpかクレッシェンドかデミヌエンドか、符点がつくかどうかまで違うというのは驚きでした。
時代の流れが私はわかっていない。古典派の曲の弾き方も何も考えていませんでした。勉強します。
フィンガーペダルの重要性がわかりました。特に楽譜に記載されていない為、常に検証する必要がある。メロディが活きれば正解で、メロディが死んでしまうのは使用しないと試して考えなければならない。またメヌエットのステップは6拍子で1区切りのため、2小節ごとのアーティキュレーションが必要になる。他にハイドンのソナタHob.XVI/35ではオーケストレーションが必要になる。左右の音量のバランスはもちろん、音の長さまでもオケの楽器をイメージして演奏することが表現豊かなものにつながる。