※開催は終了しています
コンクール
2019年度 コンペ課題曲企画 課題曲公開レッスン

2019/5/19(日)13:00-15:00

【 講師 】庄司 美知子
【 会場 】仙台中央音楽センター 地下Aスタジオ

内容 毎年の課題曲セミナーが大好評の庄司美知子先生をお迎えして、コンペ課題曲公開レッスンを開催いたします。先生のレッスンにより生徒の音色や表現がどのように変化するのか、必見です!
定員に達しましたため、レッスンの受講は締切とさせていただきます。多くのご応募をいただき、ありがとうございました。
なお、レッスンの聴講は引き続き受け付けております。



全ての級のレッスン受講生を募集いたします。

♪受講生6名を募集します。
ご希望の方は、4月20日までに 氏名、お電話番号、ご住所、級、受講曲をご連絡ください。
(先着順に受け付けますので、ご了承ください)
<お問い合わせ>
090(9632)1726 (鈴木)
メールアドレス:miyagisibu@gmail.com

◆レッスン受講料(税込):
レッスン料 4,000円(20分)
つきそい1名まで(父兄など) 聴講料 1,000円
受講料 【聴講料】
ピティナ会員:3,000円/一般:3,500円/学生:2,000円
※各税込
主催 ピティナ仙台青葉ステーション、ピティナ仙南リズムステーション、プラチナシンフォニー杜の都ステーション、仙塩さざんかステーション、サンファン石巻ステーション
問合せ先 仙台中央音楽センター
TEL:022-264-1846(土、日休み) FAX:022-398-6623

参加者レビュー・開催レポート

本日はレッスン、本当にありがとうございました。日頃、ピアノに向かっている練習だけでは知ることができなかった事がたくさんあって、とても勉強になりました。
受講生1人1人に対してきめ細やかなアドヴァイス。時代の様式をふまえたご指導で先生のお声がけ1つでどんどん演奏が変わっていって素晴らしいと思いました。それぞれの課題や問題点にもクローズアップされて改善される毎に演奏がまとまっていって伝えられるような音楽に変化していってすごいと思いました。生徒さんも有意義な時間になられたと思います。コンクールで何曲か弾く時にきりかえかた、拍感、呼吸の仕方、転調時のニュアンス、バロックの奏法など、日頃のレッスンに生かせる内容で充実していました。
バッハの弾き方は、今日言われたように歌ってひくか、左はノンレガートでかっこよく弾くか先生と考えてきました。今日言われた通り、かっこよくノンレガートでひいていきたいと思います。バロックの時代は(バッハは)あまり歌いすぎない方が良いのかなと考えました。近現代の曲は様々なイメージを場面ごとに考えてがんばってきたので、そのことをほめられて嬉しかったです。ゆったりとした曲なので、指のタッチがきつくならないように気を付けたいです。お話や絵本のように場面をイメージしながら弾くのが大切なのだと改めて感じました。バッハの弾き方、特徴を勉強し、現代の曲はもっとよくなる様(工夫して)どちらの曲もがんばっていきます。ご指導ありがとうございました。
開催記録はこちらから