演 奏 指 導
第6回アンサンブルパーク 電子ピアノとレッスンの新しい関係へ

2019/3/9(土)・2019/3/10(日)13:00-17:30/13:30-16:30

【 講師 】菊地 裕介小倉 貴久子、三木純一、笹田優美
【 会場 】昭和音楽大学南校舎1F スタジオ・ブリオ

内容 ※イベント詳細についてはこちらもご確認ください。

◇◆2019年3月9日(土)◆◇
♪12:30 開場・受付
♪13:00~14:10 セミナー➀
講師:菊地 裕介
「リアル」と「バーチャル」の融合アプローチ?!
~アコースティックピアノと電子ピアノ~
会場にあるアコースティックピアノと電子ピアノを用いて、「操る」楽器が変わるときの演奏家の感覚や思考について、菊地裕介先生に語っていただきます。
ピアニストにとっても練習、本番、様々なケースで電子ピアノを使う局面があり、いわばリアルとバーチャルを融合するアプローチが要求されます。
受講する皆様との質疑応答の時間を通して、演奏技術の観点のみならず、ピアノレッスンに応用できる知見を共有することを目指したセッション形式です。

♪14:25~15:35 セミナー②
講師:小倉貴久子
楽器が変わると、弾き方はどう変わるのか
~プレイエルを用いて~
ピアノの演奏者は、自分の楽器を持ち運ぶことができないため、演奏する場所を変えるたび、違う楽器や違う空間と向かい合います。これを鍵盤楽器の歴史の中で振り返るとき、演奏はどう変容し
てきたのでしょうか。
我々が過去に置き忘れてしまったかもしれない、演奏の古くて新しい可能性をめぐって、ショパンが愛用したプレイエル社製のピアノ演奏も交えながら、小倉貴久子先生にご講演いただきます。

♪15:50~17:10 セミナー③
A「電子ピアノの黎明期から現在のデジタルピアノに至るまでの技術の進化と将来の展望」
講師:三木純一(ローランド株式会社 代表取締役社長)

ローランドは1974年に“鍵盤タッチで強弱を検出できる”タッチセンス付きの電子ピアノを世界で初めて発売しました。
それ以来、世界初のデジタル合成方式のデジタルピアノやグランド型のデジタルピアノなど、サウンドはもちろん鍵盤や音場まで、様々な技術の進化とともに新製品を次々と世に送り出してきました。
このセミナーでは、ローランドの技術者であり現在は代表取締役社長を務める三木純一氏をお迎えし、製品作りの際の開発秘話や技術者としてのこだわり、さらには、進化を続けるデジタルピアノの将来への展望などをお話しいただきます。

B「知っておきたい電子ピアノの知識とレッスンのポイント」
講師:笹田優美(音楽教育家)

住宅事情、また、機能の向上などの理由から電子ピアノを購入して練習される生徒さんは大変増加しています。
進化し続ける電子ピアノの性能や機能をきちんと理解していれば、生徒さんの技術もヤル気も、もっと引き出すことができるはずです。
笹田先生には、電子ピアノの正しい知識をもつことの重要性とレッスンでのポイントをお話しいただきます。

♪17:10~17:30 意見交換&質疑応答
ピアノ選びのポイント(グランド、アップライト、電子ピアノ他)
レッスン現場で起こる悩み事、問題を解決した事例についてのレポート

♪18:30~ 懇親会
(自由参加/予約・会費制とさせていただきます。詳しくは受講票送付の際にご案内いたします)
◇◆2019年3月10日(日)◆◇
(10:00~12:30 ピティナ・ピアノステップ「アンサンブルパーク」地区(見学自由)) 詳細はこちら

♪13:30~16:30
ワークショップ「電子ピアノを活かす練習法を作ろう!」
ステップ参加者と、アンサンブルパークを受講するピアノ指導者によるワークショップ形式で進行します。
ステップ参加者は、午前中に演奏した曲のうち1曲をあらかじめ決めておき、電子ピアノで練習する想定で、曲の学びを深めていきます。
一方、受講していただくピアノ指導者は、下記の項目に従って、レ
ッスンでどんな工夫をできるかを聴講し、また自ら参加して考案しま
す。

(1) テクニックを磨くために、オリジナルのエチュード、練習ドリルを作ってみる
特定のテクニックでつまづいたときに、どうしていますか?さまざまな優れたエチュードに頼るのももちろん有効ですが、ちょっとしたドリルを作ってしまうことでこれを乗り越えてみます。
(2) 電子ピアノの他の音色を使う
例えばバロックの曲をチェンバロの音色で演奏して曲を別の角度から眺めたり、オルガンのような音色に切り替えて、「打鍵」「離鍵」のタイミングを確認することができるかもしれません。
(3) 誰かに指揮をしてもらう、身近な楽器(鍵盤ハーモニカ、リコーダー)でのアンサンブルにトライする
人と合わせたり、指揮してもらうことで音楽の流れをはっきりと立体的に「知覚」できるようになるでしょう。
(4) その他、家での電子ピアノの練習から、いざ、レッスン室のアコースティックピアノを演奏する場合に起こりがちな問題点、ピアノ選びのポイント(グランド、アップライト、電子ピアノ他)についてもディスカッションし、共有します。
==========================================================
※ 2日目の終了(解散)予定は16:30頃です。
※ 2日間の企画内容および設定時刻は変更になることがございます。変更が生じた場合は当ページで発表されます。
※会員の皆様には年始に(未入会の皆さまは入会時に)「ピティナ・ピアノステップ参加要項」と同時に本イベントのチラシをお届けいたします。

※イベント詳細についてはこちらもご確認ください。
受講料 【2日間通し券】
一般 9,000円/ピティナ会員 7,000円
【3/9セミナー編】
一般 5,000円/ピティナ会員 4,000円
【3/10ワークショップ編】
一般 5,000円/ピティナ会員 4,000円
小学生~大学生等 1,000円(※ステップ参加者のみ受講可能)

☆3/10の付き添いは1名まで無料(該当しない方は受講料をお支払い下さい)
主催 ピティナ本部事務局
問合せ先 ピティナ本部事務局 TEL:03-3944-1583

この講師の過去のセミナー

今後開催のセミナー

日程 地区 タイトル 詳細
2019-03-09 神奈川 第6回アンサンブルパーク 電子ピアノとレッスンの新しい関係へ 詳細
2019-03-19 東京 eラーニング公開収録セミナー 「近現代」という多様な音楽美を読み解く -ドビュッシー、バルトーク、カバレフスキー... etc それぞれの音楽の美しさ、楽しさとは- 詳細