※開催は終了しています
演 奏 指 導
バッハが教えてくれること!-インヴェンション・シンフォニアを題材に-

2019/2/18(月)10:30-12:30

【 講師 】石井 なをみ
【 会場 】カワイミュージックスクール盛岡

内容 ピアノ学習者に必ず学んでほしい、音楽の基礎であるバロック音楽。

J.S.バッハ作曲の「インヴェンション」「シンフォニア」を取り上げながら、バロック作品の演奏法、指導法について詳しく解説します。音楽の基礎がたくさんつまったバロック作品について、学びを深めてみませんか。 

・バロック時代の特徴
  形式、主題、アーティキュレーション、音質 など 
・バロック音楽の指導の仕方
<取り上げる曲目>
インヴェンションより 第1番、第8番、第13番
シンフォニアより 第6番
使用教材 インヴェンション、シンフォニア(各社版)
受講料 ピティナ会員 2,000円(税込)
一般 2,500円(税込)
主催 ピティナ岩手支部
問合せ先 ピティナ岩手支部
TEL:019-623-0546 FAX:019-623-0546
カワイミュージックスクール盛岡 TEL : 019-622-8018

参加者レビュー・開催レポート

生徒に教えるにあたっての曲の捉え方、練習の仕方など、改めて思い直させられました。ハモリ、リズム、転調、そして調のイメージがバッハで学べると思いました。アナリーゼが大事ということが分かりました。それをどういう風に考えるか(音にするのか)が、私のこれからの課題だと気付かされました。楽譜の見方、アプローチを大切に表現する感性を育てて、感情豊かな子供達を育てられたら嬉しいです。
楽譜を見て弾かせる前に、私達指導者が考えなければいけないこと、勉強しなければいけない課題が沢山見つかりました。
バッハの講座で、こんなに音楽を考えさせられたのは初めてでした。バッハは学問的でつまらないという固定観念をもっていたのですが、自分なりにこうかも?…と考えていたことを、先生のセミナーで広げていただけたという思いで感謝です。
調性をしっかりおさえて、それに合った弾き方をしないと、全く違う曲になると実感しました。自分も帰って直ぐ弾きたい気持になりました。ゆっくり、きっちり、ていねいに、という言葉掛けや、練習番号をうって家で取り組みやすい練習を提示することは、すぐ取り入れられると思いました。バッハはレッスンであまり好まない生徒がいますが、このように分析したり、生徒と考えたりしながら進めれば、もっと楽しくできたかもしれないと反省し、今日の会をぜひ参考にしていきたいです。