※開催は終了しています
演 奏 理 論
知れば聴こえる・聴こえれば弾ける -バッハのポリフォニー-

2019/2/17(日)10:00-12:00

【 講師 】西尾 洋
【 会場 】朝倉ふるさと美術古墳館

内容 音楽は音による「何かのかたち」が作り出す「動きや変化」の物語です。
演奏者はそのかたち、動き、変化を音に昇華させます。
このとき、音楽は楽譜の中ではなく演奏者の中に存在します。
演奏者の中に音楽を呼び起こす何かを備えていなければ、
いくら音を並べても音楽は生まれません。
この講座では、バッハの中に生まれた音楽の理解と
演奏に必要な知識・技術・感覚の一部をていねいに紐解いていきます。
♪講座で取り上げる曲目♫
J.S.バッハ/インヴェンション 第13番 a-moll
J.S.バッハ/シンフォニア 第2番 c-moll
受講料 ピティナ会員 3,000円/一般 4,000円     
※当日申込の方は、 一律500円増しとなります。
※各税込
主催 ピティナ今治支部
問合せ先 ピティナ今治支部
TEL:0898-41-6373 FAX:0898-41-6373
〒799-2113 愛媛県今治市高部甲825-1
岩佐 生恵

参加者レビュー・開催レポート

三段譜は、心の中でもやもやしていた流れがスッキリして、楽しくなりました。指使いによるフレーズの使い方、繊細さがよく分かりました。フレーズとフレーズの空間の大切さ、本を読む時の文章と文章の空間が大切ということを聞いたことがありますが、同じだなーと思いました。
今日のセミナーもとても丁寧で分かりやすかったです。バッハの謎解きとっても難しいけれど面白いです。
たくさんバッハ、インヴェンションの解説本があって持っていますが、今一つ分かりやすくなく、理解出来ていなかったのですが、先生の言葉が理解しいやすく、苦手と思っていたバッハの演奏に興味が湧いてきました。今日は子供2人連れてきましたが、帰って子供達と復習しようと思います。
開催記録はこちらから