※開催は終了しています
理 論
赤松林太郎徹底講座シリーズ 「四期」の知っておくべきこと〜作曲家とその時代の音楽的語法〜 <第3回:クラシック>(全4回)

2019/5/27(月)10:30-12:30

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】黒崎ひびしんホール リハーサル室

内容 「四期」と一言でいっても、大きな時代区分の中では、背景となる地域や年代が異なれば、作曲家の精神風土もそれぞれです。例えばバッハでもベートーヴェンでもショパンでもドビュッシーでも、楽譜で示される記号自体は同じものですが、その表現(解釈)の仕方はまるで異なります。ですから、<知っておくべきこと>が楽譜の外側にたくさんあるのです。今回はバロックから近現代に至る名曲を通して、その時代・その作曲家にあったアプローチを紹介していきます。
◆第1回◆ 2019年3月22日(金) 近現代
◆第2回◆ 2019年4月25日(木) バロック
◆第3回◆ 2019年5月27日(月) クラシック
◆第4回◆ 2019年7月12日(金) ロマン
<曲目>2019年ピティナ・ピアノコンペティション課題曲を中心に取り上げる予定です。
受講料 ピティナ/バスティン研究会会員・・・【1講座】 3,500円
一般・・・・・・・・・・・・・・・【1講座】 4,000円
※欠席時の返金はございません。前日までにお申し込みとお振込みをお願いいたします。
主催 ピティナハピネスKitaQステーション
問合せ先 ピティナハピネスKitaQステーション(北九州バスティン研究会共催)
TEL&FAX:093-981-8520 Mail:hapinesu2014kitaq@yahoo.co.jp