※開催は終了しています
指 導
”絶滅危惧に思いをよせて” 心と記憶に残る音楽体験を伝えよう ~大切な事はピアノから教わった~

2018/11/27(火)10:30-12:30

【 講師 】春畑 セロリ
【 会場 】スガナミミュージックサロン多摩

内容 子どもたち大好きな動物、その中でも自分たちの知らないうちに命の危機にさらされている”絶滅危惧種”をテーマにした曲を通して、ただ曲を弾く(聴く)だけでなく「自分の心がどう動いたか」を体験することを目的としています。演奏を通して感情に触れる機会をつくり、それをきっかけに環境のことや社会のこと、自分たちに何ができるかを継続的に考え、未来にも目を向けてもらえたらと思います。
大人になっても、ピアノを辞めても心に残る、そんなレッスンや発表会、コンサート作りのお手伝いができれば嬉しいです。
◆絶滅危惧種って!?ピアノ教室にできること
◆子どもたちの興味を惹きつける
  イラストやエピソードを効果的に使った、レッスンに消極的な子へのアプローチ
◆発表会やイベントでの活用法 
 ・講師演奏で、簡単にメッセージ性のある企画作り 
 ・生徒に弾いてもらい、グループなどで調べ学習に
ご家族で聴いてもらえる発表会は、うってつけのチャンス。特別な空間を作り、親子で話すきっかけや、いつまでも想い出に残る発表会を作りましょう!地域のこども向けイベントや学校、施設などのプログラムとしても同様に活用できます。
使用教材 『ゼツメツキグシュノオト』 (音楽之友社)
※当日、会場で販売いたします
受講料 スガナミSC・ピティナ町田支部会員 2,500円 / 一般 3,000円
※クレッシェンド会員無料
主催 スガナミミュージックサロン多摩
問合せ先 スガナミミュージックサロン多摩
206-0033 東京都多摩市落合1-46-1 ココリア多摩センター4階
TEL:042-375-5311 FAX:042-375-5322

参加者レビュー・開催レポート

「大自然には音が満ちている」。普段、通り過ぎてしまっている音に対し、繊細な感性をもって無限の世界を感じました。音楽は、自然の中から生まれることを実感した一時でした。セロリ先生の豊かな演奏に、軽妙なトークに、すっかり心奪われました。
ゼツメツキグシュ関連のイベントは、何回も参加させていただいていますが、ゼツメツキグシュノオトが生まれてから出版までの話を聴くたびに、音楽が持つ力の素晴らしさ、楽しさ、無限の可能性を感じます。今日も、そんな想いを強くしました。短い1曲の中に込められたセロリさんのメッセージを形にすべく、家に帰ったらまた弾いてみようと思います。
ステキな不思議な世界、まさに先生の発想ワールドですね。俳句的な音楽作品、納得です。音のモティーフから広がる生き様や生息地の風景も表現されていて、惹き込まれます。豊かな感性、イメージ力の強化、多彩な言葉、知識の勉強など、必要なことがたくさんです。色々な素晴らしいアイデア、楽しいですね。考えながら、楽しみながら曲集を弾いてみたいです。
「科学」と「音楽」がコラボして、人々に訴えるという発想から生まれたところがとても心に残りました。科学は感性、音楽は理屈という言葉が興味深かったです。科学者、イラストレーター、音楽家が一体となって、こんな素晴らしい作品ができたことに感銘を受けました。CD、絵本、朗読を使って、豊かな音楽体験をさせたいという先生の御意志に深く感動しました。これからも御活躍期待しております。