※開催は終了しています
演 奏
ピアニスト松本和将のロシア名曲選 ~レクチャー&コンサート Vol.1(全5回)~ 第2回

2018/11/8(木)10:30-12:30

【 講師 】松本 和将
【 会場 】カワイ表参道コンサートサロンパウゼ

内容 ピアニスト 松本和将氏による、待望のレクチャー&コンサートシリーズ第4弾!ロシアの名高いピアノ作品を取り上げます。コンサートやCD等で聴くことはあっても、実際にはどうやって演奏したら良いか、またどのように解釈をしたら良いか迷う事が多いロシア作品。その演奏法については、まだまだ未知数です。このシリーズでは、松本和将氏とその謎に迫っていきます。また、2回のレクチャーで取り上げた曲目は、コンサートでもお楽しみ頂けます!
第2回 ムソルグスキー 「展覧会の絵」

 ラヴェル編曲のサウンドがあまりにも印象的ですが、あのサウンドはムソルグスキーのキャラクターとは随分違うものだという事はずいぶん前から言われており、また、他の作曲家による編曲もたくさん存在します。それにもかかわらずほとんどのピアニストがラヴェルのイメージから抜けきらないままに演奏しているそうです。レクチャーでは、ほぼ同じ時期に作られた「ボリス・ゴドゥノフ」等のサウンドを参考にしながら、ムソルグスキーが求めたものは何だったのか、そしてそれをピアノで作り出すにはどうしたらよいか、ということを検証したいと思います。    松本和将





  ・第1回 2018年9月21日(金)10:30-12:30


    チャイコフスキー 「四季」「ドゥムカ」「ピアノ協奏曲」
受講料 (各回)一般 3,000円 / カワイ会員 2,500円 / 学生 2,000円
主催 カワイ音楽振興会
問合せ先 カワイ音楽振興会 TEL.03-5485-8511

インターネットからは、 http://kawai-kmf.com/

参加者レビュー・開催レポート

松本先生の素晴らしい豊かな演奏と、分かりやすい解説、ボリスコドゥノフのどの場面がどのように参照となるのか、全てが絡み合い、大変学び多き講座でした。20年ほど前、リサイタルで展覧会の絵を演奏いたしました。その折に、故エレーナ・アシュケナージ先生にご指導を頂き、その時の楽譜を本日持参して拝聴いたしましたが、より具体的に、かつ当時の記憶に折りに重なるようで、もう一度この作品を勉強し直してみたいと感じました。
開催記録はこちらから