※開催は終了しています
指 導 教 材
赤松林太郎徹底講座シリーズ バロック・インヴェンション編〜導入から誤らないための対位法指導〜 第2回

2019/2/5(火)10:15-12:15

【 講師 】赤松 林太郎
【 会場 】サンポートホール高松7F 第2リハーサル室

内容  共通の話題について話しているけれど、話す人によって声が違うのだと、バッハは息子たちに、対位法について説明したそうです。対位法は、2声のインヴェンションも含めて、伝統的に4声で構成されています。インヴェンションを美しく、音楽的に仕上げるための知識と演奏指導法をお伝えします。
◆第1回◆ 2019年1月8日(火)  10:15-12:15 
インヴェンション 第1番~第5番
◆第2回◆ 2019年2月5日(火)  10:15-12:15 
インヴェンション 第6番~第10番
◆第3回◆ 2019年3月14日(木) 10:15-12:15 
インヴェンション 第11番~第15番

<使用教材>バッハ・インヴェンション(各社版) ※ご持参ください※
使用教材 バッハ・インヴェンション(各社版) ※ご持参ください※
受講料 《1講座》
ピティナ会員/高松バス研会員 3,500円
一般 4,000円
主催 高松バスティン研究会
問合せ先 高松バスティン研究会 TEL:090-2786-5126

参加者レビュー・開催レポート

今日は6番から10番でした。mollの時の解説と共に本当に十字架を背負っている気分になります。音の高低、明暗、広狭など裏付けがあり、いつも大変分かりやすいです。
インヴェンションの2回目の今回も、赤松先生の膨大な学術的知識の裏付けと熱さに驚きながら、バッハの旅を楽しむことが出来ました。理論の展開で終わることなく、なぜバッハを学ぶのかと考えをめぐらせ、何より演奏の喜びへと導いてくださる赤松先生、充実した素晴らしい時間をありがとうございました。次回もしっかり学ばせていただいて、さらにバッハの世界を生徒達に伝えていきたいです。
開催記録はこちらから