※開催は終了しています
理 論 教 材
モーツァルト 新原典版の世界「ピアノ・ソナタ KV331」新校訂版各社比較

2018/7/16(月)10:00-12:00

【 講師 】野本 由紀夫
【 会場 】スガナミ楽器(株) 経堂店内ホール

内容 2014年9月、ハンガリー国立セーチェーニ図書館で、世界を驚かす大発見がありました。
これまで自筆譜が見つかっていなかったモーツァルト ピアノ・ソナタ KV331 の第 1、第 2 楽章の自筆譜の一部が見つかったのです。
この発見により、従来長きに渡り出版されてきた楽譜との大きな違いが明らかになりました。
2015年より順次原典版各社より新校訂版が出版されたのを機にモーツァルト『ピアノ・ソナタ KV331』(ピース版)をわかりやすく比較していきましょう。
スガナミ経堂店*輸入譜フェア*同時開催!!
使用教材 ■モーツァルト 新原典版各社比較(2014 年発見の自筆譜に基づく版)
≪ヘンレ≫≪ウィーン原典(輸入譜)≫≪ベーレンライター ≫≪ペータース≫
※受講時は楽譜をご持参いただくとより興味深く聴講できます
受講料 会員(スガナミSC・STC・PTNA) 2,800円
/一般 3,200円
※クレッシェンド会員無料
※PTNAピアノセミナー対応
主催 スガナミ楽器経堂店
問合せ先 スガナミ楽器経堂店
東京都世田谷区宮坂 2-19-5 松原ビル 3 階
TEL:03-3425-9311  http://www.suganami.com

参加者レビュー・開催レポート

色々な視点から見比べた小さな「!」大きな「!」の連続でした。楽譜を見る楽しさからモーツァルトと繋がれるような気がしました。また、奇音について、長年の疑問が解けました。指導者として学び続けることの大切さを学びました。
新たな直筆譜?そんなことがあるの?と思いながら今日の講座を受講しました。話は本当に楽しくて、今日来て良かったです!話の内容はたくさんメモしました。どれも納得することばかりでした。1つの譜を見て全て信じず、でも校訂者の気持ちも踏まえて愛を持って読んでいくということを感じました。
作曲者の最終的な意図を知りたい…そのために原典版の各社の校訂者が資料を元にした解釈があり、違いも生まれてきて、社風のカラーも現れているという興味深い比較でした。楽譜が出版されるまでの道のりが感じられ、改めて楽譜を見る楽しみとなりました。資料もたくさん用意していただき、勉強になりました。
幼い頃は、1冊楽譜を持っていたら良いと思っていましたが、習っていた先生が何冊も持つようおっしゃっていて、本日も野本先生の話を伺い、本当に何冊もそろえて比べてみることの重要さがわかりました!
開催記録はこちらから