※開催は終了しています
指 導 テクニック
豊かなピアノ指導者になるために ~美しい音に導く ロシアン奏法にもとづいて~ 第2回(全3回)

2018/7/13(金)10:30-12:30

【 講師 】松田 紗依
【 会場 】サンホール(旭堂楽器店内)

内容 指導者ライセンスにもつながる!♪

ロシアンメソッドによるテキストの著作者である、松田紗依先生によるセミナー。指導力の研鑽を目的とした「ピティナ・ピアノ指導者ライセンス」にもつながります。音楽を通じて豊かな人間性を育てる。そんなピアノ指導者になるために、松田先生の長年の指導経験からうまれた様々な工夫、体験談をお話しいただきます。指導力のアップを目指される方、指導を始めて間もない方も必見です!
・2音間からはじめる、ニュアンスの違いを出せるレガート奏
・リズム打ちに一工夫 わかりやすい8分音符の指導について
・イメージした音色を引き出すタッチ
 -上げるタッチ、手前へかくタッチ、ゆばタッチetc.
・先生も生徒も満足するレッスンを!
 -スラスラ弾ける、クローズアップ練習法etc..


第1回 6/14(木)10:30-12:30 サンホール
第2回 7/13(金)10:30-12:30 サンホール
第3回 8/26(日)13:30-15:30 アトリヱ・松田
使用教材 ピアノレッスン1-b、2、3、ブルク25のポイント集中練習(松田紗依著 カワイ出版)
ブルクミュラー25の練習曲、プレインベンション(各社版)
受講料 ■各回券■
ピティナ会員・カワイ音研会3,000円
一般3,500円
■通し券■
ピティナ会員・カワイ音研会8,000円
一般10,000円
主催 ピティナ京都アトリヱステーション
協力:旭堂楽器店
後援:ピティナ京都支部、(株)河合楽器製作所京都店
問合せ先 ピティナ京都アトリヱステーション 担当:高田
FAX:075-721-1203
MAIL:ptna.kyoto@gmail.com

参加者レビュー・開催レポート

導入の時期から、「どのような音が欲しいのか、そのためのテクニック」という意識を持たせることが大切だと分かりました。一つ一つの積み重ねを丁寧にすることで、結局はブルグミュラーやチェルニーなどに繋がって弾きやすくなると分かりました。
今回もとても丁寧にノンレガートとレガートの弾き方を教えていただきました。ゆばタッチやくぐりの時の指の置き方など、一つずつ積み重ねて曲に繋がっていることを学びました。2番、3番を弾いている時に4番5番も鍵盤に添えているように弾くのが、とても意識しないと出来ていないということが分かり、綺麗な音を弾くために常に練習していきたいと思います。
先生の弾き方で、響が随分違うことがよく分かりました。弾かない指を常に意識することは目からウロコでした。導入の時期から音にこだわって、丁寧に指導することが大切だと思いました。もっと深く音をよく聴いて、こだわってレッスンしたいと思います。