※開催は終了しています
指 導 テクニック
ピアノを美しく歌わせる秘訣 -美しい響きの音でレガート奏法ができるには-

2018/6/21(木)10:30-12:30

【 講師 】中田 元子
【 会場 】カワイ広島コンサートサロン“パーチェ”

内容 Miyoshiピアノ・メソードVol.1を中心に呼吸法や脱力をして美しい響きの音づくりをしながら、重力の移動をさせることによるレガート奏法につなげていきます。
◆呼吸により身体をリラックスさせることが大切。
 -脱力しやすい状態をつくれる-
◆指先に重心を感じながら色々な響きの違う音をつくる。
 -音色の変化を感じる感性を養いながら、手作り、指作りをする-
◆指先の重心の移動をするコツ
 -レガート奏法を身につけることにより、大きなフレーズを作ることやカンタービレ奏法ができる-
◆様々な音形をしなやかに弾くために指運びと共に手首、腕の動きのエクササイズ。
使用教材 <参考楽譜>Miyoshiピアノ・メソード 第1巻~第3巻(カワイ出版)
ブルグミュラー25の練習曲(東音企画)
(当日会場にて販売もございます)
受講料 会員(講師、音研会、ピティナ) 2,500円
一般 3,000 円
主催 カワイ広島
問合せ先 カワイ広島
Tel.082-243-9291
Fax.082-243-9292
E-mail:ms-hiroshima@kawai.co.jp
広島県広島市中区紙屋町 2-2-6 ( 紙屋町イワミビル )

参加者レビュー・開催レポート

3年前に先生の講座を受けたときから、Miyoshiメソードの使い方をちゃんと知りたいと思っていたので、今回詳しく呼吸法から教えて頂いて本当に勉強になりました!!内心感動で一杯です!!講座を受けて、腕を肩から離すこと、1本ずつ指に意識が乗り関節にはまった感覚を感じて5指を弾く、音階の弾き方など、自分の先生から教えて頂いていた事と同じ事も多く(今考えるとロシア系の先生だったのだと思います)、私自身学生時代にまず1音ずつを出すところ、音階と和音のつかみからやり直したものの、よく分からず、ヨガをやったり色んな体操の講座に出たりしていた事が、今日の講座で答えを教えてもらえたような気がしています。今までコレでいいのかな?と思っていたことが色々とつながりました。呼吸法の大切さ、体の使い方を正しく学ぶことの大切さを忘れないよう、信念を持って勉強を続けていきたいと思います。ありがとうございました。
「力をもう少し抜いてごらん」「もっと優しく弾けるといいね」等々、日々のレッスンで生徒に言っていますが、何か違う、弾けてない。もっとよい伝え方があるのでは?と疑問だらけでした。今日の先生のセミナーでお勉強した、体操や呼吸法を取り入れてみたいと思います。ピアノを弾くための科学的な方法で、より良い演奏に近づけていきたいです。